マイファースト FOOT-SO-PORT

こんにちは、ばしです。

 

ついこないだ正月休みが終わったと思ってたのに、早くも2月ですね。

で、1月、も、靴を沢山買いました。

1月の売り買いの状況は近々ご報告しますが、とりあえず数えてみましたところ、7足!買ってました。わお。年始から飛ばし過ぎですかね。

ですがまあ、沢山買ったけど出費はトータルで17000円弱ですし、結構売れて収支もプラスだし、置き場がないこと以外は順調な2020年のスタートとなりました。

そんな1月を祝して、今回は先月買った中で一番嬉しかったやつ。

こいつ。

 

フットソーポート シュプリーム Vチップ Foot So Port Supreme

SIZE:10 1/2 A
7eyelets
Made in USA

マイファースト・フットソーポートです。以前から欲しい欲しいと探していたものの、なかなか出会えないでいたVチップ。今年こそは手に入れたい、と思っていた矢先、IRONさんからメッセージが(参考:IRONさんのブログ「Ramblin’ On My Mind」)。曰く、良さげなフットソーポートがメルカリで出てる、ウィズ換算したらばしさん入りませんか?とのこと。

10ハーフはでかそうなものの、Aウィズだといけるのかな。インソックのロゴもくっきりはっきりなグッドコンディション。なのに、信じられないほどお買い得価格。サイズ換算、とはいっても想像つきませんが、常々このペアをWATCHされてるIRONさんの見立てですし、きっと大丈夫、ええーい、ままよ!と、ソッコーでぽちっとゲットさせて頂きました。

楽しみにしつつも、見た目にロングノーズ過ぎないかな、捨て寸長過ぎたらどうしよう、などと若干心配しながら待つこと数日。届いて、早速足入れてみました。

おー、メチャいい感じです! 10ハーフな筈なのに、そんな長くない。で、幅はジャストです。こんなラッキーなことがあっていいんでしょうか!? と思えるほどのラッキーなお買い物でした。IRONさん流石の見立てです、重ねがさねありがとうございます。大切に履きます!

 

 

FOOT-SO-PORT

拙ブログで初登場のフットソーポート。ビンテージ靴好き以外の人にとっては聞いたことのない名前かも。あらためて、こんなシューメイカーです。

1927年アメリカ・ウィンスコンシン州にて創業。Orthopedic Shoes(オーソペディックシューズ、整形外科学に基づいてつくられた矯正靴)の専門メーカーとしてスタート。ALDENやWRIGHTと同様に、高いクオリティを誇っていました。

土踏まず部分が盛り上がった独特の形状。FOOT-SO-PORTは独自で開発したインソールの「arch support system(アーチ・サポート・システム)」と言う特許を持っています。なるほど、「Supreme」の文字の下にパテントナンバーが印字されてます。この土踏まず部分、とても気持ちいいです。

残念ながら、1990年代のファクトリー火災でラストが消失してしまい、今では生産を終了してしまっているらしい。このペアは何時ごろの生産なのでしょう?1980年代くらい、ですかね。年代判別法は確立しているのでしょうか?そのうち調べてみましょう。

うーん、早く履きたい。

早速メンテです。

いつも通り、まずは左から。

 

 

ステインリムーバーで汚れ落とし

うーん、良い革質です。もちっとする感じ。爪先、少しスレがありますが、そんな目立たなさそうです。お次。

 

LEXOL(でさらに汚れ落とし)

歯ブラシにとってゴシゴシ。最近のルーティンです。アッパーはもちろん、コバ部分の汚れもこいつで綺麗に掻き出します。

 

TAPIR レダーオイル

あれ、保湿が先、でしたっけ?順番間違えたかも。まあ、しょうがない。とりあえず、保革&油分補給です。で、アッパーの古い汚れがオイルでさらにとれいていきます。

 

デリケートクリームもどき

100均のヒト用クリームです。まあ、いつも通り。

 

コロニル1909シュプリームクリームデラックス

いつものルーチン。SUPREMEにはSUPREMEで仕上げです。おおー、い感じ。

 

右も仕上げて、ビフォーアフター。

【BEFORE】

【AFTER】

うーん、素晴らしい。トゥのスレも目立たなくなりました。別の角度から。

【BEFORE】

【AFTER】

7アイレットにAウイズの細身なスタイルが独特でカッコいいです。で、やはりビンテージと呼ばれる靴は、革質もいいですね。爪先だけ、ビフォーアフター。

 

【BEFORE↓】

【ステインリムーバー後↓】

【LEXOL後↓】

【TAPIR後↓】

【デリケートクリームもどき後↓】

【コロニル1909後↓】

うん、いい感じです。

で、10ハーフのこのペア。実際どのくらいのサイズ感かと言いますと、こんな感じです。

左:FLORSHEIM 92604 KENMOOR。8ハーフEウィズのこいつ、厚手の中敷き1枚入れてちょうどくらい。

右:Allen Edmonds Boulevard。8Cのこいつは中敷きなし。そのまま履いてややタイトめフィットです。

中:今回のFOOT-SO-PORT。10ハーフなはずが、9くらいな印象です。7穴で羽根部分の長さがあるせいでしょうか、全体的にバランスが取れた印象で、見た目にもそんなに長くは感じません。

で、足を入れた感じでも、一番フィットするのが今回のフットソーポートです。幅がジャストなだけでなく、長さもそんなに長いとは感じません。

どんな塩梅なんでしょう。

今後、でかめのAやBウィズのペアを自分用として検討するうえで、一つの目安、となりそうです。

 

最後に再度、アップで。

うん、素敵です。

これぞまさにVチップです。

兎に角にも、年始早々、素敵なペアを手に入れることができました。

1月。

2020年のスタートは、幸先いいものになりました。

 

ハッピー♪

2件のコメント

  1. 自分でお薦めしておきながら、羨ましいです(笑)
    なにせ今、一番欲しい靴ですから。

    ウィズ換算ですが、
    ハーフサイズ下げるごとにウィズを1段階上げていくと10.5Aは8.5E相当になりますね。
    でもこれまでの経験からAウィズの靴は8.5Eよりも幅はタイトだろう、ということは大体8.5D位の幅と想定するとばしさんのサイズ位になるのではと思った次第です。
    そして、ばしさんは私と違って甲が低いのでAウィズの靴が合うのではとも。
    さらにもし合わなかった場合はばしさんが上手く転がしてくれるだろうというのがお薦めした最後の決め手です(笑)

    実寸は確かに長めですが、Vtipの形状のおかげか長く見えませんね。これがスクエアトゥだと大きく見えてしまったかもしれません。

    そう考えると今回は全てが上手くハマった靴ですね。
    う~ん、やっぱり羨ましい。

    1. IRONさま
      いやはや、流石です。ありがとうございます。
      足入れのサイズ感もそうなのですが、見た目的にも長く見えなくて、
      ほんとびっくりしてます。
      今回のペアは転がすこと100%ありませんで、私の足元にステイとさせていただきます!

Iron へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です