ミイラ取りがミイラに、SHANGHAI

こんんちは、ばしです。

 

人生初のメルカリ出品は昨年2018年の4月でした。早いもので約1年経ちました。

出品するだけでなく、どんな靴がいくらくらいで流通しているのか。

いくらぐらいで売れて、また、売れてないのか。

出品者目線で、みているだけで参考になります。

一方、メルカリ内を散策しているだけで、知らなかったメーカーや知らなかった世界に触れられて、一個人として触発されることもしばしばです。

若い方に人気のブランド、で、ほー、こんな本格的なのもあるのね、などと、見ているだけで勉強になるし、楽しいです。

こんなのが売れるんだ。こんなの買うんだ。業者さんもおられますが、出品者の大半が一般の方々だから、でしょうか。よくもまあ、今まで大切に持ってたね。とか、旦那さんのを勝手に売っていいの?とか(笑)。単なる「売り買い」に留まらないドラマ性を感じることもしばしばです。

 

しかし、私にとってメルカリは、あくまでも履かない靴を手放すための場です。

決して仕入れの場ではありません。

あ、いや、そもそも仕入れという概念はなくてですね、あー、いや、その・・・。

まあ、実際、メルカリで靴を買って、その靴を売ったことはありません。それは私の流儀ではありません。足で稼ぐのが私の流儀です。こんな店にこんなものがこんな値段で!という発見が嬉しい。また、そんな店を人知れず発掘するのが楽しい。

娘や嫁の靴はメルカリで買っても、自分用は買わない。買ったことありません。ずっとそう、これからもそうと決めていたのに・・・。

1年持ちませんでした。

嬉しい誤算。

こいつのせいです。

 

 

CHURCH’S  SHANGHAI

 

・SIZE:UK7(?)
・Uウィング
・Made in ITALY

「シャンハイ」と書いて「シャンガイ」と呼ぶらしいチャーチのモデル。ゴムソールにも「CHURCH」。英国靴にしては意外と派手です。

で、こいつは、英国靴なのにイタリア製、らしい。さもありなん。

 

 

SHANGHAI

2011年にリリースされたチャーチのモデル、”SHANGHAI”。

新しいデザインのモデルではありません。

上海が英国の半植民地だった時代、1929年のモデルの復刻版だそうです。

大切に履かれていた当時の実際の靴が、チャーチの工房に修理に持ち込まれた。で、そんな当時の古靴に触発されて企画・製作されたのが復刻SHANGHAI。

ただし、そのままの復刻では面白くない。

ということで、新品の靴を1足ずつ職人がわざわざビンテージ加工を施すという手の入れよう。で、そんなビンテージ加工を可能にする技術がイタリアにある、ということで、メードインイタリーだそうです。

一見するとグッドイヤーですが、マッケイとグッドイヤーのいいとこ取り製法のブレイクラピッド製法。ゴムソールも踵の減りまでダメージ加工を施してあるらしい。

 

新品なのにビンテージ、という、このモデルは、イタリアでは2011年の発売当初、あっという間に大ヒットモデルとなり、品薄状態に。日本でも入手はなかなか困難だったそうです。で、今も続くモデルになっている模様。

ほー、そんなペアなんですね。

ですが、別に、そんな人気のシャンガイなるペアを前々から欲しかったわけでも、イタリアメイドのチャーチが欲しかったわけでもありません。恥ずかしながら、このペアをみるまで、そもそも存在すら知りませんでした。

単に、ビンテージライクな雰囲気に惚れてしまっただけ、です。

ええ、お察しのとおり、Uウィングの面構えにいかれてしまいました。

買って後悔はありません。というか、大満足です。

こいつは、このところ「当たり」続きのマイサイズ・自分用です。

 

ジレンマを抱えつつ、さっそく手入れです。

 

 

 

シャンガイをメンテ

ジレンマです。なぜ、ジレンマ、なのか?

普通は、古くなったビンテージをいかに蘇らせるか、が、ビン靴趣味の楽しみであり醍醐味なんだと思います。

今回はどうか。

そもそも新品時点でビンテージ風です。なぜなら、そんな加工だから。

で、そんな靴のおそらく中古です。

どこまでがビンテージ加工で、どこからが使用によるものか、判別できません。

で、どんな風にメンテしたらよいか?

普通なら新品時を目標メンテするわけですが、こいつは新品時点でビンテージ風です。ですが、使用された分は手入れしたい。

うーん、落とし処が定まりません。ややこしい。

けどまあ、私にとっては、そんなものとは露知らずに見初めたUウィングです。当初の想定どおりでいきましょう。まあ、特段汚れもなさそうなので、ブラッシングして、ステインリムーバーはなし、で、あとはいつもどおり。

まずは左から。

 

(1)デリケートクリーム

(2)モゥブレイプレステージ・クリームナチュラーレ

(3)コロニル1909シュプリームデラックス

そもそも、新しい革です。痛みは見た目だけ。ダメージはゼロです。で、チャーチの靴です。半端なわけがありません。

右も仕上げて、こんな感じ。

 

美フォーアフター(笑)。

 

 

 

いやはや、素晴らしい。さっそく履いてみました。

サイズもちょうど。柔らかな履き心地。文句なしです。

 

”SHANGHAI”なるペアは、キルトつきのベルティッドスリッポンのようです。こんなやつ。これ、新品の写真です。キルト部分もヴィンテージ加工済みとのこと。芸が細かい。

で、レースアップ仕様の今回のペアは、”SHANGHAI2”なるモデルだそうです。たしかに、内側の印字にも「2」とあります。

で、調べてみたところ、現行モデルにはレースアップ仕様の「2」はラインナップにはないようです。うーん、私にはこっち(「2」)のほうが断然素敵に見えるのですが、好みは様々ですね。

 

どうやら私は、ラテン系の血は薄いようです。

ま、靴に関しては、それもオーケーですな。

がしかし、恋愛に関しては、も少しラテン的な情熱家でもよかったかも、今さらながら。

いや、まだ間に合う!かも?こいつ履いて今からチャレンジです!

いや、それなら足元は「2」でなくラテン系のキルトスリッポンの方やない?

いや、それ、持ってまへん・・・。

 

うーん、ジレンマです。

 

 




2件のコメント

  1.  ばしさん

    お疲れ様です。
    メルカリで、こんなに珍しい靴をゲットできるとは…。
    あいかわらず引きが強いですね。すごい。

    シャンガイ、プラダグループに移ってから出されたと思うのですが、あまりに
    斬新で、『最高級靴読本』に載っていたと思います。
    ただ、ビン靴として買うと、演出なのか、本当にクタってるのかわかりにく
    いですね(笑)。

    僕は、ジョーニーデップを信奉しているので(笑)、
    https://kawagutufurugichuuko.com/johnny-depp-boots
    ぼろぼろのブーツも全然アリだと思ってます。
    ただ、格好良いひとがやらないとなんとなく、ただ野暮ったいだけ
    になりそうな(笑)。
    あとは、リアル労働者みえるパターンですかね。←僕はこっちに近いです。

    ではでは、失礼します。

    1. しんのすけさん

      お疲れ様です。
      単に、Uウィングの古めかしいのがある、と思って買ったのがこいつで、そんなシャンガイなる靴とは露知らず、でした。
      で、おっしゃるとおり、どこまでがビンテージ加工で、どこからが使用によるものか、さっぱり分かりません笑。
      ジョニー・デップですか。良いですねえ。私、彼と誕生日1日違いです。
      私もぼろぼろな感じは大好きなのです。似合ってるかどうかは別にして、なんか、ストーリーがありますよね。
      自分の世界にひたれる、それがいい。ひたりたい。
      ですが、私の場合、さずがに50才近くになりますと、家内から「いい歳してやめといて」、と、ストップがかかります。
      困ったものです。

bashi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です