Allen Edmonds, Boulevard

こんにちは、ばしです。

 

平成の終り。

永らく探していた靴にようやく出会えました。

令和の初め。

海を渡って私の手元、もとい、足元にやって来てくれました。

こいつ。

 

Allen Edmonds, Boulevard

 

・SIZE:8C
・1975年製
・Made in USA 表記なしの Made in USA

 

ビン靴愛好家の方々のブログでちょこちょこ拝見していて、私も欲しいなと、常々探しておりました。

7アイレットが特徴的な、ブルバード。

ようやく目出度く、マイサイズらしきやつと出会えました。

 

 

アレンエドモンズの年代判定

アレンは、過去のカタログがWEB上にアップされており、そちらを参照しての年代特定が容易です。ですがカタログを見ずとも、フローシャイムなどと同様におおよその年代判定ができます。

インソックのロゴ、内側の印字、タグか小窓か・・・。ビンテージシューズの年代判別の手掛かりは、どのメーカーも着目すべきポイントは大体同じようです。

 

 

 

今回のペアの場合は、

・青窓小窓で、「Allen Edmonds」の文字が斜体

・インソックに「ostendo」の文字あり

・インソックに「Made in U.S.A」の表記なし

・「COMB」の横の数字が「6305」(一桁目が製造年の1桁を表す)

などから、1975年製のペアと推測されます。

45年ほど前のペアですが、履きこまれた感の薄い、グッドコンディションなやつ。

早速儀式です。

念のため、手入れです。

まずは左から。

 

ステインリムーバーで汚れ落とし

汚れはそれほどではありませんでしたが、かなりの厚化粧、黒のワックスがべったりでした。しっかり落としてやらないと、せっかくの油分・水分・栄養分が浸透しません。

なお、内羽根の場合紐を全部抜いちゃうと通しづらいので、写真のように1穴目だけはほどかずに手入れするといいらしいです。

次いで、

 

デリケートクリームで水分補給

きちんと手入れされていたようで、乾燥気味というわけでもありませんが、化粧落としましたので水分と栄養補給です。布ではなく、指にとって直接塗り込みます。引き続き、

 

コロニル1909

こちらも直接指にとって塗り込みます。栄養補給&艶出し。私はワックスはあまり使わないので、基本的にアッパーの手入れはこれで終了です。

 

このあと、ソールの手入れ。

ソールトニック入れて、意味あるのかないのか分かりませんが、ブートブラックのニュートラルで磨いてます。

まずは左、完了です。

当初(右足)から、紐の結び方変更しました。特に意味はありませんが。

で、右も仕上げてメンテ完了。

ビフォーアフター。

 

 

昔のモノがなんでもかんでも良いというわけではないでしょうが、米国靴に関しては昔のものはやはり良いみたいですね。

特に、1960~1970s頃が全盛期で、1980sになると全体的に品質は落ちていくようです。

で、そもそもが、こいつ、グッドコンディションです。

で、触ってみて、あらためて、素晴らしい。

革の質もきめ細か。作りも丁寧。

今のアレンも素晴らしいのでしょうが、半世紀近くたっても色褪せない表情、丁寧な造作は流石かと思います。

後は履き下ろすだけです。

 

 

私にとって4足目のアレンエドモンズ(厳密には6足目、2足旅立ちました)。

手持ちの他の3足はすべてDウィズです。

今回は、私にはやや細身の8C。

上手く馴染んでくれるのでしょうか?

Blue Birdブルーバード、ではなく、Boulevardブルバード。

ですが、探し求めた青い鳥です。

馴染まないなら、幅出ししてでも、強制的に馴染ませましょう。

 

一生離さないから覚悟しろ笑。

 

2件のコメント

  1. ばしさん

    お疲れ様です。
    おお、7アイレット、ビン靴ならではのシルエットですね。ウエストが、グッと締まっていて格好いい。
    僕は、アレンは、strawftという変則靴しか持っていないのですが、木形はオーソドックスで履きやすい印象。

    これから、履き込んでいきたいですね。

    1. しんのすけさん
      お疲れ様です。
      おっしゃるとおり、グっとしまってて恰好いいのですが、
      かなりタイトで驚いてます。なもんで、モウブレイの
      ストレッチミスト振りかけながら履きならしてます笑。

bashi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です