East Coast Collectionをパティーヌ(後編)

こんにちは、ばしです。

 

GW最終日。

色を染め替えたものの希望通りに仕上がらなかったリーガルのスリッポン。

ネイビーに染めたつもりが、仕上がってみればほぼ真っ黒です。

タンカラーのこいつが、こんな感じに。

 

 

もともとは、シミを目立たなくするためにアッパー全体を濃い色に塗り替えよう、との趣旨でした。

そういった意味ではそれなりには濃くなりましたが、希望通りには青くならず、代わりに、私の気分がブルーに・・・。

 

(参考:East Coast Collectionをパティーヌ(前編)

 

このままでも履けなくもないのですが、黒のスリッポン、そんなに沢山要りません。かといって、こんな素人ちっくにいじってしまっては、今さら、もう、人様には売れません。

ここは、何が何でも当初の計画通り、自分で履くべく追加作業です。

先週末にようやく敢行しました。

 

前回は紺色のローバスバチックで染めて黒くなったので、あらためて、明るい色目のをハンズで追加購入してきました。

一旦色を抜き直して、再度染め直す、との算段です。

 

 

無水エタノールで脱色

まずは、前回同様に無水エタノールで脱色です。黒くなった色目がどの程度抜けるのか、がしがしやってみましたところ・・・。

だめです。あきまへん。

前回、色を抜いて、サンドペーパーでやすった上でローバスバチックを投入しましたので、がっつり浸透してしまっているようです。色を抜くことはもう叶いません。

ですが、全体的にトーンが薄くなってきたような。

おお!これはいけるかも!さらに追加で「がしがし」、で、あら不思議。

 

 

いい感じになりました。怪我の功名ってやつです。

右も同様に青くなるまで色を抜きます。

 

この角度が一番明るい青です。良い感じ。

次いで、

 

仕上げ

コロニルで仕上げです。

まずは左から。

 

 

あれれ。

まずいです。また黒っぽくなってしまいました。

右は、試しにブートブラックのニュートラルを投入。

 

うーん、やはり黒くなった。かつ、左右で異なる趣です。

こりゃまずいです。

ということで、追加施術です。

 

耐水やすり投入

耐水紙やすりでアッパーを剥がします。

1500番、次いで2000番。こんな感じに。

 

おお!だいぶ明るい青になりました!

斑な感じが、昨日奈良で観て来た国宝の茶碗のようです。

こんなやつ。

よし、これで大丈夫でしょう。

 

仕上げ②

コロニルで仕上げです。

 

 

ありゃりゃ、また濃くなり過ぎました。

見る角度によってはパティーヌっぽい青にも見えるのですが、一見すれば黒に近い。

よし、仕上げクリームはなしで行こう。

 

無水エタノール投入②

再度、無水エタノールです。クリームはなしにしましょう。

ウエスで磨くだけ、今度こそ、終了です。

 

うーん、どうでしょう?

まずまず、満足のいく仕上がりかと。

靴のメンテナンス、その仕上げに無水エタノールを使うという、人類史上初の馬鹿がここに誕生しました。

あらためて、当初→前回→今回、ビフォーアフター。

こいつが、

こうなって、

最終的に、こう。

おお、素敵です。

瑠璃色の地球です。

なかなかに、美しい。

 

これなら素人でも自分でパティーヌ

で、あらためて。

パティーヌ、って技は、私には無理です。

素人向けでありませぬ。

せめてきれいに塗り替えをと思いましたが、それも、最低限の色目のコントロールでさえ思った以上に難しいです。

ただ、濃くなり過ぎた色目のものは、無水エタノールとサンドペーパーで適度に色目が薄くなり、かつ、パティーヌっぽい感じに仕上がる、ということがわかりました。

次回は、

(1)明るい色目のローバスバチックでしっかり染めて

(2)無水エタノールとサンドペーパーで適度にはがし

(3)今度こそ、クリームかワックスで綺麗に仕上げる

こんな感じでやってみようと思います。

今回のために追加で買い求めた明るい青のローバスバチック。

結局出番のないままとなってしまいました。

使わねば。

再トライです。

実験台、探さねば。

 

ともあれ、イーストコーストコレクション。

こんなに手荒い扱いを受けたにも関わらず、アッパーの状態は非常に安定してます。

分厚いアッパー、しなやかで、クリームなしでも磨けば光る。

やはり、この時代、1980年頃のリーガルは素敵ですね。

このクオリティなら、中古でなく新品でも買います、欲しいです。

 

あらためて、履いてみました。

うん、いい感じに仕上がりました。

満足です。

ステキな君、我が家にステイ、ね。

素足で履いてやる。

 

夏よ、はやく、こい。

6件のコメント

  1. ばしさん、初めまして。以前からこちらを拝見させて頂いておりました。
    ※先日、インスタでもフォロー、またフォローバックありがとうございました。

    染め替え、とても良い仕上がりですね。ブルーの雰囲気がイタリア靴を彷彿とさせます。リゾートでショーツなんかに合わせて履いているとっても映えそうです。
    私もケンムーアを染め変えたことがありましたが、想像していた色にするのはなかなか難しいですよね。あれっ??と思うことが何回かありました笑。

    ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。
    ※先日、インスタでもフォローバック頂きありがとうございました。

    1. まるすけさん
      初めまして。いつもありがとうございます。
      まるすけさんも染め変えトライされたんですね。
      いやはや、ほんと、なかなか思うようにいきませんね。
      めげずに、その内またトライしてみようかと思ってます。
      こちらこそ、今後ともよろしくお付き合いください。

      1. ご返信ありがとうございます。
        インスタでも拝見しましたが、白パンにすごくよく映えますね。次回の染め替えの記事も楽しみにしております。

        もし差し支えなければ、こちらのブログを私のブログにリンクを張らせていただけないでしょうか?
        よろしくお願いいたします。

        1. まるすけさん
          ありがとうございます。私もリンク張らせて頂きますね。
          さっき気づいたのですが、私も以前からブログ拝見してました。
          今日のタニノ、素敵ですね。昨年秋にブログで拝見して以来、
          私も程度のいいタニノを探す毎日です笑。

          1. ばしさん、早速のリンク追加ありがとうございました。私も追加させていただきました。ブログご覧になっていただいていた件含め、ありがとうございます。

            タニノクリスチー、メンズはなかなかないですよね。状態の良いジョッパーがあればぜひ欲しいところではあるんですが。

            今後ともよろしくお願いいたします◎

          2. まるすけさん
            ほんと、レディスは見かけますが、メンズはなかなかないですね。
            こつこつ探してみます。
            こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です