えんぴつフローシャイム

こんにちは、ばしです。

 

先月ドイツから届いたUSメイド2足。

 

1足は、3穴のLYTTON’S

詳しい方からコメントで、Plymouth Shoe Company製造だと教えて頂きました。

内側の印字などのスタイルが全く同じらしいです。

(参考:SUPER8SHOESさんのPlymouth Shoeのペア)

で、こいつ、9Bサイズ、なのに中敷きなしでほぼジャストサイズ。

無事ローテーション入りしました。

 

もう1足は、フローシャイム。

こちらが本命だったのですが、自分では履けない。なもんで、放置したままでしたが、先週末にようやく重い腰をあげてメンテしました。

こんなやつ。

 

FLORSHEIM PUNCHED CAP TOE

 

一見して、なかなかに古そうなやつです。

よっしゃ! 掘り出しものゲット!

のはずが、届いてみれば、小さくて履けません。いや、厳密にいうと、細い。

足を入れたら入るには入りますが、たぶん歩けません。

一気に熱が冷めましたが、なかなかに変わったフローシャイムです。

メンテしながら細かくみてみることにしました。

 

 

ライニング

・SIZE:8C/AAA
・品番:2158
・アルファベット表記:GE

8Cはなんとか入る私。ですが、AAAというのは届くまで全く分かりませんでした。細いです。履いた感じでは、踵側がC、爪先側がAAA、といった印象。

品番は2158と4桁。フローシャイム社が懇意にしているショップ向けの別注品が4桁、との話もあるようですが、こいつもそんなやつなのでしょうか。

で、「GE」。この後で触れますが、釘穴ありのゴムヒール仕様ですので、1964年7月製の可能性が高そうです。その割には、コンディションは申し分ない。

 

 

ソール&ヒール

ソールはカラス仕上げ。

ヒールは釘穴ありのラバーヒール。

ソールの消耗も僅か。インソックのロゴの擦れもほとんどありませんので、ラバーはオリジナルのままで、余り履きこまれていないペア、のように思われます。

で、こいつ。

ヒールトップの側面に数字が。

「30349」とあります。なかなかに達筆です笑。

左右とも同じ場所に同じ数字の表記があります。

どういった意味・目的のものなのでしょう?

わからないことだらけです。

 

 

アッパー

7穴スワンネック。ベリーベリークラシックで、素敵です。アッパーの革質もきめ細かく、ミシンのステッチも細かい。

残念ながら右足に軽いクラックが。

まあ、使用には問題ない程度です。

うーん、履けないのが悔しい。

 

 

中敷き、ほか

ソックシートには「The FLORSHEIM Shoe」の刻印。中央に「UNION MADE」とその下の番号は「②」。

タン裏はフエルト、青窓のレギュラーラインの仕様です。

 

 

とりあえず、メンテはこんな感じでした。

 

ステインリムーバー

そんな汚れてませんでした。

 

グリセリン保湿

乾いてる風でもないですが、念のためアッパーと踵内側に、グリセリン水を投入。

霧吹きで直接吹きかけて放置です。

 

 

コロニル1909で仕上げ

いつも通り、で、ブラッシングして終了です。

 

ビフォーアフター。

 

 

 

全景。

茶色に白のステッチが映えます。素敵です。

ですが、あらためて、細い!

eBayの写真ではこんなに細くは見えなかったのに。

まあ、人は物事を見たいように見るといいますから、私のミステイクなのでしょう。

で、この細さ加減。なんか既視感があります。デジャビュです。

こいつでした。

Nardさんで購入したエドウィンクラップ。こいつも小さくて履けません。

サイズは8 1/2Bです。フローシャイムは8C/AAA。

並べてみた感じでは、足入れ時のサイズ感は同等程度、かと思われます。

が、なぜだかフローシャイムの方が長い。

で、爪先が鉛筆みたいにとんがってます。

 

名付けて、えんぴつフローシャイム。

とんがった部分は、えんぴつの「芯」相当、その分だけ、長い笑。

 

写真も含め、こんな細いフローシャイム、初めてお目にかかりました。

別注品、だからでしょうか?

そもそもこいつ、メンズ用?

レディス、なんてことはないんでしょうかね。

 

いずれにせよ、なんだか、訳の分からないやつです。

皆さま、何かお気づきの点などありましたら、ご教示ください。

今回は、そんな感じで、消化不良のまま、

 

おしまい。

2件のコメント

  1. コンビ靴ってD/BとかC/Aって具合かと思ってたんですが、C/AAAという落差の大きいのもあるんですね。しかも先端の方が細い…。かなり履く人が限定されそうですが、既成靴でこのサイズを用意しているあたり、かつてのアメリカの豊かさを思わされます(*´з`)

    1. くろまめ様
      コメントありがとうございます。
      たしかに、既製靴でのカバーの範囲を思うと、古き良き時代の豊かさが偲ばれますね。
      米国靴はでかいと思ったら極端に細かったり、想像の範疇を超えるものがありますが、
      今回の先端の細さ、ほんとあり得ないんです。思わず笑ってしまいます笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です