ゆく靴くる靴(2019年2月)

こんにちは、ばしです。

 

3月になりましたので、今回は少し横道に逸れまして、先月から始めた備忘録的記事「売った靴・買った靴」の第2弾です。

「背取り」を始めたつもりはないのですが、見方によってはそうとも見えなくもない最近の私。横道、と言っていいのか、実はそれがメインストリートなのか、若干不安な最近の状況ではありますが・・・。

まあ、とりあえず2月の総括です。こんな結果でした。

 

◎売り・・・6足
◎買い・・・7足

 

高めの価格帯の靴が売れて、拾ってきた靴が毎度のごとくお安かったので、キャッシュフローは目出度く2万円ほどのプラスです。

こんな感じ、こんなやつら、でした。

 

【旅立った靴①】Hanover L.B.Sheppard signature

自身初のLBシェパード。米国ビンテージ靴の雄、ハノーバー社の高級ラインです。足サイズが大きくなり、タイトになってしまったため、旅立ってもらいました。以前、クラウンウィンザーのロングウィングを購入頂いた方にお買い上げ頂きました。おそらく彼のジャストサイズ。何よりです。カレラさん、ありがとう。

 

 

【旅立った靴②】ウルヴァリン社製 サービスシューズ

人生初のサービスシューズ。最近は弾数も減ってきて人気があるらしい、とのことで、実際売れるのかどうか試してみたところ、半月ほどで売れていきました。アンノウンブランド扱いのビンテージやミリタリーは、儲けはなくとも損はしない。最低限の目利きは必要でしょうが、見つけたら、買い、ですな。

 

 

【旅立った靴③】FOOT JOY(ゴルフシューズ)

友人と物々交換、チペワのモンキーブーツの替わりにやってきたこいつ。2回ほどラウンドしましたが私にはやや大きい。こんなのも、売れるもんですな。

 

 

【旅立った靴④】U.S.ARMYサービスブーツ

1942年のレプリカのこいつ。マイサイズで自分で履くつもりでしたが、他に欲しいブーツを見つけてしまい、結局一度も履かぬまま旅立たせました。出品後数日でお買い上げ。ミリタリー系はやはりニーズがあるんですね。

 

 

【旅立った靴⑤】EXECUTIVE IMPERIAL by MASON

3年ほど前、古靴を漁り始めて間もない頃に拾ってきたこいつ。その後、茶色のロングウィングは沢山増えてもうお腹いっぱい。靴棚の空きスペースを作るためにサヨナラです。結構履きましたし、当然売り値は買い値より安い。収支はマイナスですが、ま、そりゃあそんなもんでしょう。御世話になりました。ありがとう。

 

 

【旅立った靴⑥】WEYENBERG ヴァンプローファー

我が家での滞在期間2週間。出品後わずか5分で売れていきました。馬鹿見たく安く拾って、お安めに出品。WIN×WIN。理想的な取引です。大切にしてもらってな~。

 

 

いやはや、沢山売れました。引き続き、買いの7足。

 

【拾ってきた靴その①】CALLAWAY ゴルフシューズ

この歳でゴルフを始めた友人とのラウンドにあたり、手放す予定だったFOOTJOYの替わりに購入。中古ではなく新品です。なかなかに良い買い物でした。スコアはイマイチでしたが、、、。まあ、それはいつものことです。

 

 

【拾ってきた靴その②】HANOVER IMPERIAL(初期型),CORDOVAN

3連休の遠征で馬鹿みたいにお安く拾ってきたこいつ。私には小さくて履けません。近々、「コードバンの脱皮」にチャレンジ予定、その上で、メルカリへGO!です。それまでしばし、愛でてみます。

 

 

【拾ってきた靴その③】HY-TEST   Uチップ

こちらも3連休の遠征で、ハノーバーと同じ店でゲットしました。最近ワーク系の素敵な靴によく出会います。あ、ごめん、君、転売要員です。

 

 

【拾ってきた靴その④】WEYENBERG ヴァンプローファー

再登場。2月後半の北河内方面への遠征でゲットしました。良い買い物ができた、と喜んで頂きました。良かった。一応、写真再掲。

 

 

【拾ってきた靴その⑤】REGAL チロリアン

最近EAST COAST COLLECTIONづいてる私。マイサイズより若干小さ目。手入れして、メルカリにアップしたら半日ほどで売れていきました。さすがリーガルの今はなき高級ライン。安定の人気ですな。

 

 

【拾ってきた靴その⑥】U.S.NAVYサービスシューズ

北河内遠征の3足目、恐らく1960sの6穴PTB。こいつは売りません。自分と、息子の共用予定。詳細は近日中アップ予定です。

 

 

【拾ってきた靴その⑦】ALLEN EDMONDS , BAYFIELD

北河内遠征の4足目。4穴+3フックのクロムエクセル。U.S.ARMYサービスブーツを売っぱらって入手したこいつ。実際は売れる前に買っちゃいましたが笑。こいつも売りません。自分用。育てる予定。こちらも近日アップ予定です。

 

 

 

雑感

しかしまあ、なんと出入りの激しい。

で、減るどころかまた増えちゃいました。馬鹿ですな、私。

背取りに取り組んでいるつもりはありません。マイサイズでない目利きしたやつ5~6足の差益で、マイサイズをただ(0円)で手に入れるべく奮闘中なだけです。

で、そんな、マイサイズでない目利きした、できた奴ほどなぜか早く売れます。

①週末に購入
②翌・週末に手入れ&撮影&ブログ記事作成(&履けないものは同時にメルカリに出品)
③その後(火曜か金曜に)記事をUP

とのフローなのですが、このところ「③記事をUP」する前に売れてしまうことが続いてます。おお、流石に良い靴はみんな狙ってるな、ということなんでしょう。

ネットオークションやフリマアプリ、リアルなリユースショップの拡大のせいで、ひょっとしたら密かに水面下で、ビン靴ブームが思った以上に進化・一般化しているのではないでしょうか。いや、たぶん、間違いない。ていうか、不可避でしょう。

なぜなら此処日本は、”MOTTAINAI(もったいない)”なんてことばの発祥の地です。言うまでもなくリユース・リサイクル・ビンテージを愛でる素地は十二分です。

そんな日本で、10代からスマホでネットにコネクトした世代がわんさかいるわけで、おっさんの懐古主義の範囲でブームが留まってくれることを願う方が無理筋というものです。

現に、そんな世代の若者に自分のビン靴引き継ごうとしてる親父がここにもおり、そんな私のようなオッサンはそこかしこにわんさかいます。

わおぉ!

やばいです。手持ちの墓場の手前まで持っていきたい古靴はもちろん、狙っている未入手のペアも、思った以上に早めの確保が必要かもしれません。

冗談抜きに、がんばってマイサイズ買わねばなりません(笑)

 

・・・で、あらためて。

先月旅立った6足。売れたのは

【2月3、11、18、21、24、25日】

でした。給料日前後以外にも普通に動きましたね。

1&2月の累計ではこんな感じ。

◎売り・・・・9足
◎買い・・・11足
◎15,000円のプラス

うん、悪くないペースです。

 

靴棚の空きスペースの関係上、買いが越しているのが気になりますが、まあ、よしとしましょう。

増えないと淋しい。増えすぎると困る・・・いや、困る?ほんとか?笑

さてさて、年末にはどんな状態になっているのでしょう。

馬鹿は続くよ何処までも。

 

お楽しみに~。


(関連記事)

ゆく靴くる靴(2019年1月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です