ゆく靴くる靴(2020年6月)

こんにちは、ばしです。

 

7月です。
あっという間に6月が、上半期が過ぎてゆきました。
もう半年。まだ半年。

ということで、7月最初の今回は先月の振り返りです。

6月はこんな感じでした。

 

◎売り・・・・4足
◎買い・・・・5足
◎収支・・・・11,487円のマイナス

 

最近、売れるのは安い靴ばかりです。
でもって、先月は私にしては高めの値段の靴を買いましたので、まあ、こんなもんでしょう。

で、今回ですが、少し変則です。4月と5月に各1足ずつ、カウント漏れがありまして、便宜上今回で合算いたします。

 

◎売り・・・・4+2足
◎買い・・・・5足
◎収支・ ・・7,417円のマイナス

 

まあ、どっちにしてもマイナスなんですけどね。とはいえ、売れた6足に限ってみれば損益はプラスなんですけどね。キャッシュフローは6月もマイナスでした。

こんなやつらでした。まずは売りから。

 

【旅立った靴その①】BLUNO MAGLI

コンビのウイングチップ。薄汚れたオフホワイトに色を入れることでごまかしたやつ。なかなか楽しめました。しっかりとした造作のいい靴でしたが、結局1度も履くことのないまま、旅立っていきました。達者でな~。

 

【旅立った靴その②】TANINO CRISCI

先月久々にリアル店舗でゲットした転がす用のタニノ。
出品したらその日中に売れてゆきました。
さすが人気のタニノクリスチー。我が家での滞在日数は1日半でした。
達者でな~。

 

【旅立った靴その③】J&Mアリストクラフト・シングルモンク

どうしても手放さないといけないわけではなかったのですが、増えすぎて減らさねばならない。で、消去法で売りに出してたやつ、旅立ちました。サイズも色目も期待通りだったみたい。大変喜んでいただけたみたいでよかったです。まあ、いい靴でしたから、新たな持ち主の元で輝いてくれることでしょう。

 

【旅立った靴その④】FREEMANヴァンプローファー

アンノウン扱いで拾ってきたこいつ。素敵な靴なのですが、1年で出番は数度。ということで、こいつも消去法で出品してましてようやく旅立ちました。試し履きせずに購入するにはサイズ面でリスクがあるスリッポンですが、以前にほかの靴を購入頂いていた方のもとへ。前回購入頂いた靴がジャストサイズということで、基準がありますのでやり取りもスムーズ。懸念されたサイズも問題なく収まりました。
靴は履いてなんぼ。サイズ感が命ですものね。めでたしめでたし。

 

【4月に旅立ってた靴】 KIDS LOVE GAITE

昨年秋に息子にと購入しましたがサイズ合わず。私が数度履きましたが、やはり若い人向けのスタイルです。ようやくバトンタッチです。数百円マイナス出ましたが、そりゃまあ、そんなこともありますわな。しかしまあ、カッコいい靴でした。日本製もやりますな。

 

【5月に旅立ってた靴】白黒ジャーマン

きれいに手入れして転がすようにと拾ってきたやつ。お安くゲットでお安くコロコロ。僅かながらも損益はプラスです。小さなことからコツコツと。
しかしまあ、ジャーマンはいつもなかなか売れません。リーガルの方がまだ転がしやすいです。モノとしては、リーガルのレギュラーラインよりもジャーマンのほうが大分上かと思うんですけどね。

 

売りは以上、4足+2足。
一番高いペアでも5500円ですから、まあ、そんな儲かる訳ないですよね笑。

引き続き買いの4足。こいつら。

 

【拾ってきた靴その①】STETSON

ようやく手に入れたマイファーストSTETSON。
布タグの、おそらく1950sのPTB。
最近メルカリでの購入割合が高いです。
一生手放さないやつが1足増えました。

 

【拾ってきた靴その②】WRIGHT Arch Preserver Shoes

こちらもようやくマイサイズを手に入れたWRIGHTのペア。
こちらもメルカリでゲットです。
こいつもたぶん、手放さないだろうな。
安かったし、良い買い物できました。

 

【拾ってきた靴その③】TANINO CRISCI

今回2度目の登場です。
「今は亡きシューメイカー」なんて言われると触手が動きます。
で、そんなやつが1000円未満ならなおさらです。
久々のリユースショップでのペアは、利益率高めのペアとなりました笑。

 

【拾ってきた靴その④】Kent & Curwen タッセルローファー

メルカリにて。ずっと3000円くらいだったのが2000円弱になったとお知らせが。ちょうどTANINOが売れた直後だったんで、その儲けで買っとけと相成りました。安いペアですが、モノは悪くないし、結構気に入ってます。
週末に追加作業予定です。

 

【拾ってきた靴その⑤】ナイキ・エアリフト

こいつはリユースショップでゲット。
ジム通いを再開するにあたり購入しました。
クッション性の高いスニーカーを探していたところ、運良く遭遇。
ジムのある体育館前で記念撮影してみました。履心地もSo Good。
着脱もカンタンで、なかなかよくできた靴です。

 

 

【6月の総括&雑感】

2020年のテーマは、

◎2019~2020で収支プラマイゼロを達成する
◎自分なら履かない欲しくないのは拾ってこない
◎量より質にこだわる
◎本格ビンテージシューズをメインに扱う
◎売り越して靴棚から溢れた状態を納める

上記5点に照らしますと、

◎収支は横ばい(▲104,714円)
◎1足はハナから転がす用でした
◎売りも買いも、グッドクオリティ
◎売りも買いも、ほぼビンテージ中心
◎増えた1足はジム用の必需品

前月に引き続きメルカリ主体ですが、月の後半からリアル店舗の品揃えが少し戻ってきたような気がしてます。

7月1足目で狙ってるのもリユースショップで発見済です。売れずにいたらゲットしよう。

 

6月が終わりましたので、本年上半期のみに限定して振り返っておきましょう。
こんな感じでした。

えーと、ですね。少しばかり頑張り過ぎましたかね。

ちなみに、昨年2019年は、年間で35足増&収支は34,521円のマイナスでしたので、数量は前年並み、収支はかなり悪化してます。

マイナスが大きくなったのは、「コロナ禍で買えなくなっては困る」と、2~4月に欲張ったせいかと思われます。結果、我が家の私の靴が遂に100足を越え、方向転換をしたのが5月。意識的に買いを控え、売りに注力してます。数値に如実に現れているかと思います。

上半期での収支の悪化は、「コロナの所為」といって差し支えないかと思います。

コロナの先行きはまだまだ不透明ですが、東京以外は一旦はピークアウトしましたので、活動再開です。とはいえ、①MAX100足をめどに、②売りに比重を置きつつ、③収支の改善に努めてまいる所存です。

以上、下半期スタートにあたっての初心表明でした。

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です