拾ってきたMade in England(その1)

こんにちは、ばしです。

いやー、すっかり春ですね。4月になっちゃいました。何があるというわけでもないのですが、ウキウキそわそわしてしまいます。

春。出会いと別れの春。いろんな意味で新しいスタートを切る人が多い季節。そんな多くの人たちに、幸多かれと思います。春ですし。どうせならみんな幸せなほうがええ。

で、私はといえば、週末はいつもと変わらずリサイクルショップ巡りですが、3月下旬はいつもと様子が違ったように思います。この1週間でもこんなのと出会いました。

 

家の近所のセカストではこんな感じ。

「フローシャイム8.5」と「ブランド不詳10」。いやいや、ブランド不詳、って、どうみてもフローシャイムでしょ。8.5インチのがそれと分かって、なぜ「不詳」なのかが不詳。どちらも80年代のインペリアル。

 

で、別の日。セカストの別のお店ではこんな感じ。

フローシャイムインペリアルが2足に、デクスターが1足。この春はフローシャイム祭りか?と思うくらいの、フローシャイム出現率の高さでした。

デクスター。判断しかねましたが、コードバンのように思われます。そもそも、デクスターにコードバンのモデルってあるんでしょうかね?

インソックも貼りかえられていて、そもそもこいつが本当にデクスターなのかすら不明ですが、コードバンか、もしくは、ビン靴界で悪名高いDuPont社の合成皮革「CORFAM」のいずれか。ガラスではないような。

いずれにせよ、引越しとか、転勤とか、場合によっては定年・引退とか。永らく下駄箱にしまわれていたものが春の陽気にほだされて出てきたのでしょうか?

きっと、リサイクルショップが増えたおかげで日の目を見たペアたちです。そう思うと、マイサイズなら拾わねば!なんて勝手に思ってしまいます。

写真のペアたちは残念ながらどれも私にはでかかった。全部スルー。でも、ある時、って、あるんですよね。店に入った瞬間に何か予感がするんです。あ、今日は俺を待ってるやつがいる・・・。

で、水曜日。会社帰り。予感通り、やはり、いました。それも2ペアも。いずれも英国靴。今回は、まずはこちらのペアをご紹介。

 

CLARKS  HAPSFORD

・SIZE:7 1/2
・黒のチャッカ
・スエードのアッパーにクレープソール
・Made in ENGLAND

クラークス。私を革靴の世界に引き込んだ張本人です(過去記事「僕の革靴人生の始まり」)。

クラークスといえば、デザートブーツが定番ですよね。中古も品揃え豊富です。ですが、中古も新品も買ったことありません。私にとって英国靴とは、土踏まずあたりのシェイプが効いてることが重要なのです。カジュアル靴とはいえ、のぺっ。ぺらっ。としたフォルムに、どうしても手が出ないまま今日までを過ごしてきました。

で、こいつ。デザートブーツではありません。ハプスフォード、という、ライナーのついたチャッカ。シェイプも効いてます。

う、美しい。

 

 

中古のデザートブーツとお行儀よく並んで、中古のデザートブーツと同じくらいの値段で鎮座しておりました。新品だと倍以上も値段が違うのに。状態も極めてグッドコンディションなのに。

多くの人がクラークスに求めるものは、シェイプの効いたチャッカ、ではなく、カジュアルなデザートブーツ、なのでしょうね。なおかつ、春ですし。これから夏ですし。季節的なことも影響してるんでしょうかね。お得にお安くゲットしました。

需給バランスから、いいものが安く手に入る。ま、私にはありがたいですが。秋には転売して、小銭稼ぎ、のつもりで拾ってきましたが、いやはや、結構素晴らしいでペアです。

売るかも。でも、しばらくは売らないかも。とにかく、こいつ売るなら、別の黒のスエードチャッカを先に売ろう。そんなペアです。どんなペアやねん(笑)

 

最近、下駄箱に靴が収まりきらず、溢れ始めました。嫁だけでなく娘からも注意される始末。4月は、売り出しに精をださねば。

で、性懲りもなく、話を元に戻して。拾ってきたもう1足のMade in ENGLAND。

わおっっ!興奮の詳細は次回!

って、興奮気味なのは私だけですが。今月から、不定期ですが水曜も更新します。

次回は漁って、もとい、明後日の水曜日です。

ごきげんよう!

 

 

1件のコメント

  1. このブログ、面白く初日から通して読ませていただきました。
    ヴィングツ転売と別注シューズ?楽しみにしてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です