レクソル レザークリーナー

こんにちは、ばしです。

 

いやあ、暑いですね。

メンテしないといけない靴は増える一方なのですが、「メンテは屋外派」な私にはなかなかに苦行です。暑さに負けて昨日はメンテはお休み。代わりに屋内で作業しました。

特定のグッズの宣伝をするつもりはないのですが、今回はこいつの話題です。

 

LEXOL LEATHER CLEANER

レクソルのレザークリーナー。

いつ頃から使い始めたのか、どのような経緯で使い始めたのか。記憶は定かではないのですが、メンテナンスの手順の2番手、ステインリムーバーの次のステップで、歯ブラシでコバ周りを特に念入りに綺麗にする目的で使用することがルーティーンになっております。それが正しい使い方なのかはヨクワカラナイ。なのですが、すっかり馴染みのグッズです。

 

AMAZONさんで検索しますと、こんな感じで並んでヒットします。

 

左:236ml/1600円+送料
右:1000ml/3980円送料なし

当初は左の小さい方を使ってましたが、圧倒的にコストパフォーマンスの良いでかい方に切り替えました。注文履歴を確認しましたところ、前回の購入は2021年の3月。1年ちょっと経ってまだ3分の2くらい残ってます。再来年いっぱいはもちそうです。

ほぼ毎週末にメンテで使用する私でそのくらいの使用ボリュームですので、よほどのメンテ好きな人以外にはお勧めしません。ですが、靴以外だけでなく、車のシートやソファにカバンなど、レザー製品全般に使用できます。そういった意味では安くてグッドです。

 

なのですが、ひとつ問題があります。

でかいです。このでかさです。他のグッズと比べてこいつだけ馬鹿でかい。

「よく使うグッズボックス」にも入りません。保管も別扱いです。このままでは使いづらいので、別の容器(フェイスクリームの残骸)に移し替えて使用してます。

そうそう、この右の奴です。

メンテのステップごとに写真撮影するわけですが、こいつだけ説明が必要です。見栄えも良くない。で、あまり量も入らないんですぐなくなるし、取り回しも良くない。

ということで、こんなの買いました。

100均Seriaの化粧品関連コーナーにてゲット。こいつに入れ替えました。

おお、結構入ります。肩までしっかりで180mlくらい。ポンプ式かつ蓋つきで、使い勝手良さそうです。

ですが、

何が入っているのか。怪しい雰囲気です。このままだとまだ説明が必要です。

ということで、ラベルを自作することにしました。

 

 

AMAZONから画像DATAを取り込んでトリミング。

先ほどのボトルのデザインと少し異なりますね。「Leather Deep Cleaner」の「Deep」もありません。なんでも、製造時期によってデザインやら、そもそものボトルの色までも異なることがあるそうです。ザッツ・アメリカ、そのゆるさ、良し。

でもって、L判写真用紙にプリントアウト。

おお、画像が粗くてガタガタしてます。まあ良しとしましょう。

裏面に両面テープを仕込み、

はさみで切り出す。

最後に、角ばった四隅にアールつけた上で、ペタリ。

おお!なんかいい感じです。図画工作は大好きです。
この上からさらに透明のフィルムでも巻き付けたいところですが、手持ちでいいのがありません。余計なコストかけるのもなんなんで、とりあえずこのままで。

よし、せっかくなんで、

 

【BEFORE】

【AFTER】

おお!見違えました!(←バカ)

オレンジのはずが、、、

思ったより赤いです。まあ、いいか。新製品だし。違うか。
よし、これで「よく使うボックス」にすっきり収まるはず・・・

いや、そんなはずはないです。

収まりません。そもそも最初から溢れ出ててるし。

この黒いボックス、何かの使いかけで余っていたのを再利用したのですが、そろそろ限界のようです。ちなみに、「よく使うボックス」があるということは、「たまに使うボックス」というのが別にあります。ちなみにそちらの方が無駄にでかかったりします。

よし、いい機会です。折角ですので、カッコイイのを自作しよう。折しも夏休みです。夏休みといえば自由研究です。8月中にDIYです。木製にしよう。使い勝手の良い、素敵なやつ。完成したらお披露目します。

 

その前に、やらなければいけないことが。

メンテ待ち4足。
内2足はメンテ後即入院予定です。

 

いやはや。

 

(おしまい)

 

レクソル レザークリーナー (LEXOL LEATHER CLEANER) 1000ml 【並行輸入品】

新品価格
¥3,980から
(2022/7/30 17:38時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。