CHEANEY ~ ブダペストより愛をこめて(その2)

こんにちは、ばしです。

 

長かった正月休みも終わり、今日から通常モードです。
初日は、昨夏に買ったスーツで。袖を通すのは2回目。
このところ、ほんとにジャケパンばかりです。
で、足元はオーソドックスかつシックな黒の英国製オックスフォード。
2019年の仕事始め。

こいつで。

 

CHEANEY

・SIZE:41.5
・黒のプレーントゥ
・175ラスト
・Made in ENGLAND

初・チーニーです。
昨年末に海外から届きました。

実は、チーニーの靴を探していたわけではなく、送料を安く上がるべく、「ついで」に買ったモノです。

こいつ、以前、「APOLLO(旧・ディンケラッカ―)」を購入したハンガリーの方から購入。届いたアポロは残念ながら、思った以上に大きくて履けない涙。で、マイサイズの東欧靴がどうしても欲しくて「Handmacher(ハンドマッハー)」なるオーストリアのブダペスターを購入したのでした。

で、2足まとめ買いでディスカウントしてもらい、さらに同梱発送で送料を浮かせるために購入したのがこのチーニー。

なのに、なのに、またです・・・。

メインのはずのブダペスター(次回登場予定)がまたもやでかい。
で、なぜかこのチーニーがほぼほぼマイサイズ、なのでした。

去年からこんなのばっかりです。

 

そんな、チーニー。こんなブランド略歴らしい。

 

JOSEPH CHEANEY & SONS

・1886年 創業者ジョセフ・チーニー氏により英国靴の聖地ノーザンプトンで設立
・1966年 英国で最も栄誉ある賞の一つであるQueen’s Award賞を受賞
・同年  チャーチがチーニーを買収
・1999年 プラダがチャーチを買収、伴い、チーニーもプラダ傘下となる
・2009年 チャーチ一族がチーニーをプラダから買い戻し独立させる
・その後、現在までチャーチ創業一族がチーニーを経営

(参考:チーニー社公式ホームページ

 

130年の歴史を誇る英国靴メーカー・チーニー。
1960年代の半ばまでは、イギリスやアメリカの有名ブランドのOEM専業だったのが、その後、OEMと自社ブランドの2本立てに変更したようです。

このタイミングがちょうどチャーチによる買収と重なるため、「チャーチの弟分」的ブランドライン、とのイメージが強いですが、全く異なるブランドなんですね。

1896年に工場を現在地に移転して以来、レザーのカッティングからファイナルポリッシュまで、すべての工程を当時から続く工場で作り続ける、そんなチーニーの定番175ラストのペア。

1970~80年頃のペアでしょうか。勉強不足で詳しくは分かりませんが、見るからに、ザ・ブリティッシュビンテージ、といった趣です。

スタイルはオーソドックスなプレーントゥ。分厚いダブルソール。洗練された感じではなく、昔ながらの英国靴、といったフォルムです。

グッドイヤーですが、ウエルトは360度ではなく270度くらい。踵周りにはないスタイルで、英国靴らしい造作です。

屹立したストームウエルトが結構な高さ?幅?なのが特徴的です。

 

爪先側のライナーは布。
経年のせいか、日焼けしたようなセピア色の印字が年代を感じさせます。

サイズは41.5。US8.5ほどですが、少し小さめな作りのようで、US8Dの私が中敷き1枚でジャストです。

で、このアッパー。

もちっ、としてます。素晴らしい。

光り方と手で触った感じでは、コードバンのようにも思えたのですが、皺の入り方はそうではない。一体何なのでしょう?とりあえず早速手入れしてみました。

 

コロニル1909シュプリームクリームデラックス、次いでサフィールのコードバンクリーム、で、ブラッシング、です。まずは、左。

うーん、素晴らしいです。ギラっと光ります。やはり、一般的なカーフとは全く異なる質感です。で、ガラスレザーかと思いきや、クリームもしっかり入るし、一体何なのでしょう?

とりあえず両方仕上げてこんな感じ。

フローシャイムケンムールのコードバンと比較してみました。届いた当初は隠れコードバン?と思ってたのですが、どうやら異なるらしい。

艶感は負けてませんし素晴らしいですが、黒の黒さと、皺の入り方が異なります。同じ5穴のプレーントゥですが、英国と米国、それぞれの違いが特徴的です。

旧チャーチのブックバインダーカーフとも似た印象が。比較してみました。

色が違うし皺も入ってないので比較しづらいですが、似たような雰囲気かと。

ネットの記事によると、最近のチーニーのアッパーは、ドイツの「ウィンハイマー」というタンナーのカーフレザーを使用しているらしいです。

結構古そうな旧ロゴなこいつ。1966年のチャーチ傘下以降~1999年のプラダ傘下以前、のペアでしょうから、旧チャーチと同じブックバインダーカーフ、という可能性も考えられそうですが、そんなことあるんでしょうかね。

詳しい方おられましたらご教示頂けますと幸いです。

 

いずれにせよ、今回も転売目的で拾ったペアが素敵かつマイサイズ、で、一生離さないペアとなるという、いつものお決まりなパターンなお話でした。

まあ、かなり嬉しい誤算ではありますが。

 

(参考:ほかのチーニーの記事)

ポールスミスのブローグブーツ」(2019/12/3)
Gold Bond by HARTT」(2020/5/19)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です