一目惚れ、ロングウィング

こんにちは、ばしです。

私の古靴漁りのフィールド。ごく稀に遠方まで足を延ばすこともありますが、基本的には車で20分圏内のリサイクルショップが主戦場です。過去に掘り出し物を見つけた店には、割と高頻度で足が向きます。

一方、初めて足を運んで、めぼしいものが何一つなかったお店は、「しょぼい店」と頭にインプットされてしまい、近くを通りかかってもスルーしてしまうことが多いです。ま、実際には、新品でなく中古品が、常に入れ替わっているわけで、どんなお店でもタイミングによって当たり外れがあるのは避けられません。

で、過去に何度も素通りしていた、過去に1度しか足を運んだことのないお店がひとつだけありました。先日、通りがかりに、ふと、気が向いて覗いてみたところ、なんということでしょう!1万円半ばのチャーチやフェラガモほか、掘り出し物がわんさかとあるではありませんか!

もっと早く足を運んでおくべきでした。ぬぐっ、く、悔しい。何たる不覚。海より深く反省です。が、よーよー見てみたら、実際は、あれもこれもマイサイズではない。でかいか、ちいさいか。たまにマイサイズなのは全然お安くない。むしろ、高い。

ああ、やはりこの店とは縁がないのかな、と、天を仰ぎかけたところ、こいつが目に飛び込んできました。

 

シボ革ベージュロングウィング

棚の上、少し高い所に横向きに鎮座していました。この色目に一目惚れ、でした。シボ革ではなかなかお目にかからない色目です。色気たっぷりです。ビンテージ感も半端ない。そして、分厚いダブルソール。私の大好物です。ぱっと見、おそらく、サイズもちょうど良さそう。

 

手にとって、顔を見てみる。トゥ先の特徴的なメダリオン。この模様、写真で見たことはあるな。でも、手持ちのウィングチップに同じのはないな。こ、これは、いつの時代のどこのメーカー?掘りだし物、ゲットだぜ!?と思いつつ、ドキドキしながらインソックを見てみると、よく見かける5文字のアルファベットが・・・。

な、な、なんと!リーガルさんではありませぬか。こんなリーガル、見たことなーい。

 

REGAL 801R

 

いやはや、こんな凄い靴作ってたんですね。見直したぜ!惚れ直したぜ!あ、初めて惚れたから「惚れたぜ」ですね。で、あらためてリーガルさんのウェブサイトを見てみました。まんまおんなじ顔、おんなじメダリオンのロングウィングが、現行のインペリアルグレードにありました。

現行のインペリアルグレードロングウィング

今回のベージュのこいつは、「801R」という、7~8年前にすでに廃番になっているモデルらしいです。リーガルファンの方にはそうと知れた名品のようです。で、その後継種が今のインペリアル、のよう。

ダブルソール。やはりロングウィングにはこのくらいのダブルソールが雰囲気ですね。シボのアッパー。超絶ステキです。もともとこのような色だったのか、定かではありませんが、他にない色目です。がっつりケアしてしまうと、以前のMASONみたいに色目が変わりそう。メンテは軽めにしておきます。

 
 

 

サイズ表記は25。履いた感じ、US8Eくらいの印象です。足を入れたら、薄手の中敷き入れたら、ほぼジャスト、なサイズ感。グッドです。ライナーも、爪先周りの白いのは布かな?と思ったら、オールレザーでした。全体的にしっかりとしたきちんとした作り込み。新品時の定価は税別33,000円とのこと。ま、妥当か、それ以上の価値があるように思います。

この中古のペア。さすがに、いつものように500円玉〇枚、というわけにはいきませんでしたが、それほどお高いわけでもなく、コストパフォーマンスの高い買い物でした。

で、相も変わらずよくわからないのが、こいつよりもクオリティの劣る、割と新しそうなビブラムや硬化ビニールなんかのソールのペアが、こいつよりも高値で売られてるんですよね。確かに、需給バランスからいえばそうかも。同じリーガルでも、こいつよりは品質に劣っても、ベージュより黒のほうが確かに売りやすいかも。

が、しかし、しかしぃ、です。それでええのか?そんなことでいいのでしょうか?

801R。きっと、リーガルさんの気合いの入った渾身の企画、渾身のペアなのではないでしょうか。中古とはいえこの素晴らしいクオリティ。品質に見合った、も少し高い値段でもいいのではないでしょうか? あ、いや、待って、それは、困るな。。。

ともあれ、私が何かしたわけではないのですが、携わった方になんだか申し訳ないような気分になります。それくらい、グッドジョブなのにお買い得なロングウィングです。

 

まあ、しかし、今回はほんとに参りました。まさかのリーガル。見つけた時はまさかMADE in JAPANだとは思いもよりませんでした。レアな米国ビンテージでなかったのは残念ですが、いろんな意味で満足のいく、嬉しい拾いものです。

若い頃はリーガルの靴とは相性が良くなかった(過去記事)のですが、このところ、素敵なリーガルのペアとよく遭遇します。

おかげで最近、遅咲きリーガルファン、な私です。

さてさて、こいつに合うベルトを探さねば。この色目、難易度高そうです。

ごきげんよう~(笑)

 

(関連記事)

中古のリーガル

中古のリーガル(その2)

中古のリーガル(その3)

中古のリーガル(その4)

中古のリーガル(その5)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です