FOOTJOYのゴルフシューズ

こんにちは、ばしです。

 

今年もいよいよ、残り僅かとなりました。

今日が仕事納め。年末年始お仕事の方々には、一足先にお休み頂戴しますことお許し願えればと存じます。

まあ、仕事納めと言いましても、明日の土曜日は大掃除で出社なので、実際の休みは明後日からな私。で、そんな明後日は、こいつに活躍してもらう予定です。

がんばってもらわないといけないので、今年のトリを任せることにしました。

こいつ。

 

FOOTJOY Classics Dry Premiere

ゴルフシューズです。

そう、明後日は高校時代の友人とラウンドです。9月以降一度もクラブを握らぬままに当日を迎えますが、まあ、なんとかなるでしょう。練習してもしなくても、スコアいつも一緒だし。

ですが、前回からアイアンを新調(中古ですが)し、今回から足元を新調(中古ですが)して臨む今年最後のラウンドです。気合いだけは入っとります。

特に今回、靴だけは上級者な雰囲気です。

 

このペア、総天然革のグッドイヤーウエルティッドなゴルフシューズです。かつ、MADE IN USA。多くの米国靴メーカーが海外生産に移管しており、フットジョイも現在は米国内で作っていないようです。

ゴルフシューズで有名な同社ですが、もともとは他のシューメイカー同様に本格靴を作ってました。1857年創業と主要な米国靴メーカーの中でも群を抜いて古い歴史を持っています。

米国靴業界は1970年代以降経営環境が悪化し、多くのメーカーが統廃合を繰り返しました。名前すらなくなったメーカーも数知れずです。そんな中、ゴルフシューズに特化し活路を見出すことで、その分野のトップブランドとして生き残ったフットジョイ。

そういえば、1足だけ持ってました。

シャークスキンのフットジョイ。色目もあって、見た目はサメというよりトラですが。で、もちろんUSメイド。

 

現在同社の靴はすべて中国製となっています。切り替わる直前、USメイド最後となった同社の最高峰モデルとなったのがこのクラシックドライプレミアだそう。

すでに廃版となったこのモデル、偶然にもマイサイズに出会いソッコーゲットしてきました。

 

ディテールはこんなです。

スワールトゥです。

センター部分はシボ革風、両サイドはスムーズレザーのコンビです。並んだ2本の縫い目が並行で幅広なスワールトゥは苦手です。手が出ません。ですが、爪先にかけて細くなるこのタイプは嫌いではありません。

 

インソックには「Handcrafted in U.S.A」。積み上げた風のヒールの側面には鈍く輝く「FOOTJOY」のロゴプレートが。うーん、これはビミョーですな。個人的には無いほうが好みです。金払って買ってるのはこちらなのに、ブランドロゴをぶら下げられて広告塔にされるってどうよ、って思ってしまいます。

なあんて、中古買っといて偉そうなこというなってね。はは、すんまへん笑。

ついで、タン裏。

フエルトです笑。ビン靴だとフエルトのタン裏=1960s、てなことが多いですが、こいつは古いモノではなく、2000年前半頃のペア。その割には傷みもなく綺麗です。まあ、新品ではかなりお高いモノだったようですし、きちんと手入れして履かれていたんでしょう。

サイズは8EE。ゴルフの際は仕事のときより少し厚手のソックスですから、EEウイズですがサイズも問題なし。マイサイズです。

よし。さくっと、メンテです。

いつも通り、まずは左から。

 

 

ステインリムーバー

そんなに汚れてません。ワックス入れるような種類のものでもないですしね。

 

リッチデリケートクリーム

最近は100均の「もどき」を使ってますが、こいつをメンテしたのはそれに出会う少し前。お高めクリームで保湿です。

 

コロニル1909

定番・安心のシュープリームクリームデラックス。ゴルフシューズとはいえ、グッドイヤーの本格靴です。いつも通りのメンテです。

ソールはこんな感じ。

「ウオーターロックコンビネーションソール」てやつだそう。底に防水天然牛革とTPU(熱可塑性ポリウレタン)が使用された、防水性と耐久性に優れた仕様だそうです。

スパイクを外してみました。

穴ふさいだらこのまま履けそうです。ゴルフシューズの普段履き、ではなく、本格靴をゴルフシューズに仕立てたわけですから、そりゃそうでしょう。で、本格靴よりも柔らかでしなやかな履き心地。なかなか、やりますな。

で、新品のスパイク買ってきました。交換・装着です。

・・・あれれ。数が足りません。片足11個、両足で22個なのに、買ってきたのは18個入り。フットジョイ専用のグッズなのに、なぜ数が足りない?

おかしいだろ、クレームものです。が、しょうがない、足りない分は元からついてたやつで当面は我慢です。

あらためて、全景。

グッドイヤーの縫い目が目を惹きます。

うん、カッコいいです。グッドイヤーウエルトのUSメイドでラウンドしてる人なんて、今はもうほとんどいないでしょうね。

腕前は三流ですが、足元は一流です。足して2で割って、二流くらいのスコアで上がれたらいいな。まあ、今回は古い仲間とのプレーを楽しむことはもちろん、この靴自体を堪能してこようと思います。

そんな楽しみ方は、靴おたくの私らしくていいんではないかと。

 

で、問題は、ゴルフ場まで何を履いていくか、です。ラウンドが本格靴ですから、前後も本格でなくてはバランスが取れません。

いやはや、今年も最後まで悩みがつきませんが、来年もこんな感じで悩み、楽しみ、買い、売り、メンテして、履いて、を楽しみましょう。

 

 

そんなこんであっという間の令和元年。

本年も1年お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

結局、11月~12月に買い込んだ沢山のペアをメンテできぬまま、ブログで紹介せぬまま年を越してしまいました。

加えて、年末年始にまた買い込むんだろうな。靴溜まりができそうです。

 

年始ですが、

【1月7日(火)】スタートの予定です。

少し長めの休暇のあとは、ぶっ飛ばしていきたいと思います。

来年も引き続きお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です