スコッチグレインでデート

こんにちは。ばしです。

桃の節句だった先週土曜日は、我が家のお姫様と古着屋巡りでした。
久々に娘とデート。足元はMADE in JAPANのこいつで。

 

スコッチグレイン
キルト&タッセル  ウイングチップ

・サイズ:25センチ
・茶と紺のコンビ
・グッドイヤーのレザーソール

近所の古着屋で拾ってきて2年ちょっと。家族からはなぜか「お爺さんみたいな靴」、との評判。そーかなぁ。ま、そんなこともあり、たまにしか履きませんが、結構お気に入りです。

 

 

25センチ。ワイズ表記無いですが、おそらくEくらい。色々調べてみたら、パターンオーダーのお品みたいです。スコッチグレインの靴はこれが初めてですが、しっかりした作りですね。

 

 

で、今日のデート。私はスコッチグレイン。娘の足元はUKマーチン。大阪のビンテージショップ「JAM」の桃谷店で、彼女が中学生の時に買ったお気に入りのペア。

古着のオーバーオールを所望、とのことで、探索1軒目はまさにそのJAM桃谷店。

車をコインパーキングに停めようとして、あ、万札しかない。お前、小銭か千円札持ってる?と尋ねると、え、今日は財布持ってきてないよ。とのこと。

え?服買うのに?財布なし?なんで?
あ、俺が財布か。

・・・16歳にして確信犯な彼女なのでした。

1軒目ではめぼしいものはなし。気軽に着れるオーバーオールは、ビンテージショップではなく、単なる古着屋で探した方ががいいかも。ということになり、2軒目はJAM堀江店のつもりが行き先変更して、大阪市内~南大阪エリアをドライブしながらセカンドストリートを3軒ハシゴ。

私はめぼしいものはなく手ぶらでしたが、彼女は希望通り、好みとサイズの合うオーバーオールをゲット。で、最後に5軒目、これまでに私が3ペアを格安でゲットした郊外の穴場的な古着屋へ。

品揃えは彼女の好みにもがっちりフィットしたらしく、Gジャンをゲット。曰く、

「なにここ、めちゃええやん、パパ、この店のことは内緒にしとこな」とのこと。分かっとる、わかっとるがな。この店のことはパパも誰にも言わず内緒にしてるんやから。

流石、我が娘。よく分かっとる。ただ、あんまり人が知らないままだと、知らぬ間につぶれてることがあるから、それもまた困りものやね。などと話しながら、うららかな3月最初の土曜の午後は過ぎていったのでした。

 

【お知らせ】

週3回で更新してきてまだ3ヶ月ちょっとですが、息切れ・ネタ切れ気味なのと、少々忙しいこともあり、当面は月曜と金曜の週2回更新とさせて頂きます。

次回は3/9(金)です。

落ち着いたらまた週3に戻すつもりですが、週2でも引き続きよろしくお付き合いください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です