ゆく靴くる靴(2019年12月&2019年の総括)

こんにちは、ばしです。

 

2020年も今日で10日目。

昨日までに中古の靴をお安いのばかり、3足ほど購入しました。今年は、一年を通したテーマを持って靴を漁りたい、と思っているのですが、まだ明確に定まっていないままの状態で、とりあえず、場当たり的に買ってしまいました。

昨年暮れに購入して、手入れもせず、ブログに取り上げていないペアも結構残っているのですが、まずは年始の早い時点で、先月12月と昨年1年間の総括を行っておきたいと思います。

そうすることで、今年1年についての方向性みたいなものがあらためて見えてくるかも。てなことで、まず12月単月の総括から。

こんな感じでした。

 

◎売り・・・・・・4足
◎買い・・・・・・9足
◎収支・・・10,580円のマイナス

 

れれれ。そんなに買い越してましたかね。年末年始の休みを挟んでることもあり、少し実感が湧きません。しかしまあ、最終月まで、よく買い、よく売りました。

個別におさらいしましょう。

こんなやつらでした。

 

【旅立った靴その①】フローシャイム The Dover

切り返し部分のモカ縫いが特徴的で素敵な青窓フローシャイム。1962年7月製のお気に入りのビンテージでしたが、中敷き追加したといはいえ、9ハーフCはさすがに私には大きい。登板機会も減って来たので、思い切って旅立たせました。

 

【旅立った靴その②】DACK’S エキゾチックレザーホールカット

カナダから購入したKUDUなる、レイヨウ革のビンテージ。サイズを間違えて購入、小さくて結局一度も履けず。まあ、プラスもマイナスもなしですし、良しとしましょう。

 

【旅立った靴その③】旧ロゴリーガル デッドストック

12月に近所にオープンしたリサイクルショップで拾ってきたやつ。箱なしデッドの旧ロゴリーガル。私にはでかかったので、右から左で転がしました。出品後30分ほどで買い手がつきました。我が家での滞在日数わずか1日。儲かりました笑。

 

【旅立った靴その④】CANOEMAN(カヌーマン)

素足なら無理すれば履けなくもなかったのですが、履かずにいたカヌーマン。その昔、浅草の今戸にあった鈴梅製靴という会社で作っていたのがカヌーマン。今は経営も場所も替わってしまっているそうです。女性の方にお買い上げ頂きましたが、少し大きかったみたいで、彼女のお父様の足元に納まった模様です。よかったよかった笑。

 

以上、4足、だけ。おかしいね、年末はもう少し動くと思ったんですけどね。だって、現に私はこんなにも買ってるし。そんな、拾ってきたやつら。

こいつら。

 

【拾ってきた靴その①】ALDEN930

ebayで購入した旧ロゴオールデン。まだ手入れ出来てません。今週末あたりメンテして、近々詳細ご紹介予定です。

 

【拾ってきた靴その②】アンノウンロングウイング

お安かったんで拾ってきたやつ。調べてみましたところ、「アトリエリコ」なる、1980-90s頃の日本のアパレルメーカーの品のようです。バブルの頃の品だけあって、モノは結構ちゃんとしてます。こいつもそのうちご紹介。

 

【拾ってきた靴その③】SHOEISMのUチップ

寝屋川方面に遠征してひろってきたミントコンディションなやつ。ジャパニーズブランドらしいです。私には小さくて履けないので、絶賛出品中なやつです。こいつも、そのうちご紹介。って、そんなやつが溜まりまくっとります。

 

【拾ってきた靴その④】ALDEN 94308

シボ革外鳩目のオールデン。神戸で仕事帰りに拾ってきました。8ハーフと少し大きいのですが、なんとか中敷き入れて自分で履いてみようかと。すみません、こいつもメンテまだです。

 

【拾ってきた靴その⑤】Plain Toe Tunnel Strap Slip-on

あ、こいつはメンテしてすでに履き下ろしました。J&Mアリストクラフト。オンよりもオフ向きかも、なやつです。ジャストマイサイズ。当面、手元においとくやつです。あ、足元か。

 

【拾ってきた靴その⑥】旧ロゴリーガル デッドストック

本日2度目の登場です。やっぱり、リーガルさんって、私の足に合わないんですよね。C~Dウイズの私には、EやEEはやはり辛いです。

 

【拾ってきた靴その⑦】FLORSHEIM from CANADA

クリスマスイブに届いたカナダ製フローシャイム。前回UPしたやつです。こいつもジャストマイサイズで、しばらくステイなステキなやつです。

 

【拾ってきた靴その⑧】MARUZEN マナスルシューズ

すみません、こいつもメンテも紹介もまだなやつです。残念ながら私には小さく絶賛出品中のミントなマナスルシューズ。そのうち買い手がつくでしょう。

 

【拾ってきた靴その⑨】TRADING POST 内羽根プレーントゥ

すみません、レシートと記録を見る限り、900円で転がす用に買ってるみたいですが、どこにやったっけ?すみません、写真もありませんが、たぶんどっかにしまいこんでます。そのうち出てくると思います。まあ、年末に拾ってきたし、慌ただしかったし、、、。

 

 

【★☆★2019年の総括☆★☆】

12か月間の収支はあらためてこんな感じでした。

◎売り・・・62足 450,172円 @7,261円
◎買い・・・97足 484,693円 @4,997円

(売りは送料・手数料を差し引いた金額、買いは消費税含む)

いやはや、昨年もよく頑張りました。

 

35足買い越してます。ひと月あたり2.92足ずつ増えてます。

12か月間の収支は34,521円のマイナス。ひと月あたり@2,877

うーん、なんとか12月でプラマイゼロまで戻したかったんですけんどね。12月後半、1足も売れずじまいです。で、12月、買いすぎちゃいましたよね。まあ、実体としては、嫁や子供や親父の靴も買いましたので、それらを除けば月1000円程度のマイナスなのですが、見苦しい言い訳はやめましょう(って、いいわけしとるし笑)。

この趣味はお金がかからない。と、証明するはずが、僅かにおよびませんでした。

で、あらためて。

今年も引き続き追いかけます。

2020年は▲34,521円からのスタート、年末時点でのプラマイゼロをめざしましょう。

 

で、中身については、どんなテーマにしよう?

とりあえず、今年は、自分が欲しくない、仮にマイサイズであったとしても、自分なら履かない、そんなやつは、いくら儲かりそうでも拾ってこない、というのは、昨年同様に継続したいと思います。

じゃあ、レディスはどうするの?となりますが、そうではない。もし自分が女性だったら履くか、の視点で判断したいと思います。これも昨年通り。

で、今年は量は追わない。質で勝負です。

で、できるだけ、本格的なビンテージシューズを多く扱いたいです。

扱いたい、って、業者かよ笑。

あらためて整理しますと、

 

◎2019~2020で収支プラマイゼロを達成する
◎自分なら履かない欲しくないのは拾ってこない
◎量より質にこだわる
◎本格ビンテージシューズをメインに扱う
◎売り越して靴棚から溢れた状態を納める

 

ひとまず、以上5点をテーマに頑張っていきたいと思います。

 

うーん。だいじょぶかなぁ。

まあ、がんばっていきましょう笑。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です