GUCCI ビットモカシン

こんにちは。ばしです。

先週日曜日は、家族全員の時間が合ったので、久々に4人そろってご先祖様のお墓参り。大阪は快晴で気温18度、非常に春めいた日和でした。
で、足元は、春らしく、素足にこいつ。

 

GUCCI ビットモカシン

・SIZE:40 1/2 E
・茶色のビットモカシン
・ビブラムソール
・Made in ITALY

新品を買いました。20年ほど前、新婚旅行でいったオーストラリアで購入。家内もビットのパンプスを一緒に買った思い出の品です。

茶色のアッパー。何の革でしょう?スムーズレザーでもグレインレザーでもない。豚とかイノシシとか、そっち系の革のように思われます。

新品で買ったんで、箱もそのまま残してます。箱を捨てた靴が結構あるのですが、やはり、捨てたら駄目ですな。理由は様々でしょうが、革靴でもスニーカーでも、皆さん、箱は邪魔かもしれませんが、捨てずに置いておきましょうね。

色目もソールも、ビジネス仕様ではないので、週末たまに履く程度。大切に履いてきたので傷みもあまりありません。とはいえ、20年経過してこの状態ですので、ま、モノは悪くはないんだと思います。

 

少し古い話ですが、ダスティン・ホフマンが映画「クレイマークレイマー」(1980年公開)で履いてたのもグッチのビットモカシンとのこと。

 

小さいくて見づらいですが、この左下の写真の足元がGUCCIのビットらしい。はは、見えないね。

へー、ビットモカシンって、90年代頃からのモデルと思い込んでたのですが、結構前からあるんですね。初登場は1953年とのこと。それも、メンズで。レディス向けは1960年代後半らしい。なんか、レディスが先かと思ってましたが、違うんですね。

ていうか、クレイマークレイマー、って、若い人は知らないですよね。

 

けれども、「誰々が映画○○で履いていた靴」とか、なんか嬉しいのは私だけでしょうか?その映画そのものに親近感湧きますよね。

最近、家内が、昔の映画のDVDをまとめ買いしました。

「ボーン・アイデンティティ」から始まるボーンシリーズ3部作。彼女の大のお気に入り。マット・デイモンはどこの靴履いてるんでしょう?「グッド・ウィル・ハンティング」も欲しいところです。

「ショーシャンクの空に」も買いました。名作です。映画の時代背景は1950~1970年と米国靴業界の黄金期。アンディのあの夜のあの足元は、年代的にもやはり、フローシャイムあたりなのでしょうか。

「LEON(完全版)」。ジャン・レノは、足のサイズもでかそうですね。やはりフランス製なのでしょうか?パラブーツ?意外とマーチンとか。オスカー獲ったゲイリー・オールドマンの足元も気になりますね。何履いてキメてたのでしょう。

いずれにしても、足元に注目しながら、映画をもう一度観てみる必要がありますね。なんか、「映画の新たな楽しみ方」という扉を開いてしまったかも。

底、深そー。

 

 

 

横道それましたが、私のビットローファー、20年選手ですがこんな感じです。ビブラムのソール、左右で異なるのはロゴだけかと思ってましたが、それ以外も結構違いありますね、あらためて。色目も微妙に違うし。

状態は全く問題なし。最低でもあと10年は履けますな。死んでも手放さない靴、実はナンバー1なのでした。

ごきげんよう!

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です