East Coast Collectionのメンテ

こんにちは、ばしです。

 

1週ほど空いてしまいましたが、先日拾ってきたリーガルのメンテナンスの後半です。

前回は、汚れ落としのあと、グリセリン保湿を施したところまででした。

乾いて、こんな感じになりました。

うーん、可もなく不可もなく、といった感じです。

アッパーの革質は素晴らしく、トゥもかかと周りもしっかりとしてます。非常にハリがある硬いアッパーで、かっちり、がっちりしてます。

傷等はあるものの軽微。問題は、小指あたりのシミ?汚れ?です。

前回レノマットを投入したところはこんな感じになってます。

 

・・・あまり変化なし。アッパーが明るい色目だけに目立ちます。内側ならまだしも、外側なのでなおさらです。

しょうがない。追加作業です。この部分だけレクソル投入してみました。

 

ハブラシ使って重点的にゴシゴシと汚れ落としです。落ちてくれ~、と、願いと掛け声とともに数分間。

うーん、湿っていて、効果のほどはよくわかりません。とりあえず、全体的なメンテを進めましょう。

 

デリケートクリーム投入。

 

クリームナチュラーレ。アッパーだけでなくソールにも。

 

 

サフィールクレム。ちょうど似た色目です。

 

ブラッシングして完了。こんな感じ。

 

汚れのひどかった個所はこんな感じになりました。

うーん、落ち切りません。むしろ、ムラになって範囲が広がったような。。。

あらためて、ビフォーアフター。

 

 

だめです。改善せず。です。

うーん、行けてません。

行けてないので、筆も進まず、記事にアップするのも遅くなった次第です。

 

うーん、どうすればよいのでしょう?

このままでは済まされません。

そもそもこのシミ、なんでしょう?

こびりついてしまった油シミ、でしょうか?

 

「油には食器洗剤がいいらしい」

「クレンジングオイルはさらにいいらしい」

「酢と亜麻仁油を1:2で混ぜると効果的」

などと、ネット上ではいろんな油シミ抜き方法が書いてあります。

 

まあ、とりあえずは、ぬるま湯にドボンと浸けて、

全体丸洗い&ピンポイント食器洗剤、でいってみようかしら。

しばし、思案です。

 

プロの手を借りることなく、自分の手で、必ずや復活させてやる。

意気込みだけは十分な私なのでありました。

 

つづく(時期未定)。

 

(関連記事)

中古のリーガル

中古のリーガル(その2)

中古のリーガル(その3)

一目惚れロングウィング

中古のリーガル(その4)

中古のリーガル(その5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です