Dynamite Joe のブラインドブローグ

こんにちは、ばしです。

 

家内か娘にと、ちょこちょこレディス靴を拾ってくる私。

なのですが、履いてもらえないことが多い。で、転がそうとしてもなかなか上手くいかないことが多い。やはり、男性目線で「これはいい」と思っても、色やデザインが豊富なレディス靴は好みも分散するんですかね。

買うのも売るのも難しい、そんなレディス靴なのですが、やはり良いモノはいい。で、メンズサイズだと何とも思わないものが、サイズが小さくなることで雰囲気も随分と変わる。具体的には、「素敵さが増す」ように感じます。本格的なダービーシューズはその典型ではないかな。

今回はそんなやつ。

 

 

Dynamite  Joe

北河内を巡る」旅でゲットしたブラインドブローグ。や、安い。

ソールには「Dynamite Joe」の文字。

分厚いレザーソールの本格派です。確かに、レディス靴にしてはダイナマイトな造りかもしれない(←イミフメイ)。

 

1,2年前に、このペアの黒の未使用品を見かけたことがありました。その際に調べたことがあったので、このロゴ、このブランド名を覚えておりました。ファクトリーが日本か海外かは覚えていないのですが、日本の会社がこだわって企画・リリースしたペアと記憶しております。新品時の値段は3~4万円くらいだったような。

今回あらためてググってみましたが、当時見た記事などに全くヒットしません。ブランドが閉鎖となり、ホームページ等もクローズになったのでしょうか。そりゃあね、レディス靴で3万円以上の価格なら相当に多くの選択肢がありそうです。あえて本格的なダービーシューズを選ぶ人はごく僅かではないか。モノがいいからといって、悲しいかな、ビジネスで成功するとは限りません。レディスの靴の世界は特に厳しそうですね。

 

そんな、今はなき(といっていい?)ダイナマイト・ジョー。

レディスでブラインドブローグって、珍しいのではないかな。1600円でも十分安いと思うのですが売れ残り、、さらに半値となり、ワゴンセール品になってました。

理由はこれかな?

爪先、特に右がかなり削れてます。レディスシューズでここまで削れた爪先って、滅多に見ないです。修理したいところですが、娘も家内も履かないなんてなった日にゃ、何してるのかわけわからないです。とりあえずこのままで、気に入ってもらえることを願いつつ、儀式です。

いつも通り、まずは左足から。

 

 

 

ステインリムーバー

細かな傷はありますがダメージはなし。

で、レディス靴あるある、ワックスの類は皆無です。

 

LEXOL

いつもの要領で。

 

デリケートクリームもどき

アッパーもソールも分厚いですが、見た目よりも柔らかです。

 

リッチモイスチャー

50%OFFの赤札がつくまで、セカストの空調下さらされてたのでしょう。水分も油分も足りてないでしょうね。手入れされてない靴を手入れするのは楽しいモノです。

 

TAPIR レダーオイル

コバ周り。色を入れるのはやめとこう。ナチュラルなままで少し濃くしよう。ソールも含め全体的に塗り込みました。

 

コロニル1909(ミディアムブラウン)

アッパー、補色です。

右も同様の手順で。

コバ含め全体的に色濃くなりました。お蔭で右足の爪先のソールの削れも目立たなくなりました。トゥの補色はイマイチかな。まあ、必要に応じて入れ込みましょう。靴紐を新品に交換して、メンテ完了です。

 

【BEFORE】

【AFTER】

平紐か丸紐か。も大事ですが、アッパーの色に近いのが私好みです。

 

【BEFORE】

【AFTER】

コバ周りの色目も私好みです。
あ、私が履くわけではないのですが汗。

ライナーはオールレザー。で、中に縫い目が見えません。レディス靴の場合、マッケイかマッケイグッドなことが多いようにおもうのですが、こいつはグッドイヤーのようです。珍しい。

サイズ表記は「4」。
4? US or UK? 
まずいな。もし「US4」なら、小さいかも。
比べてみましょう。

両サイドが娘のマーチン。どちらも「UK4」です。
うーん、微妙です・・・。

左は神戸メイドの「R.U.(アールユー)」。結局娘は2度ほど履いて「やっぱり要らん」とのこと。ですが、女心と秋の空、です。折角BONTAさんでハーフラバーしたし、「やっぱり履くわ」となるかもしれない。もうしばらく置いておきましょう。で、そんなR.U.。サイズは「37」です。

娘の足には中敷き入れないとでかかった。とするならば、まあまあいい線いっているのかもしれない。

もう1足、比較です。

家内の「OFFICINE CREATIVEオフィチーネクリエイティブ」。こうして見ると、我が家にはやはり茶靴が多いな・・・。

うん? あれれ? どーなんだろう。もう、何がなんだか訳ワカメです。

靴ばかり比べていてもしょうがない。実際に足を入れてもらって確認してもらわねば。

サイズ合えあばサイコーにカッコいいと思うんですよね。

レディスでロングウイング、って、なかなかお目にかかりません。尚且つ、ダブルソールです。滅多にお目にかかりません。ていうか、これまでに見たこと一度もなかったかも。

ボリューミーなのにしゅっとしてます。実際よりボリューム感を感じるのは爪先にメダリオンがないからなのかな。もしくは実際に細い? グッドイヤーのコバの張り出しも結構やばいです。

 

うん、いいですね。
近くで見ても遠目でも、とても素敵です。

 

ところで、調べてみてわかったのですが、「ダイナマイト・ジョー」って呼称は、円谷プロが手掛けた旧い特撮番組「ウルトラQ」第26話に登場するボクサーの名前らしいです。私が生まれる数年前の番組なわけですが、なんでそんな旧いものを引っぱり出してきてブランド名に冠したのでしょうね。

靴の作りもグッドイヤーのロングウイング、かつメダリオンなしのブラインドブローグ。で、ウルトラQ・・・。女性向けなのに、メンズを企画したような雰囲気です。だから売れなかったのかもね。

ですが、その意気や良しです。私は好きです、そういうの。私はね。あとは家内と娘が、そういったことも含めて受け入れてくれるか否か、ですね。ハードル、高そ~。と、思っておりましたところ、結果・・・、

今回もNG。またも高い壁が立ちはだかったのでした。23センチの家内曰く、22センチくらいのサイズ感、とのこと。小さかったみたい。え?まじで?そんな小さくは見えないのにね。ちぇっ、しょうがない、こいつは転がしましょう。

嗚呼、やはり手強いぞレディス靴。僕には勝ち目はなさそうです。いい加減潮時なのかもしれない。頼まれてもいないのに勝手に拾ってくるの、そろそろやめにしよう。

涙。

 

(おしまい)

 

2件のコメント

  1. こんにちは
    レディース靴に似つかわしくない名前だなと
    思いましたが、まさかウルトラQが出自とは!?なんちゅうセンスやねん(笑)

    靴の話と全く関係なくて恐縮ですが、昔のボクサーやプロレスラーのリングネームって、ガッツ石松やファイティング原田のようにカタカナ+名前が多かったイメージがあります。
    で、現代は流石にそんなにいないだろうなと思って検索してみたら、結構いました(笑)しかもネーミングがオモロイ。

    やっぱり名前を覚えてもらうって大事なことなんでしょうね。

    1. 三十郎さま
      こんにちは。
      ですよね。ほんと、なんちゅうセンスなのでしょう。
      確かに、覚えてもらいやすいのでしょうが、
      レディス靴には余り強そうなのは、ね。
      「ジョ」ーって、なんやねん、となる。
      言われなくても立つし(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。