ColeHaan ルナグランド

こんにちは、ばしです。

 

いやあ、夏休みも終わりました。

台風来ましたね。

大阪はそれほどでもありませんでしたが、皆さん影響なかったでしょうか?

 

お盆休み中は久々にブログも完全オフ、お休みさせて頂きました。

何をしたというわけでもなりのですが、のんびりと過ごすことができました。

で、その間、自分用、嫁用、息子用、娘用、転売用と、なんやかんやと古靴を購入。

このあたりはお盆休み中も通常モード。

おかげで、ネタも増えました笑。

順次ご紹介していきます。

 

休み明け一発目、こいつから。

 

ColeHaan ルナグランド

 

・SIZE:8M
・カーキ×ベージュ
・Made in CHINA

以前から気になっていたルナグランド。

初・コールハーンです。

歴史的にはこんな感じらしい。

 

1928年
シカゴにて、コールさんとハーンさん、二人の靴職人が紳士靴メーカーを立ち上げる。その後、レディス靴、子供靴、バッグなどの靴以外も含めたアパレル全般を扱う企業に。

1988年
スポーツブランド・ナイキの完全子会社に。

2012年
ウイングチップのアッパーにナイキのアウトソール”ルナロン”を組み合わせた「ルナグランド」がローンチ。

2013年
投資会社であるエイパックス・パートナーズにコールハーンを売却される。

 

イタリア製のペアを見かけることが多かったのですが、もともとアメリカの会社なんですね。ビットローファーのイメージが強いです。

ルナグランドリリースの翌年に会社を売却、ということは、ルナグランドが商業的にもそれなりに成功した、ということなんでしょうかね?

詳しくは分かりませんが、リリースの直後、へえ、なかなかに面白そうな素敵な靴だな、との印象でした。

ですが、買わずにきました。

まず、お高い。

で、スニーカーライクなソールです。減ったら交換できるのか?

履きつぶす前提の靴に3万も4万も出せません。

で、リリースから7年。

リユースショップにお安く出回るくらいですから、やはりそれなりに売れたんでしょうね。

お盆休み直前、ちょくちょく顔を覗かせるリユースショップでマイサイズに遭遇。

アッパーは汚い。ですが、手入れしてもらえてないだけで、アッパーもソールも履きこまれた感は薄そう。

 

おお、不憫なやつめ。

お安いこともあり、持ち帰ってきました。

早速手入れです。

いつもの要領でまずは左から。

 

 

ステインリムーバーで汚れ落とし

アッパー、傷みやダメージはありませんが、汚れと言うか、シミ・ムラが結構あるやつです。なかなかに頑固です。

 

レノマット

ステインリムーバーでは落ち切らないので、レノマットを投入。それでも落ち切りませんが、多少はましになったかな。

 

デリケートクリーム

必要性の程度は別にして、保湿。いつものルーティーンです。

 

ネイビー×イエロー

カーキ色のクリームなんて持ってません。で、考えました。

「青×黄色=緑」。

 

それぞれのクリームは持ってますので、混ぜて使おう。人差し指にブートブラックのライトネイビー、中指にサフィールノワールのクレム・ライトブラウン。で、アッパーに塗り込みます。こんな感じに。

 

コロニル1909

最後の仕上げはお決まりのこいつ。ウエスで磨いてブラッシング。

 

右も同様のステップで、メンテ完了。

ビフォーアフター。

 

 

シミが落ち切りませんが、まあ、これはこれでビンテージっぽくて良い感じです。

 

「ルナロン」のソールはいろんな色があるらしい。

「ルナ」=「月」。月の上を歩いているような履き心地、ということらしいですが、青とか白とか黄色とか、いかにもスニーカーライクな色ってどうよ!?

と思ってましたが、こいつは落ち着いたベージュ色。

アッパーのカーキとの相性も良く、ミッドソールの茶色と相まって、ナチュラルな印象が素敵です。

履いてみました。

うん。

確かに、スニーカーライクな履き心地です。軽いし、全然疲れません。

空を飛んでいるみたい。

あ、すみません、リフトに乗ってるんで写真は実際に空飛んでます笑。

ですが、ホントのところ、履き心地はなかなかにグッドですね。

ホント、スニーカーみたい。

 

気になってたのを履けて満足です。

で、1回履いたから、もういいや。

素敵なペアですが、履き心地スニーカーライクじゃなくても、ビンテージの方が好みです。

君はメルカリにGOです。

軽やかに、空高く、旅立ってね。

 

なるはやで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です