旅立つ炙りーがる

こんにちは、ばしです。

 

はや、4月ですね。

いや、もう、めちゃくちゃはやくてびっくりです。スピード違反ではないのか。
年明けから丸3ヶ月。今年は、古靴漁りの旅は相変わらず小休止中の私。ですが、いろいろと手入れしたい靴などもあり、週末はそれなりに時間が欲しい。にもかかわらず、このところ土日の一方が雨なことも多く、「屋外で作業派」の私にはなかなかに辛い週末が続いています。

先週の大阪は、土曜日は快晴。で、日曜日は雨。
嗚呼俺の貴重な日曜日をかえせい。いいえ、雨でした。
そんな感じで、土曜日に2足だけメンテしました。

1足は前回記事の旧チャーチ・バルモラル
もう1足。

 

こいつ。

 

REGAL CLASSIC

1年ほど前に拾ってきた中古のリーガル。サイズは私には小さい上に、状態もそれほど良いとはいえない。けれども、拾ってきちゃいました。

理由は、これ。

踵履き口の若干のダメージ。いや、そっちではなく、内側です。
赤い小窓。と、インソックには「REGAL CLASSIC」なる布タグが。どちらも見たことのない仕様です。

レザーソールはレギュラーラーラインのではなく、イーストコーストコレクションのペアについてるのと同じ仕様です。そう、つまり、アッパーラインの仕様。

小窓と布タグの詳細は分からず終いですが、どうやらアニバーサリー的なタイミングでの復刻系のモデルのようです。マイサイズならいうことなしなのですが、小さくて履けないものはどしようもない。ということで、メンテだけして、長らく売り出し中だったのですが、一向に売れる気配がない。

その後、じりじりと値下げして、ついに送料込み2000円まで下げましたが、買い手どころか「いいね」もつかない。2000円で売れたとして、手数料200円と送料800円と梱包材料代を差し引かれたら残りはせいぜい800円ほどです。メルカリで転がす意味がない。ならば、ということで、リサイクルショップさんに引き取ってもらうことにしたのでした。

 

とはいえ、この状態です。

ヨレッとしているのはツリーを入れていなかったから。靴紐は新品の平紐に交換済みです。問題はトゥ。

ぼこぼこです。最近こんなやつをよく見かけます。
そもそも、タンカラーのアッパーは表面がのっぺりしていて見た目に安っぽい。いや、安っぽく見えるだけでなく、革質そのものが今一つです。加えてこのボコボコ。色目が明るいこともあり、余計に目立ってしまいます。

よし、アバタもエクボ、といいます。こいつをエクボに変身させよう。てなことで、全体をアンティーク調に変身させたうえで送り出すこととしました。

昨年すでにメンテ済ですが、あらためて、さくっと。

 

ステインリムーバー

ブートブラックリッチモイスチャー

TAPIRレダーオイル

コロニル1909シュプリームクリームデラックス

まあ、良くも悪くもほとんど変わりません。

 

かっさ棒

最近のマイブームです。潤滑油がわりに再度コロニルを塗り、拭かない状態でがしがしと押しつぶします。ビフォーアフターの写真は、ありません。撮り忘れました笑。

 

さて、ここからが今回のメインイベントです。

オイルライターで炙ります。

茶のパレードグロスを塗って炙る。次いで、
黒のパレードグロスを塗って炙る。茶は1度、黒は2度。

 

茶。

少し日焼けしたような。

まあ、まだあんまりイケてませんね。

ついで、黒です。
まず塗ります。

てとも不安です。
炙り、磨きました。

お、少し全体の色目が黒くなりました。

二度目。前だけでなく、全体的に塗って、炙る。

どうでしょう。悪くはない、かと。

外側。

内側。

ムラの良し悪し、ではなく、ビフォーアフター的に。明るいタンカラーは悪くはないのですが、こいつのはなんとなくのっぺりして安っぽい感じが。古いペアですから、古く年を重ねた風のほうが似合うのでは、との考えだったのですが、うーん、良かったのか悪かったのか。

ですが、もう後戻りはできません。
右も同様の手順で炙り、左右ともにひたすらブラッシングして馴染ませて完成です。

 

【BEFORE】

【AFTER】

まあ、別物ではありますね。

どうでしょう、アバタはどうにもなりませんが、それも味わい、と言えればよいが。
遠目で見たらどうかな。

いや、まあ、変わらんね。

ということで、1日落ち着かせた上で、最後に色ムラをなだらかに馴染ませるためにコロニル塗って、これどもかとブラッシングしました。ビフォーアフター。

 

【BEFORE】

【AFTER】

うーん、どうでしょう。撮影した時間帯も異なるのでなんともかんともですが、まあ、やってもやらなくても、どっちもどっち、かな笑。

で、こいつ。次の持ち主がシューツリーを持っているとは限りません。大昔にリーガルショップでもらったおまけのツリーとともに送り出すことにしました。

やはり、リーガルの靴にはリーガルのツリーがしっくり馴染むような気がします。キャンペーンか何かでのおまけでしたが、品物はとてもちゃんとしたシューツリーです。サイズもばっちグー。

あらためて、革靴にシューツリーはマストですね。もしこの記事を読んでいるフレッシュマンがいたら、この週末に早速に購入しましょうね。amazonで3000円までで買えます。あ、そんな変わったやつはいないか笑。

3月はこの時点で買い2足の売り3足。売れるものは売っとこう、ということで、2足まとめてリユースショップへ。

 

黒いのはダックブーツ。こいつも、メルカリで永らく売りに出してましたが売れない。リーガルとコンバース。どちらもメジャーブランドですから、どちらも安くとも値段はつくでしょう。

ちょうど、買い取り額50%アップのクーポンもあって、最寄の店へ。
お蔭様で、リーガルは800円の50%増し、コンバースは700円の50%増し、2足合わせて2250円で買取りとあいなりました。

 

リーガルの購入額は靴単体で500円でしたので、ツリーと新品の靴紐つけて、まあ、損も得もなし。コンバースは1000円ほどマイナスですが、まあ、4~5回履いたし、こちらも実質的にはプラマイゼロかな。

で、翌日にアメリカから1足届き、そのまた翌日にメルカリで1足旅立ちました。

最終的に、3月は買い3足に売り6足。良い感じです。
今年は、1足買ったら2足売る、というのがマイルールです。
3月もノルマ達成です。
YDOです。
やればできるおっさん。

 

ま、そんなこんなで、

さようなら、ダックブーツ。
さようなら、炙りーがる。

 

達者でな~。

 

(おしまい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です