Allen Edmonds Cambridge

こんにちは、ばしです。

 

4連休のその前の週末。
久しぶりに少し遠方まで古靴漁りの旅にでました。
車で西へ、住之江エリアで2軒。
その後、海沿いを南へ、国道を関空方面へドライブ。
久々に立ち寄った店で、ゲットしました。

こいつ。

 

Allen Edmonds Cambridge

次のコードバンは黒、と決めていたのですが、前々から欲しいと思っていたケンブリッジに出会ってしまいました。旧ロゴなのでそれほど古いペアではありませんが、その分キレイで、ダメージ等もなし。
あ、いや、、、。

インソックには網目が。おお、ケンブリッジはこんな仕様なんですね。って、そんなわけないですわな笑。追加の中敷きをINして履かれていたんでしょうね。たまに見かけます、こういうの。見た目はイマイチですが、ま、使用には支障ありませんし、コードバンのペアとしてはお買い得な価格でもありましたし。

これを買うと今月は予算オーバーとなるのですが、
「この価格でこのくらい程度の良いケンブリッジを見かけることは未来永劫ないだろう」という根拠なき信念に基づき、確保いたしました。
ていうか、そもそもケンブリッジなんてそんな見かけないし。

内側の印字。

サイズは7.5のEウィズ。
足を入れてみたら緩くもなくきつくもなく、ほぼほぼジャストサイズです。
ケンブリッジのコード番号は「8685」。
年代判定の手掛かりとなる4桁は「4353」。
4桁の数字の下一桁が製造年の下一桁ですので、このペアは「XXX3年製」ということに。
縦文字のロゴは1990年前半~2013年くらい、ということなので、このペアは1993年か2003年か2013年製、ということに。
アレンは昔のカタログがWEBに公開されてます。

https://issuu.com/allenedmonds

最後に、それぞれの年のカタログを確認してみますと、どれにも同じ「8685」のケンブリッジを発見。ああ、私の知識ではここから先の特定はできません。ということで、1993年か、2003年か、2013年製、ということに相成りました。年代の幅、広すぎですな笑。

 

ともあれ、素敵なアレンのペア、この4連休中にメンテしました。
そんな汚れも乾きもないし、今回はサクッと。
まずは左から。

 

TAPIR レダーオイル

普段は油分補給&保革を目的に使用してますが、ステインリムーバーで取り切れない汚れも綺麗にしてくれるやつです。

今回はコードバンクリームを使わない予定なので(ニートフットオイルの匂いがきつすぎるので)、油分補給も兼ねてこいつで。

 

LEXOL(コバ周り)

別にLEXOLでなくてもいいんでしょうが、ルーティンなんで。
アッパーは触りません。コバ周りだけ、汚れをしっかりと掻き出します。

うん、すっきりです。

 

 

コロニル1909シュプリームクリームデラックス

安定のこいつを塗り込んで、ブラッシングして仕上げました。

おお、良い感じです!
流石、シェルコードバンです!

ソールも磨いて、右も仕上げて、メンテ完了です。
どーん。

バックシャン。

ビフォーアフター。

【BEFORE】

【AFETR】

凄い色気です。

 

【BEFORE】

【AFETR】

ソールもへたりなし。楔形のトップリフトの削れも僅かです。

アレンのコードバンはこれで2足目です。
並べてみました。

左はMcNeil。こちらも黒窓旧ロゴで、年代もたぶん近しいペアです(このペアの記事)。
外羽根と内羽根ですが、シェルコードバンの艶めきはどちらも素晴らしいです。

McNeilはサイズ8.0D。Cambridgeは7.5E。
比べてみたら、アウトソール全長はほぼ同じ。アッパーの全長が僅かにMcNeilの方が大きいような。ですが、明確な違いは見受けられません。足を入れてもそんな大きな差異は感じないのは、外羽根をしっかりと締めて履いているからでしょうか。

ま、いずれにせよ、素晴らしいペアです。
これで仕事用のアレンが5足になりました。
なもんで、これでようやくアレンWEEKができます。

後列3足、左から、DicksonChesterBoulvard
5足とも素敵です。

素敵ですが、、、
5足中4足がウイングチップです。
5足中3足が茶色です。
これでいいのでしょうか・・・。

とりあえず、手持のアレン、全部並べてみました。

土日含めて7日間、通しでのアレンWEEKも可能になりました。
・・・って、8足あります。
そう、短靴は左奥のもう1足、青タグの古いLeedsがありました。
ちなみにその隣のブーツはBayfield、その横のチャッカはBoot-Skos

残念ながらこの青タグアレン、7.5Cの割には小さ目で履けません。ダイエットにいそしんでいるのはこの青タグを履くためなのですが、今のところ全く目途が経っていません。

で、思えば、5足目のコードバンです。
これでコードバン・ウイークができます。

後列3足、左から、FOOTJOYKENMOORL.B.SHEPPARD

5足とも素敵です。

素敵ですが、、、
5足中4足が茶色です。
5足中黒は1足だけ。
これでいいのでしょうか・・・。

いや、いかんです。遺憾です。
次こそ黒、次はアレンのPTB・コードバンのLeedsにしよう・・・。

 

密やかに、そんな誓いを立てた4連休のある日、なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です