JARMAN スエードチャッカ

こんにちは、ばしです。

 

お盆明けの週末、リユースショップを巡り、いろんなやつ拾ってきてます。

もうすぐ秋、ということもあり、時節柄スエードのペアには目が行きます。

リユースショップならではのペアを見かけ、義務感を感じ拾ってきました。

こいつ。

 

JARMAN スエードベルティッドチャッカ

 

 

・黒のスエードチャカ
・SIZE:25 EEE
・MADE IN JAPAN

ジャーマンはもともとはアメリカのシューメイカーですが、90年代にリーガルショップで日本製のライセンス品が多数扱われてました。今回もその時代のペアと思われます。

 

このロゴを見て、ピンとくる若い人はほとんどいないのでしょうね。もし、ピンと来たとしても、ありがたがって持ち帰る人もほとんどいなさそう。ということで、雑多なお安い靴コーナーから取り急ぎ救出してきました。

サイズは私には少し小さい。当然息子の足にも小さい。

マイナーなブランドのライセンスものですが、状態は悪くなさそう。

アッパーを除いては・・・。

あ、別に、シミや傷やクラックがあるわけではありません。むしろ、履きこまれてなくて綺麗なもんです。

ただ・・・、色目が、ね。

 

黒のはずが濃いグレー。

ブラックではなく「墨(スミ)」です。

レザーソールにハーフラバー。ヒールトップの削れもないので、右から左でお安く出品すれば損はしないでしょう。

まあ、売れたら御の字。売れなきゃ丸損。

だけど、乾いて色目まで変化してしまったようなこのスエードのアッパーをいじってみたくて拾ってきました。

早速メンテです。

いつも通り、左から。

 

 

アッパーを水浸し

100円ショップで買ったスプレーボトルに水を入れて満遍なく降りかけます。

バケツにドボン、でも良いのでしょうが、そこまで手間をかけるのは今回はなしです。洗濯機で脱水するときに、黒っぽい水があちこちに振り撒かれそうで、なにやらトラブルになりかねない予感。

 

スエードシャンプー

全体的に水が滴る手前まで濡らしたら、スエードシャンプー降りかけてゴシゴシ泡立てます。すみません、泡立った写真、撮れませんでした。

で、全体的にしっかりと湿らせないと色ムラになるらしい。まあ、色目が黒ならそんな心配もないのでしょうが、薄い色目のときは要注意らしいです。

で、ぼろ布で泡ごと拭き取ります。

真っ白だったぼろ布が軽く擦っただけでこんな感じ。やはり、丸洗いからの脱水機、のコースは回避して正解だったのかも。

お次のステップ。

 

 

グリセリン保湿

結構アッパーが乾いてました。折角濡らしても、乾けば元通りでいっしょじゃね? と思い、思いつきでやってみました。

先ほどの水の入ったボトルにグリセリンを加え、再度全体にまんべんなく霧吹きの要領で塗布してみました。で、1時間ほど放置したあとぼろ布で水分ふき取り、さらに1時間程放置です。

手順に特段、根拠はありません。なんとなく、なりゆきで。

 

 

ブラッシング

右も同様にメンテして、しっかりとブラッシング。

で、しばし乾燥です。

 

完全乾燥前ですが、とりあえずメンテ完了です。

ビフォーアフター。

 

 

 

随分黒くなりました。

以前、色がくすんだホワイトバックスには、ベビーパウダー降りかけました(過去記事)が、黒のスエードは湿気を含むことで黒さが戻るようです。

念のため、1週間後。

良い感じです。

やはり黒は黒くないといけません。

 

ジョッパーブーツでもなく、普通のチャッカでもない。

USオリジナルでないライセンス品ですが、特段クオリティに難あるわけでもない。

コンディションも、新品ではないけど、履きこまれてもいない。

 

おお!

まさに、中途半端さ加減が三拍子そろったやつです笑。

 

ですが、レザーソールの360度グッドイヤー。

同じようなやつを欲しいと思って探しても、おんなじようなのはたぶんない。

 

おお!

これぞ正しく、探していたベリーベリーなやつだ!

そんな風に思ってくれる人が、きっと必ずいるはず。

男性だけでなく、背の高い女性の足元でも素敵そうです。

 

そんな人の元へ、旅立てよ。

できれば、9月中のなるはやで、いけよ。

 

やぁーさーしぃーあーのー娘ーにーも、おぅーしーえーたいぃーー ♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です