中古のリーガル(その6)チロリアン

こんにちは、ばしです。

 

3月ですね。春めいてきました。嬉しい。

大阪の3月最初の土曜日は、花粉が飛びまくって朝から目と鼻がつらくて大変でしたが、すっきり晴れて、日差しも暖か、まさに春の陽気でした。

絶好の靴の手入れ日和。2月後半の遠征で拾ってきた4足中の2足目。

ようやく手入れしました。

今回はこいつ。

 

 

チロリアンシューズ/REGAL,EAST COAST COLLECTION

 

 

・SIZE:24.5センチ
・ビブラムソール
・黒

 

3足目のイーストコーストコレクションです。今回持ち帰ったのはこいつだけですが、最近頻繁に遭遇するこのライン。

1980年代にスタート。約20年後、シェトランドフォックスの復活のタイミングで姿を消したリーガルの高級ラインです。

1足目のこいつ。

 

タンの色目が綺麗で、もっちりして分厚いアッパー。革の質が素晴らしかった。私にはやや小さく、すでに旅立たせました。

2足目のこいつ。

 

かっちり、がっしりと、張りのある硬い革質。こいつのアッパーも素晴らしい。油汚れを落とすべく近々丸洗い予定です。

 

3足目こいつは、初めての黒です。かつ、初めての紐靴です。サイズ表記は24.5ですが、結構大き目です。最近US8Dの私が素足でややタイトな程度。US7ハーフくらいのサイズ感です。

スリッポンの1・2足目は表記通りのサイズ感なのに、こいつは今のリーガルと同様、表記より大きめの造りです。なぜなんでしょう?スリッポンは表記通りのサイズ・造り、なんでしょうか?

仮にそうだとして、それは、このラインだけのことなか、リーガルの靴全般にいえることなのか?よくよく出くわすリーガルですから、このあたりを注意してみることにしましょう。

 

チロリアンシューズとは

あらためて、チロリアンシューズとは。

調べてみました。

人口約67万人のチロルは、オーストリアの西部、ヨーロッパの中央に位置し、北はドイツのバイエルン州、西はスイス、南はイタリアに囲まれた、オーストリアで3番目に大きな州だそう。

地形的に傾斜の多いそんなアルプス・チロル地方の牧童が履いていたチロルブーツをその原型とするのがチロリアンシューズです。

モカシン縫いの爪先と、ラギッドなソール。粗めのステッチに、2~3穴の靴ひも。アッパーの革質もオイルレザーが多いみたい。で、本格的なチロリアンシューズは、登山靴の製法として一般的なノルウィージャン製法。

要は、ハードな環境に耐え得る、素朴でアウトドアなやつ、ですな。

間違っても仕事で履いてはいけません。冠婚葬祭でもNGです。仕事も冠婚葬祭もダメで、山歩きをするわけでもない。なのに、誰もが一度は手に(足に?)したくなる、そんなスタイル。

20歳の頃、欲しかったチロリアン。パラブーツのミカエル。高くて手が出ませんでした。

30年の時を経て、思えば、初・チロリアンです。目出度い。

さくっと手入れです。

 

チロリアンシューズのメンテ

履きこまれた感の薄いこいつ。アッパーに傷もほとんどありません。ビブラムのソールの減りも僅か。とりあえず、こんな感じでいってみました。

・ステインリムーバー
・馬油ハンドクリーム
・コードバンクリーム
・コバ周りに黒のクリーム

一般的にはオイルレザーが多いチロリアン。こいつのアッパーがそうなのかどうか、不明です。ドレスシューズのようにビガッと光るのも変ですし、油分多めのクリーム系をチョイスしてみました。

左から。順に、こんな感じ。

 

 

 

アッパーのモカのステッチですが、どうやら元々は白のステッチだったようです。それを黒く塗りかえたようですが、部分的に色抜けして斑です。あらためて、ステッチだけ黒のクリーム入れました。

コバ部分はこんな感じ。

 

いわゆる、ノルウィージャンではありませんが、それ風のステッチがあります。初めて見ます。どういう作りなのでしょう?

右も仕上げて、ビフォーアフター。

 

そもそもがノーダメージのグッドコンディションでしたので、あまり変化はありません。ただ、イーストコーストコレクション、品質は素晴らしい。流石です。

きめの細かなアッパー、丁寧なステッチ。ほんとにリーガルですか。なんて言ったら失礼ですが、そのくらい間違いのないクオリティです。

転売目的で拾ってきましたが、なかなかに素敵なやつ。

ジャストマイサイズ以外は最終的には旅立たせますが、マイファーストチロリアンです。ですが、棚は満杯、靴が溢れ出てます。

うーん、どうしよう・・・。

悩んだ結果、やっぱり、売り出すことに。

よし、それならすぐにと土曜の夜にメルカリに出品したら、翌日昼前には売れちゃいました。

さすが、人気のイーストコーストコレクションです。さすがです。

で、午後には発送。我が家での滞在期間は2週間でした。

さよーならー。

達者でなー。

そんな、麗らかで悩ましく慌ただしい、素敵な週末なのでした。




 

(関連記事)

中古のリーガル

中古のリーガル(その2)

中古のリーガル(その3)

一目惚れロングウィング

中古のリーガル(その4)

中古のリーガル(その5)

East Coast Collectionのメンテ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です