ダブルWモンクと腰痛注意報

こんにちは、ばしです。

 

今回は、ビンテージではない手持ち靴の紹介です。
2足とも、ダブルモンクストラップシューズ。どちらのペアとも、5年ちょっとの付き合いです。

どちらも購入時は非常にタイトなサイズ感でしたが、今はすっかり伸びて、中敷き追加してちょうど良いサイズ感になってます。

 

ユアイテッドアローズ

 

・サイズ:7
・ITALY製
・革底+ハーフラバー+自作中敷き

リサイクルショップで箱つきで購入の新古品。
前の持ち主が、タイトめサイズが足に馴染まず、2~3度履いて諦めて売却したと思われるペア。当初からハーフラバー&トゥに釘。
つま先が減り、底に穴、要・修理の状態で1年以上放置(泣)。

 

FELINA

 

・サイズ:7
・ITALY製(?)
・ラバーソール+100均中敷き

マグナーニなどを扱う「オークニジャパン」という日本の商社のオリジナルブランド。会社創立100周年で売りだされたペアを新品で購入。ゴム底がヘタってきたので、ハーフラバーを手貼りして補修。

聞いたことないブランドですが、まあ、そんな悪くないです。ラバーソールなので雨の日も重宝してます。
近々、2度目のハーフラバーDIY予定の、週2~3回のヘビーローテ靴。

 

両者比較

一時、この2足で1週間をやり過ごしていたほどのヘビーローテの2足です。
サイズ感はどちらも、タイトめの25.5センチ。
革の質(きめ細かさ)は、UAの方がかなり高いように思います。新品時の定価も4000円だけUAが高め。価格差以上の差があるように感じます。

 

どちらもダブルモンクのキャップトゥですが、良く見ると2箇所のストラップの配置が微妙に異なります。

「FELINA」は、2箇所の金具の位置がほぼ一直線で、横長な感じ。
「UA」は、つま先側の金具の方だけややセンター寄りで、縦長。

先に購入したのは「FELINA」。甲を覆う面積の大きさに安心感を感じていました。その点、UAのは、つま先側がやや心もとないものの、デザインはUAのような金具がやや斜めに並ぶスタイルの方が格好いいように思えます。ま、これは人それぞれ、好みなんでしょうけどね。みなさんはどちらがお好みですか?

 

腰痛注意!

1週間をこの2足でローテーションしていたある日のこと。
週半ばを超えたある木曜日、腰のあたりにこれまで味わったことのない違和感が・・・腰痛です。
歳のせいかな、などと思いつつ、マッサージに通ってみるものの、一向に良くならない。違和感を感じたたまま、2週間ほどたったある日、突然に原因は判明しました。

なんと、左右で異なる組み合わせになっていたのでした!
1週間を2足でローテ。当然、週末の手入れも、2足同時です。気付かぬうちに左右を取り違えて下駄箱にしまっていたのでした。
どちらも黒のWモンク。どちらも黒のインソックに銀の箔押し。ロゴは違うのですが、気付かぬまま3週間ほど過ごしたようです。

本来のペアに戻したら、3日ほどで腰痛も治まりました。
いやー、人間の体って、繊細ですねぇ。

 

ところで、話は全く変わりますが、「革靴の丸洗い」なるものがあるらしいです。
水にドボン、とつけて、石鹸で丸洗いの荒業!で、革も蘇るらしい。
だいぶヘタってきたこのFELINAで、一度実験してみようと思ってます(笑)

(やってみました。こちらの記事「革靴をサドルソープで丸洗い」)

ごきげんよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です