嫁のドクターマーチン

こんにちは、ばしです。

 

11月後半の3連休。

家内が友達と京都まで遠足にでかけました。嵐山界隈を食べ歩きと散策、とのことで、娘のドクターマーチンを履いていきました。

帰ってきて、曰く、「マーチンってこんなに歩きやすいんや。スニーカーより楽ちん。」とのこと。

そうそう、そうやで。って、前から言うてるやん。

古靴・古着に理解の乏しい家内ですが、遂に!彼女にもビンテージデビューの時が来たようです。先月は結局メルカリで4足売れたので、売上金でプレゼントしようと、候補を10足ほどピックアップ。

どれがいいか、見といてね。

って、言ってるのに、一向に見てくれない。そうこうしているうちに、ナンバー1候補のペアが早々に売れ、ナンバー2のペアにも問い合わせのコメントが・・・。

こりゃまずい。ほっといたら目ぼしいのが全部売り切れてしまいます。一点物の中古は、タイミングが肝要です。ということで、嫁に断りもなく、ポチっといっちゃいました。

こいつ。

 

VTG  Dr.MARTIN

 

・SIZE:UK4
・茶色
・5穴
・Made in England

 

写真で見ていたまんまの、素敵な素敵なマーチンです。メンズも悪くはないですが、やはりマーチンはレディスサイズのほうがキュートですね。

黒を所望、とのことでしたが、黒でいいの、なかったし。そういえば、ナンバー1の候補も茶色だったな・・・ま、いいか。

家内も娘もUK4サイズです。で、どちらも履き口周りにクッション入りです。どちらも素敵です。今回の茶色のペア、もし家内が履かなくても、そのときは娘が履くでしょう。

そのまま売りに出す、という手もありますが、おそらく今回それはなし。なぜならこいつ、娘の黒の4穴に勝るとも劣らないキュートさです。手放すのは惜しい。

そう感じるのはきっと、5穴のスタイルのせいでしょう。5穴のマーチン、って、あまり見かけないですよね。3穴に慣れた目には4穴でも新鮮でしたが、こいつはさらに新鮮です。

 

結構履きこまれてますが、ソールの減りはそれほどひどくはありません。アッパーは結構傷だらけですが、硬く、分厚い。娘の黒マーチンよりもがっちりとした印象です。ソールのコバ部分も茶色。ミックスのシューレースの色目もマッチしてますが、家内が履くには少しカジュアルすぎるかもしれません。

 

で、とりあえず、さくっとメンテしてみました。

・ステインリムーバー
・レクソル レザークリーナー
・グリセリン水
・コロニル1909

ステインリムーバーで汚れ落としの後、先日買ったレクソルを早速試してみました。いきなりレクソルでもいいのかも知れませんが、まあ、いいでしょう。

 

丸洗いするときはいつも、まずはぬるま湯にドボン、ですが、今回はそれはなし。サドルソープと同じように、スポンジでクルクルと円を描いて泡立てます。で、泡ごとふき取って汚れ落としは完了。

アッパーは茶色。黒に、とはいいませんが、できれば今より濃い茶色に仕上げたい。革が硬いのは、単に乾燥しすぎでしょうか。ということで、一石二鳥を狙ってしっかりグリセリン保湿。

 

折角のビンテージの雰囲気を壊したくはありませんが、若者ではない、いい大人が履きます。それなりに小綺麗でないとね。

クリームもろもろ。コロニルで仕上げて、ブラッシングして、メンテ完了。

ビフォーアフター。

 

 

あんまり変わらんかな。ま、よしとしましょう。

我が家にやって来た5足目のマーチン。ほかのと一緒に記念撮影。

あれれ、みんな短靴なのに、私だけ、なぜかブーツです。

うーん、問題ですね。家族の足並みを乱すのは心外です。

ブーツでないマーチン。

私にも必要みたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です