NIKE DE SEDORI

こんにちは、ばしです。

 

このところ花粉症がひどくて、3月のほぼ1ヵ月間ジムをさぼってしまった私。

幸い、体重の増減はありません。が、せっかく鍛えた胸のあたりの筋肉が落ちてしまい、ひ弱な印象になってしまいました。いや、待て。比重の重い筋肉が減って体重増減なし。ということは、体脂肪増、ということですか?!

おお、まずい。復活させねば。

折しも、春です。4月です。新しいスタートの季節。ジム、再開です。

が、古くなったジム用のスニーカーもそろそろお役御免です。新しいのが欲しい。

てなことで、2足拾ってきました。サンダルとスニーカーです。

 

2000円でお釣りなやつは迷ったら持ち帰る私。どちらも2000円でお釣りなやつでした。

サンダル転がしてスニーカー代を捻出しよう。

題して、「NIKE DE SEDORI」(ナイキで背取り)です。

・・・くだらん前置き長くなりすみません。まずはサンダルから。

こいつ。

 

 

ナイキ プラクティス サンダル

 

メンズコーナーにありましたのですっかりメンズの商品と思ってましたが、どうやらレディス向けのものだそうです。

今回のはUS8、26cmの表記。US9なんてのもあるようですが、メンズ商品ではないのでしょうか?ただまあ、普通に履けますし、でかいサイズなら男が履いても問題ないでしょう。

 

状態は悪くない。おそらく、数度履き程度かと思われるアウトソールの状況です。で、なかなかにおしゃれです。シャワーサンダル替わりになりそうですし、普通に履いてもオシャレ。で、歩き心地もよさそうです。

素足でジャスト。ですが、今すぐにはいらない。

調べてみますと、結構人気な商品のようです。日本国内ではすでに新品は入手できないようで、中古品でもそこそこの値段で流通している様子。

よし、こいつは売っぱらおう。ランチ代プラスアルファ程度は儲かりそうです。でもって、こいつの購入代金に充てよう。もう、先に買っちゃってるけど笑。

ランチ代プラスアルファ程度で拾ってきたもう1足。

こいつ。

 

 

ナイキ フリーオービット2

 

多少汚れもありますが、サイズはUS8.5。ジャストなサイズ感です。

三角形の突起に覆われた、なんだか、恐竜のような特徴的なフォルム。

カッコいい。一目惚れしてしまいました。

サイドジッパのスリッポン、着脱も容易そうです。ジムでは、思った以上に靴を脱いだり履いたりします。便利そうです。

こんなん履いてジムに行ったらモテるかも・・・。まあ、市の運営する体育館隣接のジムです。中高年ばかりで、若い女性はほとんどいないんですけどね笑。

ともあれ、早速手入れです。こんな手順で。

 

ぬるま湯に1時間ドボン

 

ボディソープでゴシゴシ(アッパーは手洗いで)

 

メラミンスポンジでソールをガシガシ

 

脱水機でグルグル

 

ビフォーアフター。

 

 

おお、見違えました。右甲の汚れも綺麗に除去。白いソールは激落ちくん(メラミンスポンジ)でこするとラバーの表面が薄く削れて綺麗になります。

調べてみましたところ、こいつ、レアなやつみたいです。

 

2014年4月リリース。

日本国内での扱いは極一部の限られた店舗でのみ。

海外販売がメインで価格は£165。

2011年に発売された”ルナ オービット(LUNAR ORBIT)”の後継機。

2012年に発売された”エア イージー 2(AIR YEEZY II)”のデザイナーとしても知られる”ネイサン・バンホック(NATHAN VANHOOK)”によるペア。

 

・・・だそうです。

いやー、すごいです!

すごすぎて、お恥ずかしいですが、おっさんにはチンプンカンプンです笑。

 

大学生のときから本格靴の革靴に興味が向き始めた私。

ですが、スニーカーにも興味はなくはなく、初代のエアマックス(青)はリリースと同時に意気込んで買ったりもしました。

30年の時を経て、ナイキさんも変わりましたね。はは、当たり前か。

ですが、今も昔も変わらぬカッコ良さ。

思えば、この15年ほど、スニーカーといえばニューバランスばかりでした。久々のナイキです。というか、人生で3足目のナイキです。

1足目は件(くだん)のエアアックス。履きつぶしてしまいました。加水分解でソールが割れてしまい、とっくの昔におさらばしました。

2足目はハラチ。主に30代の頃に履いてましたが、これも履きつぶして手元にはありません。

で、3足目が、中古でも結構人気らしいこいつ。

「サンダルと一緒に売っぱらえばええやん」、というのが家内の意見ですが、人生3度目のナイキ。売らずに履こうと思います。

というのも、この日はこの2足以外に転売用にもう1足拾ってきてます。

茶色いやつは、過去にも一度転がしたことのあるイタリアン、ブルーノ君です。さすがにこいつは2000円でお釣り、ではありませんでした。

マイサイズではないですが、アンノウンブランド扱いでお買い得な程度の良いペアです。前回のローファーもそうでしたが、茶色の色目がすごくきれいなMADE in ITALYです。

 

 

セドリが趣味ではありません。

3足とも転がすわけにはいかない。それは私らしくない。

所詮ギア。履いてなんぼです。転がってばかりはいけません。

 

履くぞーっ!

ぉぉぉ。

うーん、声、小さい、かも。。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です