拾ってきたMADE in ??

こんにちは。ばしです。

先日、祖父母の墓参りの帰り道。ハノーバーLBシェパードを拾って喜んでましたが、実は、もう一軒、リサイクルショップに立ち寄ってました。服と靴がメインのリサイクルショップ。数年前に、同じく墓参りの帰りに覗いたことのある店です。

ドクターマーチンが豊富で、店内には一律7900円で色んなモデル、状態、のが鎮座してました。で、珍しい形のステイシーの、おんぼろいのが900円。うーん、面白いチョイス、だけど、ぼろいし、履かないし。で、そのそばにあったのがこいつ。ホコリかぶって、一人ポツンと鎮座してました。場違いなやつ。

 

キャップトゥ 銀座ワシントン靴店

 

・黒
・5穴
・レザーソール
・360グッドイヤー
・SIZE:8

ビンテージ色の薄い古着屋=リサイクルショップ、って、掘り出し物が豊富です。兎にも角にも、商品価格の上限が低いです。数万円、なんての、置いてないし。で、おそらく、ご高齢の方の遺品なんかが持ち込まれたりするんだと思います。私みたいなお宅は稀、きっと。

で、買い値も売り値もお手軽な、まさにリサイクルショップ!で、そんな店にこそ、面白い、掘り出し物がたまにあったりします。こいつもおそらく、そんなペアです。

 

ホコリ、といいうより、タンは少しカビっぽかったこいつ。500円玉4枚。ありえんっ。持ち帰ってケアしてみました。特別なことはなにもなし。ステインリムーバー→デリケートクリーム→シュープリームデラックス→黒の舌咬みそうなワックス。で、こんな感じ。

 

 

うん、すばらしい。キャップトゥの真一文部分のへり返し、立体的な作りのヒールカップ。アッパー(恐らくカーフ)の質もきめ細かで、軽く磨いただけで輝くように光ります。全体的にしっかりとした、分厚い印象です。

銀座ワシントン靴店のロゴのインソック。同店のオーダー品の場合は普通、MADE in JAPANのセンチ表記です。が、こいつはなぜかインチ表記。ワシントン靴店の他のオリジナルのペアを見たことはないのですが、こいつのクオリティ、日本製ですか?これがメイドインジャパンなら、これから毎回メイドインジャパンでいいです。てなクオリティの高さです。

MADE in JAPAN?ENGLANDでは?サイズ感も、クオリティも、そうとしか思えない出来栄えです。ポールセンスコーンのキャップトゥと並べてみました。こんな感じ。

うん。全然負けてません。

サイズ的には、、、あれれ、ほぼ同じですね。左がUK7ハーフE。右が「8」。UK8?US8?うーん、一体ぜんたい、どんな由来の靴なのでしょう?もろもろ調べてみるも、情報不足。

で、ワシントン靴さんにメールで問い合わせてみましたが、あちらでもわからん、みたいです。

曰く、「GINNZA TOKYOにてクオリティの高い靴を販売するということで当該ロゴを押印していた時期もございました。ただし、以前の資料はございませんで、これ以上のことは・・・」とのご返事でした。余談ですが、日曜にメールしたら、翌日月曜には返信きてました。さすが、すばらしい応対です。

 

で、こいつ。お安く拾ってきたし、転売目的でした。なのに、またもや!そんなのに限ってこんなやつです!若干だけ大き目サイズ、なものの、普通に履けるし。で、未だ出自不明なもののこのクオリティ。

はあ、売りたいけど、もろもろはっきりするまで売れないっすよね。
お詳しい方でこいつの由来お分かりの方おられましたら是非是非ご教示ください。
ていうか、はっきりしたらますます売りたくなくなるかも、そんな予感。

今回は、そんなやつなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です