EG製PEAL&CO/BROOKS BROTHERS

こんにちは、ばしです。

 

半月ほど前のことです。

北堀江の得意先に17時アポ。その日は電車で、そのまま直帰。

近鉄の大阪難波駅まで南へ約1キロのルートには、大阪ミナミを代表するビンテージショップが近接してます。

JAM堀江店、FLAG USED CLOHING、ショウザンビル。

覗き見しながら歩いて行こう。

 

1軒目、JAMさん。

 

3フロアだったはずがいつの間にやら3Fは倉庫になってました。レッドウイングやマーチンが相変わらず豊富ですが、私好みのビン靴の品揃えは減ったような。JAMさんは桃谷店の方が私好みかも。そんなことを思いながら次へ。

 

2軒目、FLAGさん。

これまで3~4回ほど足を運んでますが、サイズ合うのに出会ったことなくて、これまではまだお世話になったことありません。

 

こじんまりとした店内に、服も靴も、そこかしこにギュッと鎮座してます。

で、残念ながら今回もジャストマイサイズではないのですが、中敷き1枚入れたら履けそうな気になるやつを発見。海外から2足届いた直後だったので、やめとこうかと思いましたが、どうにもこうにも気になる。

たぶん、この機会を逃すと二度と出会わなそう。一生後悔しそう、と、訳の分からない言い訳を自分にしつつ、また、お店の方にも「このスタイルはまず、でないですよね」などと背中を押され、持ち帰ってきました。

こいつ。

 

PEAL&CO/BROOKS BROTHERS/EG

 

 

・SIZE:9 1/2
・茶色のウイングチップスリッポン
・Made in ENGLAND

 

イギリスのビスポークシューメーカーだったピールアンドカンパニー。

1965年に廃業。米国ブルックス社が、ロイヤルワラント(王室御用達)でもあった英国メーカーを存続させるべく、木型・職人・デザイン・称号を買い取り、今もその名が残っています(参考記事:ブルックスブラザーズ社BRANDSTORY)。

そんなピールの既製靴は、さまざまなシューメイカーが手掛けてきました。

チャーチ、アルフレッドサージェント、クロケット&ジョーンズ、そして、エドワードグリーン。

今回のペアは、アッパー内側にもブーツとキツネ、その下にPEAL LONDNの印字が。

FLAGさんでは、お店の人と「こいつ、チャーチ製ですかねえ」、なんて話していたのですが、家に帰って調べてみたところ、どうやらこいつ、この印字スタイルは、EG・エドワードグリーン製らしいです。

ネットで同型の黒のEG製というのも何点か見かけましたので、たぶん間違いなさそう。

ということは、おおっ、マイファーストEDWARD GREENです。

が、かなり古そう。

かつ、私の頭の中のグリーンとは「チェルシー」「ドーバー」「カドガン」といったモデルです。だいぶイメージ違いますが、まあ、よしとしましょう。

 

とりあえず、早速手入れです。

いつも通り、左から。

 

ステインリムーバー

汚れ落とし。ワックスはそれほど塗られてはいないようです。

 

レクソル

最近のマイブーム。歯ブラシでゴシゴシと。あ、ピンボケです笑。

念のため、こいつでメダリオンとコバ部分もしっかりと掻き出します。だいぶスッピンになったでしょうか。

 

リッチデリケートクリーム

FLAGさんでもメンテされてるとのことで、乾きはほとんどありません。

 

コロニル1909

仕上げ。指で塗って、ウエスで磨いて、ブラッシングです。

 

ソールトニック

底メンテ。ソールトニック、その後乾いたらブートブラックのニュートラル。

買ったときは気づきませんでしたが、どうやらリソールされてるようです。

張り替えられた部分にはグッドイヤーの縫い目が。土踏まず部分のもともとの部分には縫い目なし。当初はヒドゥンチャネルだったのでしょうか?

 

で、右も仕上げてメンテ終了です。

ビフォーアフター。

 

 

右はトゥに傷。甲部分も若干汚れてましたが、レクソルで、まあ、若干は綺麗になりましたでしょうか。

 

革質はややもちっとした感じでで良い感じです。

なかなかに素晴らしいです。いつ頃の年代なのでしょう。

 

で、こいつで3匹目のキツネです。キツネ三兄弟、記念撮影。

左はフォスター&サン。ビスポークの中古です。

右はチャーチ製のピール。子供たちの結婚式で履く用に買ったやつです。出番はまだまだ先になりそう。

で、そのキツネのシルエットですが、こんな感じです。

フォスター&サン。

 

EG製ピール。

 

チャーチ製ピール。

フォスターのキツネは地を這うように低い構えなのに対して、チャーチ製のキツネは背が高めです。しっぽも太い。

今回のEG製は、フォスター寄りの低い構え。

まあ、時系列でいえば、ピール廃業に伴い、伝説の職人、テリー・ムーア氏がフォスターに移籍して以降、フォスターのインソックにもキツネが出現した、との経緯です。なので、本家はピール。

ですが、時とともにキツネも進化したのでしょうか。チャーチ製のキツネは、EG製と比べると、キツネも、「PEAL&CO」の書体も随分異なります。

持ってはいないのですが、クロケット製はロゴもキツネも今回のものと同タイプのようです。

チャーチだけが違うのか、年代が違うのか。よくわかりません。

まあ、細かいことは後回し。とりあえず中敷き1枚足して履いてみました。

細身なのが幸いです。

ちょうどよさそうです。

何に合わせよう。

一生離さないやつが、また増えました。

 

最近、英国靴がマイブームです。

次は、何がいいかな。

出来ればぼろい奴で。

で、チャールズ・パッチ、貼りたいな。

2件のコメント

  1. 私も同じ印字のもの持ってます。
    私のもエドワードグリーン製と教えてもらいました。
    この種類のピールはなかなか出てきませんよね。
    このソールは、革を前貼りしてるんじゃないですか?レザーソールにラバーのかわりに革を貼る。英国ではよく行われるリペアだそうです。
    縫いのない部分はオリジナルのソールではないでしょうか。私のピールはヒドゥンチャネルですし。
    しかし、稀少なピールを3足もお持ちとは羨ましい。

    1. なおけんたさん
      やはりEG製なんですね。ありがとうございます。
      なおけんたさんのピール、ブログで拝見しました。
      ロゴもそうですが、飾り穴のデザインが同じですね!
      で、革の前貼り、ですか。なるほどです。
      この手のものは張り替えてるものだとばかり思ってました。
      いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です