ビンテージの靴袋(その2)

こんにちは、ばしです。

 

8月以降は収支改善のため、値の張るものは当面買わない。
そう決めた私にとって、ええ、ほんとにそう決めた私にとって、小物漁りは懐にやさしい娯楽だったりします。

あれ? デジャブかな?

そう思った貴方。流石です。冴えてます。素敵です。ですが、デジャブではありません。そうではなく、先週日曜の記事と全く同じ書き出しだったりします。なぜなら、今回は「その2」なのであります。

新たなのをゲットしました。

 

 

ビンテージの靴袋(その2)

これまではそれほど欲しいと思ったことのなかった靴袋。興味がなかったわけではなく単に出会いがなかった。あまり意識もしたことなかった。そして、新品に中古にと、いろんなのが流通していることを知りませんでした。

知ってしまったものはしょうがない。手持ちの靴と同じシューメイカーのものや、同じ時代のロゴのものなんかを見かけると、運命の出会いのように感じてしまうのは私だけではないでしょう。

 

今回の運命の出会いはこいつら。

この1週間で3ペア分ゲットいたしました。小物を買う場合、1000円までに抑えたい私です。今回はこの3ペアで送料込みで3000円。高いのか安いのか分かりませんが、まあ、実用品ですし、持っていて損はないかなと。

 

オールデンの靴袋

未使用品です。綺麗です。手持ちのオールデンは2足です。1足は古いロゴのやつなので、こいつを入れることにしました。

Alden 2020 Cordovan U-Wing Tip

「HB Moller」というドイツはハノーバーのセレクトショップとのダブルネームのペアです。見えづらいですが、同じ「Alden」のロゴのペアです。

サイズ8.5Eと少し大き目ですが、袋のサイズも今回の3つのうちオールデンのが一番でかいです。ま、ちょうど良いでしょう。

お次。

 

チャーチの靴袋

これも新品未使用品。

お、紐も普通の靴紐のようです。確かに、万一切れたりしたらこれを抜いて使えばいいですね。まあ、色のチョイスは要検討ですが、オリーブ色ならアッパーは黒でも茶でも似合いそうではありますね。

袋と同じ緑のネームタグが付属してます。これまた袋と同じゴールドの鉛筆で名前を書いて貼れ、ということのようです。本名を書くべきか、「ばし」と書くべきか、しばし検討いたします。

手持ちのチャーチは4足あります(参考記事こちら)。どれを入れても良かったのですが、なんとなくこいつにしました。

マイファースト・チャーチ。三都市表記の旧チャーチです。緑とタンカラーのコントラストが綺麗かなと。まあ、4足とも茶色だったりするのですが笑。

3つ目。

 

チーニーの靴袋

こいつも未使用品です。で、こいつは旧ロゴです。
おお!ザッツ・ビンテージです!! 他の2つは現行モノかもしれませんが、こいつは紛うことなき「ビンテージな靴袋」です。

今回の最大の獲物はこいつだったのでした。ビンテージだから、旧ロゴだから、というだけではありません。

どんっ!
やはり、ビンテージな靴袋にはビンテージなチーニーが似合います。旧ロゴ・チーニー、1足持ってます。このお気に入りのPTB用にとゲットしたのでした。

靴も真っ黒。袋も真っ黒。
おーっ、カッケーです。渋いです。滅茶苦茶嬉しいですっ。

実は、今回の3つのうち、一番最初に見つけたのがこいつです。これを契機に、どうせならとチャーチ、オールデンへと手を広げた次第です。

 

 

今回も3点ともメルカリさんでゲットしました。

メルカリでモノが売れると「売上金」というのが溜まります。大体いつも、4~5万円溜まったら銀行口座へと振り替えるのですが、それまでの間にその売上金で小物をちょろちょろと買ってしまったりするわけです。

特に、「値の張るものは買わない(※当面)」と決めた今の私にとりましては、送料込みで1000円までの小物漁りはとても楽しいトレジャーハンティングだったりします。で、やや収集癖のある私です。買うときは一つでは飽き足らず、複数個を手にするまで漁ってしまうわけです。

 

靴袋の前はこんなやつら。

5種あります。

正確には5ペア。こいつら、「ボタンカバー」です。

シャツの袖を飾るやつです。女性のシャツの胸元で活躍することもあるようです。昔は仕事でカフスリンクとかつけたりもしましたけど、今はもう皆無。ダブルカフスのシャツすら持ってません。タイピンやタイバーを漁った時期もありましたが、最近はネクタイもほとんどしないし。

で、つい最近知ったのがこの「ボタンカバー」なる存在。普通のシャツの袖のボタンに被せるだけであら不思議、てやつらしい。おお、これはいいな。ノーネクタイでも使えるし、スーツでもジャケパンでも行けます。オンでもオフでも楽しめて、それでいて何より安い。平均で一組あたり送料込み400円ほどでした。

まあね、中古だし、安い奴しか買ってませんのでそうなのですが、中にはハイブランドのやビンテージな値の張るやつもあるらしい。それはまあそのうち。とりあえず5ペア入手しましたので、これで「ボタンカバーWEEK」はできます。追加で買ってもあと2組あればとりあえず十分でしょう。

そう、この手の身に着けるものは、買い漁ったとしても1週間分揃った時点で一旦の区切りをつけやすいです。7つもあれば満足度もそれなりにあって、熱も冷ましやすい。

 

その点、靴袋ですが、

これで6組となりました。おおー、意味なく嬉しい。

靴袋を常備していると、靴を大切にする人みたい。いい顔できそうですね笑。靴も靴袋といっしょだとなんだか「より本格的なやつら」に見えてきます。だとするならば、他の本格靴にも同様に袋が必要かもしれません。

で、靴袋は身に着けるものではありませんので、収集の歯止めはかかりづらいと言えるかもしれません。ちなみに、靴は百足ほどあります。

 

古い靴袋を探す旅。
それは今まさに始まったばかりなのであります。

 

(おしまい)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。