2足目のgo-getter

こんにちは、ばしです。

 

ちょうどひと月ほど前、久しぶりに奈良のセカスト巡りをしてきました。

年に数回、奈良に遠征するのですが、思えばこれまで古靴を買ったことはありません。

古いモノ多い街なのにね。おかしいな笑。

その日も、またもや空振りか、と思っていたら、5軒目でセール品を発見。手ぶらで帰るのも何なんで、拾ってきました。

こいつ。

 

go-getter リメイク・ウイングチップ

1995年に原宿にオープンした古着屋、「go-getter(ゴーゲッター)」。

古着の可能性を追求する「ホンモノの古着屋」「最高の古着屋」、と言われながらも、ちょうど5年前、2015年2月に20年の歴史に幕を閉じたらしい。

今回は、そんなgo-getterの手によるリメイク品。

内側の印字には”MADE IN USA”。その左の丸は”ユニオンスタンプ”。

ソックシートは”go-getter”に貼り替えられてますが、これはMASONの高級ラインであるExecutive Imperialsのペアかと思われます。

で、そんなgo-getterが、MASONの、おそらくレザーソールだったのをビブラムに交換・リメイクしたのが今回のペアです。

アメリカ生まれの日本育ち、ではないな。アメリカ生まれのアメリカ育ちで、日本で新たな生を受けたペアです。
ごたくはこのくらいにして、先に手入れ済ましちゃいましょう。

いつも通り、まずは左から。

 

ステインリムーバーで汚れ落とし

そんな汚れてたわけではありません。が、なんか埃積もってたような感じです。そういえば、この店を随分前に訪れた時にも見かけてたやつです。
相当長いこと売れずにいたみたいです。
かなり値下げされて、さらに50%オフ。不憫なやつです。

 

LEXOLでさらに汚れ落とし

強力リムーバーです。透明のジェル状の液体を歯ブラシにとってごしごしやりました。さほど汚れの酷くないペアに必要かどうかは疑問ですが、コバ周りが綺麗になるので最近のルーティンになってます。

 

デリケートクリームもどき

100円ショップDAISOのヒト用クリームで保湿です。指で直接塗り込みます。たっぷり、とね。内羽根の靴は紐全部はずしちゃうと、再度通しづらかったり、通す際に傷めたりすることもあるらしく、1穴目だけは入れたままで良い、と、どなたかが言ってました。言われたとおりにしてます。

 

TAPIR レダーオイル

保革&油分補給。艶もでて、色味も深い色になります。最近手外せなくなりました。

 

コロニル1909シュプリームクリームデラックス

仕上げ。艶が増しました。これの代替になるようなお安いやつを物色中ですが、なかなか、ありません。

 

ソールに消しゴムがけ

白には消しゴム。最近のマイブームです。手軽で綺麗になります。

右も仕上げて、ビフォーアフター。こんな感じに。

 

【BEFORE】

【AFTER】

良い感じに艶感がアップして、綺麗になりました。まあ、もともとの状態は悪くなかったです。

【BEFORE】

【AFTER】

ザ・米国ビン靴、って感じのアッパーです。ワークシューズがメインのメイカーとは思えない、素敵なドレス顔です。

 

【BEFORE】

【AFTER】

セッチマ(歯磨き粉)でガシガシやるのも効果的ですが、生憎切らしてます。まあ、劇的に、ではありませんが、ましになったかな。よしとしましょう。

あらためて、全景。

???

あれれ?なーんてね。

タイトルにもある通り、今回は2足目のgo-getterです。

1足目(過去記事)と並べてみました。

1足目(右)は、ロングウイングでした。で、ソールはビブラムのウエッジソール。顔はこちらの方がカジュアルですが、ソールが黒いので仕事でも履いてます。

2足目(左)の今回は、仕事は無理ですね笑。なんで、水色のライン?なんでしょうね?真っ白の方が服を選ばないと思うのですが、どんな意図だったんでしょうね。お店がもうありませんので、確認のしようもありません。

 

別角度から。

1足目(上)はシボ革・外羽根の8ハーフCサイズ。

2足目(下)はスムーズレザー・内羽根の9Dサイズです。

どちらもMASONの靴です。上は1970~80年代。下は、丸いユニオンスタンプがありますので、この意匠から90年代のペアであることが分かります。

 

1足目(上)。一目惚れでした。それが値下げされていたので即効でゲットしたのですが、お高かった。1万円オーバー。なんで買ったんだろう?

2足目(下)。一度スルーした。それが値下げされていたので憐れでゲットしたのですが、お安かった。〇千円でおつり。そりゃあ買うでしょう!

 

はは、まじで、笑えちゃいます。

記念撮影。

笑え。

はいチーズ。

 

うん、モノはどちらも素敵です。キスしたいくらい。

したった。

で、今回の新しいでかい方を息子に、と思いましたが、サイズ合わなかったようです。甲がきつくてダメらしい。ありゃま、残念。息子には内羽根Dウイズは厳しい、ということが分かりました。メモっとこう。

なもんで、しょうがない、売っぱらうか。

どっちを?

 

1足目、間違いなく差損がでます。含み損です笑。

2足目、間違いなく売れるとの自信なし。含み笑。

しかしまあMASON2足持ってるのも珍しいかも。

それも2足ともgo-getter、なんて、私くらいかも。

 

そんな、せっかく巡り合った兄弟?父子?です。

再開してすぐの別れは不憫というもの。

君たち、しばし、我が家での逗留を許そう。

 

ああ、また増えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です