ゆく靴くる靴(2019年6月)

こんにちは、ばしです。

 

早いもので7月も後半になりました。

今回は、前月6月の「売った靴・買った靴」です。

こんな状況でした。

 

◎売り・・・・4足
◎買い・・・・9足

 

おお、そんなに買い越してたっけ。

で、単月の収支は3万円ほどのマイナス笑。

買い越してるからマイナスなわけですが、ボーナスシーズンでもありますから、もう少し売れるかと思ってましたが、そうでもない。

まあ、6月は「先週履いた靴」企画のせいもあって、売り出し中の靴を登板させるべく、出品停止にした靴も少なからずあり、そんな結果です。

はは、バカですな。

ともあれ、6月の総括です。

今回は上半期の総括も最後に行いたいので、まずは駆け足で先月分をご紹介。

 

【旅立った靴その①】ナイキ フリーオービット2

 

3月に拾ってきた恐竜みたいなスニーカー。ジム履き用に購入したUS8ハーフ。じっとしてれば問題ないのですが、歩いたり走ったりすると思いのほかタイト。なもんで、おさらばです。

 

【旅立った靴その②】リーガルウイングチップ

 

GWに拾ってきていた旧ロゴのリーガル。5月の「ゆく靴くる靴」でも取り上げ損ねてました。ハナから転売用だったこともあり、詳しく紹介することもないままにサヨナラです。我が家での滞在期間は1ヵ月。なかなか、底堅い人気のリーガルさんです。

 

【旅立った靴その③】FAUSTO SANTINI(ファウストサンティーニ)

 

イタリアのメーカーのスリッポン。レディスがメインのブランドのメンズ靴。グレインレザーの少々変わった形のスリッポン。初見のメーカーのミントコンディションですが、私には小さくて履けない。6月頭に拾ってきて即出品。10日ほどで旅立っていきました。マイサイズなら売らないで自分で履いてました。なかなかのクオリティでした。

 

【旅立った靴その④】中井特製

 

玄関先で靴の手入れをしていると、「お~、またやっとるな~」と、声を掛けてきてくれるご近所のN氏。会社を経営されてたようですが、今はリタイアして趣味にいそしむ親父さんです。黒のプレーントゥが必要とのこと。ジャパニーズハンドソーンウエルティッドのこいつを見せたらえらい気に入ったらしく、サイズもジャストとのこと。お買い上げです。素敵なペアでしたが、私にはやや小さかったし、サイズ合う人に履いてもらいましょう。

 

4足、どれもランチ代程度の儲けです。コツコツといきましょう。

続いて、買いの9足。

こんな感じ。

 

【拾ってきた靴①】FAUSTO SANTINI(ファウストサンティーニ)

 

本記事2度目の登場です。「セカンドなんちゃら」とか「トレジャーなんちゃら」が私の主戦場ですが、こいつは初めて「ハードオフなんちゃら」で購入。最近こちらも古着に力入れておられるんですかね。

 

【拾ってきた靴②】フローシャイム ケンムール

 

1973年12月製。Vクリートも釘も1本も抜け落ちることなく揃ってます。売ればすぐ儲けの出る5000円のケンムールですが、黒のケンムールはこれしか持ってません。長い付き合いになりそう。

 

【拾ってきた靴③】viento americano ホワイトバックス

 

転売要員として買ってきましたが、底のフィット感が素敵で自分で履くことに。出品取り止めました。が、ホワイトバックスは2足もあれば十分、ということで、再度出品中です。この夏中に旅立てるのでしょうか。

 

【拾ってきた靴④】娘の青いUKマーチン

 

娘と二人で買い物に行くはずが、彼女のバイトの都合で一人旅となった6月半ばの週末。折角なんで、手土産代わりに持ち帰ってきました。ぼろかったのを丸洗いしまして、今ではすっかり彼女のお気に入りです。

 

【拾ってきた靴⑤】旧シェトランドフォックス

 

6月生まれの人は20%オフ、と聞かされて思わず手が伸びたリアルリザードのシェトランドフォックス。自分で履くか、転売するか、はたまた売れるのか、今も思案中で、まだ一度も履いてません。

 

【拾ってきた靴⑥】ナイキ エアマックス

 

ジム用に買ったフリーオービットが思いのほかきつかったので、代わりに調達してきました。「状態考慮」とのことで2000円ほど。別にダメージがあるわけでもなく、単に薄汚れてるだけ。丸洗いしたらきれいになりました。皆さん、革靴もスニーカーも、靴はしっかり洗ってあげましょうね。

 

【拾ってきた靴⑦】息子のポンプフューリー

 

授業が忙しくでバイト代がわずかな息子。中学時代に私が拾ってきたアディダス・キャンパスをまだ履いてます。曰く、靴がない、金もない、とのこと。お安くはなかったですが、拾ってきて丸洗い。彼がいらなけりゃ俺が、のつもりが、お気に召したようです。

 

【拾ってきた靴⑧】ALDEN912

 

ebayデビューのオールデン。今年の自分への誕生日プレゼントです。ミニマルなデザインはオールデンぽくないようにも思いますが、かわいい、愛嬌のあるやつです。大事に履きましょう。

 

【拾ってきた靴⑨】FREEMAN ヴァンプローファー

 

アンノウンなやつを拾ってきたつもりでしたが、ブログ・インスタでアップしたところ、FREEMANであることをお知らせ頂きました。まだ一度しか履いてませんが、なかなかに素敵なルックスです。ただ、訳あって、1日履いてますと夕方前に甲が痛くなります。補修が必要です。詳細は近日ご報告予定。

 

 

【上期の総括】

今年も半分過ぎました。早いですね。

あらためて、こんな感じでした。収支公開しちゃいましょう。

 

◎売り・・・28足 186,400円 @6,657円
◎買い・・・45足 234,789円 @5,218円

(売りは送料・手数料を差し引いた金額、買いは消費税含む)

 

17足買い越してます。ひと月あたり2.83足ずつ増えてます。

まあ、私の靴だけではないですし、売り出し中で旅立つ予定のものも含んでます。

それでも、まあ、多いな。

そりゃ靴棚から溢れるわけです。

ですが、家族からのクレームはありません。

散財してるわけではないですからね。

 

半年間の収支は48,389円のマイナス。ひと月あたり@8,064円

お小遣いの範囲です。

ですが、実際のところ、程度のいいアレン・フローシャイム・オールデンあたりを1足ずつ売ればチャラですから、むしろ含み益をそれなりに蓄えている、とも言えるでしょう。

けどまあ、それはこの半年のお金の出入り、ということです。

売れた28足に限って言えば、買値から入金額を差し引いた儲けは73,151円

1足あたり@2,612円の儲け。

とはいえ、買ってみたものの、あとでダメージに気づいて、履けないし、そもそも売りにすら出せない死蔵品(中古のデッドストック笑)も何足かあります。

加えて、遠征時のガソリン代に高速代、発送梱包時の段ボールにプチプチ購入費、メンテナンスグッズの購入費用などもあります。

で、そんなのを考慮すると、実際の1足当たりの儲けは半分程度、でしょうか(私の人件費は、趣味なのでゼロカウントです笑)。

 

で、そんなランチ代程度のプラスを積み重ねて、マイサイズの一生離さないやつや、息子や娘の素敵なペアをゲットする。これが私のゴールデンイメージです。

実際、私はもちろん、息子も娘も、靴代にかかる持ち出し費用は僅かです。

ほとんどかかってないと思います。

嫁の靴は選択がとても難しくて買いませんが、そんな彼女の新品の靴代も含めて、目指せ靴代ゼロ家族、です。

今のところは、まずまず、いい感じかと思われます。

 

いい大人が中古の靴なんて、と思われるかもしれません。

が、周囲から見れば、中古で買って手入れしたものなのか、新品で購入して履き育てたものか、なんて、素人には判断しようもありません。

5万10万の靴を気軽に何足も買えるほどの余裕も残念ながらありません。

そんな私の場合、新品とはいえ、お安い工業規格品みたいなのを2~3年で履きつぶすくらいなら、同じ値段の中古で、職人の魂こもったクオリティの高いやつと永く付き合いたい。

これこそがビン靴を漁って履く、最大の理由です。

 

まあ、息子と娘には、そのうち自分のお金で自分の好きな靴を新品で買ってほしいと願ってますが、中古でも良いモノ・そうでないモノをたくさん見て、履いておくことで、モノを見る目を養ってくれたらと思ってます。

経験が全て、とはいいませんが、(必要十分な)量を伴わない質(の高さ)もまたありえません。

 

私自身は、古靴を手入れすること自体が趣味の半分程度を占めてますので、当面は中古でいいです。というか、中古がいい。

ただ、ビンテージだコードヴァンだ、なんて言ってますと、趣味に散財しているおっさんのように思われがちです。

がしかし、おっとどっこい、生憎そんな金銭的余裕は持ち合わせておりません笑。

この古靴道楽は、道楽とはいえ、あらためて、金のかからない趣味と言って差し支えはなさそうですね。

 

ただ、切実な悩みが。

下期もこのペースだと、靴棚がマジでやばいです。

棚板追加で発注せねば。

あと3枚分の余裕があります。1段に4足入りますので、12足は詰め込めます。

 

とはいえ、下期は頑張ってペースダウンです。

もろもろ、頑張れ、オレ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です