フローシャイムのグッズ

こんにちは、ばしです。

 

お気に入りのキャラクターやブランド。
どうせなら関連した商品も欲しい、となるのが世の常、人の性ではないでしょうか。私の場合、このところ「フローシャイム」のグッズを集めてます。

米国ビンテージ靴界の雄・フローシャイム。

とはいえ、古靴好きな人でもなければ「フローシャイムって何?」というのが実情かと思います。そんなフローシャイム。古靴は国内でも十分流通していて簡単に入手できますが、関連グッズとなりますとそうはいかない。結果、海外、お膝元のアメリカで買い求めることが多くなる。で、送料はあまりかけたくないので、サイズの小さいものを漁ることが多いです。

まあ、漁るとは言っても「蒐集家」というほどでもありません。たまたま出会ったものを買ったり、たまに思い出したようにebayなんかで探してみたり、といった程度です。転がさないから儲かりもしない。なもんで、投資ではなくあくまでも消費(浪費ではない、断じて)ですので、あまりお金はかけない。たまに買う程度です。

とはいえ、ちょこちょこと買い集めているうちに割と集まりはじめました。記録も兼ねてここらで一旦まとめてお披露目です。おおよその値段(送料含む総額)なども合わせて付記しておきますので、なにがしかの参考になりますれば幸いです。

以下、ばらばらとご紹介します。

 

 

◎シューツリー

フローシャイムのシューツリー。
全部で3.5ペアあります。買った順番にご紹介。

 

ひとつめ。

3333円。メルカリで購入。「海外に買い求める」なんていいながらいきなり国内でですが、大満足なやつです。

フローシャイムのロゴ、ここに入ってます。
常時コードバンのPTBにINしてます。

ふたつめ。

先ほどの似てます。42カナダドル。まあ、値段もおなじくらい。

使用には問題ないのですが、なぜだか右と左で色とサイズが異なる。左「6」。右「5」。まあ、使える、使えるんですけどね。売りづらいね。違うか。

みっつめ(2.5め笑)。

24.75ドル。「84」て何?サイズ?8D?いや、それなら「48」のような気もしますが。「ばし」とも読めます笑。サイズは8Dくらいです。

ただし、片方のみの出品だったみたいで、使用不可。涙。

4つめ。

たしか3000円くらい。サイズ小さめ。タグ付未使用。素晴らしい。

近所の骨董品店にて。店中が「和」なテイストな中にぽつんと紛れてました。

実用品であるシューツリーですが、海外から購入すると「片方だけ」とか「左右サイズ違い」なんてことも(←バカ)。購入後にあらためて確認してみたらそのように説明書きがあったりするのですが、英語だし、そんなきめ細かく目を通さないし。結局、日本で買った2ペアはベリーナイスです。ですが、まあ、これ以上はもう要らないかな。

 

◎靴ベラ

どちらも大阪のビンテージショップ・ODDMENTSTOREさんで購入。
どちらも3000円前後でしたが、栓抜きタイプの方が高かったような。
どちらも年代はよくわかりませんが、どちらも筆記体ロゴです。

夏場は家に置いたままですが、上着を着る季節には栓抜きタイプのをジャケットの胸ポケットに潜ませます。薄くてすっきり収まるので、ビンテージのシューホーンは栓抜き型がオススメです。
海外だと10ドル前後で売ってますが、送料がかかり結局国内のショップで買うのと値段変わりません。よほど気に入ったどうしてもコレ!というもの以外は、国内で気長にお気に入りを探すのがいいかも。お店の人とも仲良くなれて、話にも花が咲いて、楽しいかも。

 

 

◎ポストカード

フローシャイムのポストカード、というよりは、風景にショップの看板があるだけです。ですが、「florsheim postcard」として売られてますので、一定のニーズがあるんだと思われます。

8枚まとめて記念撮影。デッドあり、ユーズドあり笑。で、どれも送料含めて5~10ドルくらい。モノによってショップによって20ドルとか30ドルなんてのも売りに出されてますが、そういうのは手を出しません。たくさん集めたいんで、安けりゃ安い方が良い。9枚目が間もなく届く予定です。

リビング脇の私専用のPCコーナー。50枚くらい集まったら、この壁に貼りまくろうと思ってます。家族の許可で出たら、の話ですが。

 

 

◎トランプ

商品9ドル送料22.8ドル。国内で探しても同じような値段のような気がします。開けてみましたところ、ジョーカーが入ってなくて52枚でした。

約1000句詠んだ「靴川柳」の自選のナンバーワンがこのトランプを詠んだもので、なかなか感慨深いです(「靴川柳・自分で選ぶ・ベストテン(完結編)」)。見るだけ専用です。というか、色あせしたら嫌なんで、しまいこんでます。まあ、コレクションなんてそんなもんです。

 

 

◎フローシャイムTシャツ

これは売ってません。買えません。2020年のGW、1回目の緊急事態宣言の際に暇つぶしに自作しました笑。小さめのロゴ画像を大きく引き伸ばしたら、ビンテージ感がいい塩梅に出てきました。

アイロンプリントで転写して作成してます。この夏はあまり着ませんでした。世界に1枚だけですので、私だとばれてはまずい。はは、誰もオッサンの胸元なんて見てないんですけどね。

 

 

◎手鏡

セラー曰く1910sとのことですが、まさかそんなには古くないでしょう。おそらく1950s前後。ハウス型ユニオンスタンプですから、新しめに見積もっても1960s。まあそれでも十分ビンテージ、結構古いものではあります。

手のひらサイズの手鏡。「フローシャイムグッズ」ではないのですが、ビン靴グッズとして購入。送料含め36ドル。半分が送料です涙。ですが、これでも比較的安く買えたみたい。使う予定はありません。まあ、コレクションなんてそんなもんです。

 

◎SHOES thru the ages(小冊子)

これも番外編的なやつです。この小冊子、Florsheimを傘下に置いていた時代の「International Shoe Company」の教育部門が作成したものらしいです。

35.51ドル。安くはないな。なんで買ったんだろう?
最後のページに、同社の保有するブランド一覧があり、その中に”FLORSHEIM”の文字もあるので、まあ一応、フローシャイムグッズということで笑。詳しい内容と前頁の見開き写真をこちらの記事で紹介してます。

 



 

まあ、買ったのはこんな感じ。かさばらないのモノとしてはほかに、雑誌の広告の切り抜きやマッチなんかがありますが、まあ、おいおい手を出しましょう。

で、かさばっても欲しいものもあったりします。こんなの過去に検討しました。

 

 

◎また出会えたら次こそ買ってみたい奴ら

すべてSOLDのものばかりですが、次出会ったら買いたいな。全て過去のオッドメントさん扱い分です。インスタよりスクショ拝借しました。

 

ティファニーのペーパーウエイト。いくらくらいするのだろう?インスタで発見して、仕事帰りに早々に見に行きました。現物見れました、すでに売約済でした。いやあ、敵は思ったより多い。

 

看板、みたいなやつ。メルカリなんかでも見かけます。お値段高いです。で、結構大きいです。買って、どうする? まあ、いつかは欲しい。

 

クロックです。時計です。修理前の時点からお店で拝見してました。欲しいけど、W42×H52.5×D11.5cmってかなりでかいんですよね。買って、どうする? けどまあ、いつかは欲しい。

 

 

全部ぜーんぶ、小さく&お安くなあれ。
この気持ち、分かります? わからんですよね、きっと。
まあ、それが正常なんだと思います、きっと。

 

ところで、昨日仕事帰りに久々にオッドメントさんを覗いてきました。谷口オーナーの髪の色が金色になってました笑。お買い得なコードバンのケンムールなどありましたが残念ながらサイズが合わず。10月上旬に次回の仕入れ分が並ぶとのことなので、また覗きにいかねば。

 

ま、今回はそんな感じで。

(おしまい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です