SHARK’S ATTACK(サメ、襲来)

こんにちは、ばしです。

靴の中の話が続きましたので、今回はそれ以外で。
サメ、襲来。ということですが、鮫革・シャークスキン、アッパーの話ではありません。残念ながら持ってませんし、シャークスキン。
今回は、靴底の話です。
ビンテージではない、手持ちの普通の中古靴を2ペア、ご紹介。

 

COVE

 

・茶色のポストマン
・ポストマンなのにシャークソール
・MADE in USA
・BEAMSの別注品

 

PARADIN

 

・黒のスエードローファー
・なぜかシャークソール
・80年以上の歴史を持つメキシコの靴ブランド、らしいです

 

どちらも26センチ程度、どちらも中古です。
どちらも底が「シャークソール」。でもって、どちらもなんかいい感じ。
所詮、中古。文句あるなら、新品で同クオリティのモノ、持ってこい!といったら、きっとないんですよね。そんな感じのユルめのユーズドのペア。あ、何言ってるか、わけ分からないですね。すみません。自分でもわけ分かりまへん。

 

素足にスエード

素足に吸いつくスエード靴。かつ、おしゃれ。そんなのあります?あります!
若いころ、親父に薦められて見た映画、「太陽がいっぱい」のアランドロン。古い映画ですが、冒頭、素足に茶色のスエードローファー。かっこいいです。めちゃかっこいいフランス映画。

太陽がいっぱい 【特典DVD付2枚組】 [Blu-ray]

ドロンだからかっこいい?試してみてください。きっとあなたもかっこいい。
まったく関係ない話です。今回のペアは私には若干大き目で、吸いつかないし。でも、とにかく、きっと、人とかぶらないPARADIN。お勧めです。
・・・あ、かっこいいのは靴だからね、念のため(笑)。
ともあれ、折角の機会、映画、観てみてくださいね。吸いつきますよ~。

 

ポストマンシューズ

前掲のBEAMS別注のCOVEのポストマン。とりあえず、カッコええ。
レッドウィングのポストマン、初期はこのCOVE社製、とのことですが、そうなんですかね。ワークシューズフリークではないのですが、そう聞くと、なんか嬉しいですね。

我々の世代にとって、ポストマンシューズは憧れの靴のひとつだったように思います。毒にも薬にもならないプレーンな顔。のっぺりとしたソール。高級靴でもないのに、なぜか特別。それが、ポストマン。

 

(CHIPPEWA  POSTMAN  黒タグ 1970~80前半)

ケビン・コスナー主演の映画にもありました。タイトルからそのまんま「ポストマン」。観てませんが。ポストマンシューズの映画ではなく、ケビン・コスナーの映画だから。これから先もきっと、観ない(笑)。そんな人、私以外にも多くいそう。

ポストマン [DVD]

今回のふたつのペアは、アッパーはローファー&プレーントゥ、と、オーソドックス。で、ソールはシャークソール。という、ある意味異端児的なペアです。

シャークソール、奇抜に感じますね。でも、アッパーが普通なので、思いのほか、気軽に履けます。見た目ほど違和感はなく、履けばすんなりおさまります。

・・・・・年を重ねるにつれ、人は保守的になるもの。悪いことではないですが、小さくとも新しいチャレンジは不可欠です。シャークソール。そんな点からもお勧めです。ぜひ、トライしてみてください。

サメの歯型が大きすぎる!と言う人には朗報です。歯の波波(なみなみ)が小さめのソールもあるそうです。
その名も「小シャーク」。うーん、こしゃくな。

サメの歯みたいだから、シャークソール。
カワウソの歯みたいなら「カワウソール」、なのかな、きっと・・・。

失礼。兎に角、シャークソール!見た目と違い、歩きやすさもグッドです!

お試しあれ!

 

(関連記事)

SHARK’S ATTACK(その2)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です