コードバンの脱皮(1)ALDEN

こんにちは、ばしです。

 

大阪サミット開催中の金曜日。

仕事帰りに立ち寄ったリユースショップで、お安いヴァンプローファーを拾ってきたのですが、実はそのあと、別のもう1軒でもう1足ゲットしておりました。

値札には「履きこまれてカッコいいBerwickのワークブーツ」とのコメント。

値段も、Berwickの中古相応、1万円でお釣りな感じの価格です。

サイズは私には小さい。

それほどお安くもない。

ですが、手に取ってレジに直行です。

なぜって、儲かるやつです。

こいつ。

 

ALDEN 99289

 

・SIZE:6 1/2  B/D
・コードバンのスプリットトゥ
・Made in USA

腰裏リペア済み。クラックが散見されるガサガサのアッパー。

履きこまれたワークブーツっぽくはあります。

ていうか、もう少し、最低限の手入れはしようよ笑。

ちなみに、このお店では、ALDEN、Berwickの両方のペアが棚に並んでました。

この99289は、弾数は多くないものの、ノルウィージャンスプリットトゥと呼ばれる周知のモデルかと思うのですが、なぜ、Berwick、なんでしょう?

先月転がしたタッセルローファーはインソックのロゴが完全に読めなくなってました。

こいつは、読めなくはないかも。

まあ、理由はどうでもいいです。

とりあえず、ラッキーでした。

転がす前にがっつりメンテです。

夏も近いし、ここは思い切って一肌脱がせましょう!

 

 

コードバンの脱皮

アッパーは全体的にガサガサ、クラックもあり、弄繰り回しても今以上に悪い状態にはなりそうもない。気兼ねなく、がっつり脱皮に取り組んでみました。

ステインリムーバーで汚れを落としたうえで、耐水のサンドペーパー。

まず#800、次いで#1500、最後に#2000で仕上げます。

 

【#800】

おお、なんか怖いです。

ですが、躊躇うことなくゴシゴシと全体ムラなく擦ります。

クラック部分は特に念入りに。

これが、

こんな感じに。

次いで、

【#1500】

セカンドステップも、全体ムラなく擦ります。

ここまでがっつりやるのは初めてです。

こんな感じでよいのでしょうか?

で、最後。

【#2000】

見た目の変化以上に、手触りが順を追うごとに滑らかになっていくようです。

フローシャイムのコードバンよりも少し分厚いように感じましたが、どちらもホーウィン社製のシェルコードバン、気のせいですかね。

ベロ部分はあえてそのままにしてます。

で、次のステップ。

 

【コードバンクリーム】

まずは左から。

全体に指で塗り込みました。ヌメっとしてますが、まだギラっとはしてません。この状態で次のステップへ。

 

かっさ棒で毛羽立ち抑え

一般的には「アビィレザースティック」を使用するようですが、お高い。

で、代替品として購入した同じ天然水牛角製の「かっさ棒」。

足の裏なんかをこいつでぐいぐい押しこむマッサージスティックです。

こいつでアッパーをがしがしと擦ります。ここも、耐水サンドペーパーと同様に、躊躇わず、思いっきりこする。遠慮は無用です。

先日、シェルコードバンのリーガルを拾ってきた際に初投入。前回はクリームを拭き取った後に使用しましたが、今回は拭き取る前に使用してみました。

こんな感じに。

ほお、なんか、独特な光沢が現れてきました。

ウエスで拭き上げます。

おおっ!

う、美しい!

右も同様の手順で、コバ周りはワックス入れて完了です。

ビフォーアフター。

 

 

おお、なかなかに蘇りました。

バーガンディだからでしょうか、色ムラも宝石のように思えてしまいます。

 

なかなかに美しい。

私には小さくて履けないのが残念です。

さて、うまく転がってくれるでしょうか。

 

余談ですが、今回の記事タイトルは「コードバンの脱皮①ALDEN」です。

今回、思いのほか上手くいったので、②③④・・・を想定してのことです。

手持ちの他のやつらも、そのうち順次餌食です笑。

お楽しみに~。

 

 

思えば、最近急にALDENづいている私。

4月に、マイファーストALDEN。自分用のモディファイラスト。

5月は、アンノウン扱いのタッセルローファー。すでに旅立ちました。

6月は、今回のこいつです。で、

7月は・・・、もう、買っちゃいました!

こいつ。

 

50歳にしてようやくのebayデビューです。

誕生日だった6月に買って、7月に入って届いた自分へのバースデイプレゼント。

今日、この後メンテです。

楽しい週末になりそう。

 

皆さんも素敵な日曜日をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です