アンダー70キロへの道【DIET記録その②】

こんにちは、ばしです。

 

今年5月から本格的にダイエットを始めました。

2ヶ月ごとの記録を兼ねまして、この場で取り組み内容と体重の変化を報告することにしました。今回はその第2弾です。

ダイエットの取り組み内容は、

①ジョギング
②サウナとテニス
③禁酒
④燃焼材等の投与(MCT-OIL、KIRINカラダFREE)

です。前回記事【DIET記録その①】からちょうど2ヶ月経ちました。前回は、

8週間で3kg減(77kg→74kg)

との結果でした。あれから2ヶ月。どのような変化があったのかなかったのか。今回はその後、7&8月の状況をご報告です。こんな感じでした。

 

 

【8週間の取り組みと成果】

要約いたしますと、

◎7月初旬には73kgまで減少
◎それに気を許してジョギングをサボタージュ
◎代わりに週2でサウナ
◎禁酒とKIRINカラダFREEは継続

上記により、その後約6週間、73kgを維持いたしました。で、その後、

◎コロナに罹患
◎10日間で3kg減となり70kgまで減量
◎復帰後徐々に体重増加

といった状況で、この記事を書いております昨日9/10(土)夜時点では73.0kgにまで回復いたしました。まあ、昨日は昼に焼肉、夜にトンカツをがっつり食べた上で73キロですから、厳密には100%までは戻してないんですけどね。まあ、五十歩百歩ですが。

 

前回からの流れで見てみますと、こんな感じ。

(5&6月再掲)

(7&8月再掲)

せっかくいい感じで走っていたのですが、やはり夏の熱さはつらいです。あと、私、かなり飽き性なんで。まあ、サウナは飽きないんですけどね。コロナはもう飽きました。

 

 

【総括】

なんだかなー、てな感じです。

生活習慣という点からは、「禁酒をしてれば体重73kg」というのが今の私の代謝レベル?のようです。そこから先は、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、しかないのでしょうね。今回はコロナにより摂取カロリーが減り、かつ、10日間部屋に籠っていたせいで筋肉も落ち、70kgまで減った、ということなんだと思われます。

さて、痩せた痩せたと申しておりますが、ほんとかどうか。
一応エビデンス掲載しておきます。

 

【BEFORE】8月19日(金)朝

スマホのスクショです。毎週金曜日朝、仕事に向かう前に測定&撮影しております。この日の朝は普段通りでしたが、午後から発熱いたしました。

 

【AFTER】8月28日(日)昼

 

発熱から10日後。しんどくて退屈な10日間でした。唯一良かったことが「久々に70kgまで落ちた」、ということくらいでした。ちなみに、厳密には、8/26(金)時点で69.8kg(すっぽんぽんで)を記録しておりましたが、写真を撮ってません。そりゃね、そんな気持ちの余裕なかったし汗。

 

ともあれ、そんなこんなでコロナDIET。10日で【3kg】減 です。
内訳を確認しておきましょう。

【BEFORE】
体重73kg × 体脂肪率20.6% = 体脂肪約15kg 
【AFTER】     

体重70kg × 体脂肪率18.5% = 体脂肪約13kg 

となります。つまり、

体重▲3kg=体脂肪▲2kg+その他▲1kg

となります。この【その他▲1kg】ですが、これはどうやら主に筋肉が落ちた分のようです。寝室に十日も籠り、ベッドでゴロゴロ過ごしました結果、ふくらはぎや太ももが、うっすらとではありますが自分でもわかる程度に細くなりました。

で、コロナ明け10日ほどで体重はほぼ元通りですが、このところほとんど運動してません。昨日は久々の週末早朝テニスでしたが、やはり身体が重かったです。夏場は暑いしコロナもあるしとのことで車通勤でしたが、9月になりすっかり涼しくなりました。またそろそろ電車に戻そうか。当分はコロナにも感染しないでしょう笑。

また、そもそも、ダイエットとはいっても体重を減らすことが主目的ではありません。「スリムで若々しい体形を維持する」ことが目的です。この点からもやはり運動の再開が不可欠ですね。ジョギングの再開、あるいは久々のジムでの筋トレの再開を検討中です。

次回はまた2ヶ月後に【DIET記録その③】です。
どんな変化があるのかないのか。

またご報告いたします。

 

☆★☆★☆

 

さて、そんなこんなで、長く退屈なコロナでの隔離生活だったのですが、体調が回復してからは本当に退屈でした。暇つぶしに「ミステリというなかれ」を最新刊まで読み直し、「スラムダンク」を全巻読み直し、読みかけだった小説を2冊読み、そして、靴を磨きました。

①TAPIR レダーオイル
②TAPIR レダーフレーゲ
③M.MOUBRAY トラディショナルワックス

いつもと異なる上記スリーステップで、時間をそれほどかけずにサクッとケアしてみました。合計7足。

古靴ブログなんで、最後に靴の写真で締めくくりです。

 

【8/24Wed】

左から、

GINZA WASHINGTON by Country Classic
POULSEN SKONE by Crockett & Jones

STUART HOLMES CUSTOM CRAFTED
LASZLO BUDAPEST

 

【8/26Fri】

左から、

APOLLO(旧ディンケラッカー)

USNY サービスシューズ 1960s

 

【8/28Sun】

左から、

Sir Herbert Barker Shoe By Norvic

おんぼろFLORSHEIM

 

【8/29Mon】

Paraboot

 

 

嗚呼、この世の中にビン靴があってよかったな。

 

(おしまい)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。