謎のホワイトバックス

こんにちは、ばしです。

 

嫁も子供らもそれぞれ忙しく、単独行動の機会が多かったGW。

ひとり、ぷらり、と、大阪は泉南方面へリサイクルショップ巡りをしてきました。

で、案の定、おもろいのみつけ、退屈しのぎに拾ってきました。

わざわざ高速料金払って拾ってきた、こいつ。

 

 

 

ヌバックのホワイトバックスです。

左踵が若干裂けており、アッパーもそれなりに汚れ、傷も付いてますが、手触りはなかなかに素敵です。

中敷きの形状も良い雰囲気です。期待感を煽られます。

で、コバ周りはこんな感じ。

 

以前ビンテージショップで「1950sのブルースエード」のペアというのを見かけたことがあるのですが、それと似た雰囲気です。

こいつも1950-60sくらいでしょうか?

ヴィンテージ感がぷんぷんします。

で、ワンコインでお釣りです。

ソッコーゲットしました笑。

一体何者なのでしょう?

面白そうです。

細かく見ていきましょう。

 

 

アッパー

3穴外羽根のプレーントゥ。

羽根から履き口にかけてのステッチは3連です。なかなかに細かな、丁寧な仕事です。

次いで、

 

アウトソール

ビブラムのハーフラバーが貼られてますが、元々はレザーソール。

ホワイトバックス=レンガソール、と決めつけてました。珍しい。

「43 5」の数字はサイズ表記でしょう。

で、ご覧の通り、ソール角の切れ込みが若干浮いてます。

ヒドゥンチャネルです。こんなホワイトバックス、見たことないです。

 

ライニング

 

レザーライナー、で、トゥ側はファブリック(布)です。

タン裏は変わった造作です。

基本、レザー。で、白い△部分がトゥから続くファブリックです。

理由は定かではありませんが、こじゃれてますね。

好きです、こういう意味不明なやつ。

内側の印字は「10/6 E 9 6」。底のサイズ表記が「43 5」でしたので、おそらく9インチのEウイズでしょう。私には大き目のサイズ感はまさにそんな感じです。

 

タン裏

左足のタン裏です。

刻印が2種。

右の楕円は「B」以外は判読できません。

左の刻印は「ARMEE」でしょうか?

ARMEE。アーミー? ARMY!?

こいつ、ひょっとして非・英語圏のサービスシューズか何かでしょうか?

しかし、サービスシューズで白? ヒドゥンチャネル?

そんなの聞いたことありませんが、可能性としては高そうです。

サービスシューズなら年代が分かるモノがありそう、と、右足のタン裏をみてみると・・・。

 

 

ありました!

こっちは判読可能です。

「28 1 55」

恐らく、1955年1月28日、ということでしょう。

当初の見立て通り、やはり1950s。

どこの国のものでしょう?

ほかに手掛かりはないか、と、いじくってますと、インソック奥に何やら刻印が・・・。

 

ありました!

綺麗に撮れました!

(苦戦しまして、実は7枚目でようやく判読可能な写真です)。

中央には数字が見て取れます。

「1/55」。ごじゅうごぶんのいち。どういった意味なのでしょう。

タン裏と同様に、55年の1月、ということでいいのでしょうか?

取り囲むようにアルファベットが。

 

「CHAUSSURES BELOR**Y」

下段には、

「DIJON」

 

CHAUSSURES/ショセ、です。フランス語で「靴」です。

BELOR**Y、は、メーカー名でしょうか?

**の文字は、どうやっても判読できません。

DIJON/デイジョン、です。街の名前でした。

フランス中部に位置するディジョンは、かつてはブルゴーニュ公国の首都であった歴史ある、ワインとマスタードで有名な都市だそうです。

 

色々と調べてみましたところ、FRENCH NAVYのサービスシューズには、稀に礼装用の白のペアがあるらしい。

こいつもおそらく、そんなペアの一つ、なのでしょうか。

 

 

フランスのサービスシューズはMARBOT社のものが多く出回っているようですが、こいつがどのメーカーのものかはさっぱり分かりません。

「BELOR**Y」の「**」が手掛かりでしょうか?

 

ぼちぼちと調べてみることにします。

ああ、悩ましい。

 

私には大きめですが、踵の裂けは修理すべきでしょうか?

ああ、悩ましい。

 

ヌバックのアッパーの手入れはどのようにすればよいでしょう?

ああ、悩ましい。

 

けどまあ、ちょっと嬉しい、かも。

あ、ちょっと、じゃない、かも笑。 

6件のコメント

  1. いつも楽しく拝見しております。
    arméeは、フランス語で軍隊の意味ですね^_^
    判読が難しいところは、belorgeyではないでしょうか?
    フランス人によくある名前のようです。
    CHAUSSURES BELORGEY で検索すると何やら出てきますね。全部読めるほどの語学力はありませんが、どうもフランスの老舗メーカーのようです。

    1. いつもありがとうございます。
      早速、CHAUSSURES BELORGEY で検索してみました。
      色々出てきました、こんなに早く判明するとは笑。
      画像を見てみましたら、このペアと同じと思しきやつがありました。
      積み上げヒールに釘40本、というのがオリジナルの仕様のようです。
      私、学生時代の第2外国語はフランス語でしたが、全くちんぷんかんぷんで1年で挫折した口ですが、CHAUSSURES BELORGEYというのがどんなメーカーなのか、コツコツと調べてみることにします。
      ありがとうございます!

      1. お役に立てて、嬉しいです!
        僕も革靴が好きで、いつも、ばしさんのセレクトに「うらやましいなぁ」と指をくわえている一人です(笑)
        フランス靴も奥が深いですね。
        私の少ない足数の中で、一番気に入っているのが、フランスのウエストンの靴です^_^
        他にも、大流行中のパラブーツや、エシュン、フェネストリエなど、魅惑のフランス靴、欲しいなぁと、こちらも指をくわえて見ているだけの状態です(笑)
        ぜひ、機会がありましたらフランス靴もどんどん記事化していただけたら嬉しいです!
        一度足を突っ込むと、泥沼の革靴の世界、僕もさらにハマっていきそうです(笑

        1. ありがというございます。
          といいつつ、私の場合、実はあまりコスト掛かってませんで、リサイクルショップ万歳!といった感じです。
          で、フランス靴、おっしゃる通り素敵ですよね。
          実は、学生の頃からずっと、ウエストンのローファーが憧れのペアです。
          が、何分、お高い、今も昔も。
          ですが、気後れせず、どこかのタイミングで頑張ってみます。
          あ、嫁には内緒で笑。

  2. いつも楽しく拝見しております。
    ばしさんのリサイクルショップでの
    索敵能力?発掘能力にはいつも感心しきり
    でございます。
    で、私は関東在住なのですが、本日より
    数日、大阪(京橋あたり)に来ておりまして
    おススメのリサイクルショップなどございますか?時間があれば覗いてみようかなと思いまして^_^因みに私は足サイズが29cmのバカの大足で
    米や英の古い靴が好物です。
    あ、ばしさんのテリトリーを荒らすつもりは
    毛頭ございませんので差し支え無い範囲で
    こっそり教えて頂けたら幸いです笑。

    1. Kacky55さま
      こちらこそ、いつもありがとうございます。大阪へようこそです!
      時間や交通手段などのご都合わかりませんが、とりまとめてこのあとメールにてお送りしますね。
      楽しんでいってください。素敵なペアとの出会いがありますように。

kacky55 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です