レザーセラムとレダーオイル

こんにちは、ばしです。

 

先月は新しいメンテグッズ買いました。
新旧織り交ぜていろいろと試しつつ、手持の靴を一通りメンテの予定です。
先週から今週にかけて、こいつら。

 

【左】Chippewa Postman 1980s
【右】Allen Edmonds 1949(?)

被験者、もとい、被験靴はぼろいやつ2足。
雨の日がハレの日のチペワ。晴雨問わず履き過ぎておんぼろ。アレンは青タグとかなり古い。小さくて履けず出品中ですが、一旦取り下げてメンテです。

 

メンテの手順と使用するグッズは、大体いつもこんな感じです。

 

【汚れ落とし】ステインリムーバー、LEXOL、RenoMat
【水分等補給】デリケートクリーム、100均クリーム、リッチモイスチャー
【油分補給】TAPIRレダーオイル
【仕上げ】コロニル1909、ほか、サフィールクレム、時折ワックス

 

各ステップともに複数の選択肢がある中、一択であった「油分補給」のステップに追加されたのが「クリストフポーニー」。「レザーオイル」と「レザーセラム」の2アイテムを購入しました。

よりダメージの程度の大きい皮革向けの「セラム」。8月末の英国靴4足に続き、米国靴2足に投入してみました。

 

青タグアレン

まずはこいつから。以前ガッツリとメンテしました。確か前回はレダーオイルガッツリ入れました。ですが、皺やクラックはどうしようもありません。

 

左足。こんなです。

結構ひどいです。使用には問題ない程度なのですが、まあ、イケてません。前回のメンテ以降1年ちょっと経過してます。小さくて一度も履けないんですが、少しばかり乾燥したようにも思えます。

セラム投入。左右とも全体に塗り込んだあと、ひどい部分には直接スポイトで投入してみました。

その後、指で押し込むように塗り込む。

油ギッシュです。

完了! このまま1週間放置しましょう。

 

 

次いで、チペワ。

黒地に黄色。1970s-80sのペアです。我が家に来て4年半。これまでさんざん履いて、2年前には丸洗いしたりと、さんざんメンテの実験台になってもらいました。今回もご協力をお願いした次第です。

ステインリムーバー~デリケートクリーム入れました。雨の日に、晴れの日にと、かなり履いてますので、甲の皺ほか、使用感満載です。

左足の外側。右足の内側。クラックもちらほら。

そんな左足に、レザーセラム。

スポイトでぽとり、で、塗り広げる。

右にはTAPIR入れてみよう。

ところで、「LEDER」=「LEATHER」ということで、いつも「レダーオイル」と書いてますが、ドイツ語の発音としては正しくは「レーダー」みたいですね。もう、面倒なんでレダーのままで行きます。そんなレダーオイル、普段は布に取るのですが、今回はこんな感じで、

セラムのようなスポイトはありませんので、直接指にとって、塗り込んでみました。

左右ともに油IN。

右足にレダーオイル。左足にレザーセラム。
どちらも同じ効能効果のグッズです。仕上がり、どうなんでしょうね。
こいつも1週間放置です。







1週間後。

仕上げましょう。

アレンから。

見ためそんな変わりませんかね。とりあえず仕上げましょう。

左足。コロニル・ニュートラル投入。

右にも。追加メンテはこれだけ。

 

【BEFORE】

【AFTER】

クラックは当然なくなりませんが、見た目の程度はあきらかに改善されているように思えます。

アップで。ひどいにはひどいですが、手触りも「ひっかかり」がなくなって、状態としてはかなり落ち着いたような印象です。

 

【BEFORE】

 

【AFTER】

全体的にぷっくらとして、皺やクラックの見た目が柔らか・優しくなった印象です。手触りも見た目と同様です。一定の効果あり、ですね。

さて、チペワはどうか。

1週間後状態がこれです。

まずは左にサフィールクレム投入。

マットな黒。油の後に油性クリーム、だから、光らないのもしょうがない。
締めはいつも通りで。

コロニル(ニュートラル)追加。まあ、普通にいい感じ。

右も同様に追加施術です。

 

【BEFORE】

【AFTER】

右と左、レダーオイルとレザーセラム、どちらが特にどう、というのはないかな。

【BEFORE】

【AFTER】

どっちもどっちかな。

【BEFORE】

【AFTER】

左右ともにクラックが目立ちづらくなりました。

左足のクラック。

右足のクラック。

アレンと同様、左右ともに手触りはずいぶんソフトになってます。

靴紐、ビンテージ感あるやつに交換しました。

あらためて、ビフォーアフター。

 

【BEFORE】

【AFTER】

 

【感想】

レザーセラムとレダーオイル。

どちらが特に優秀、といった差異はあまり感じられませんでした。レダーオイルは投入後1日置くべきなのでしょうが、せっかちな私はすぐに次の手順(主にコロニル投入)に進めてましたので、こんなに時間を空けたのは初めてでした。

で、感想としては、どちらも優秀。クラック部分の見た目の変化は写真の通りそれなりですが、効能効果としては、触ったときの手触りの改善の程度がなかなかに素晴らしい。見た目以上に優れているように思えます。

使用のタイミングとしては、先日の英国靴の時と同様、クラック予防の目的で塗布しておくのがもっとも有効な使い方、との感想です。

てなことで、今回もあまり役に立たないレポートと相成りました。
懲りずにほかペアにも順次投入していきます。
懲りずにまたレポートします。

 

お楽しみに~。

 

(おしまい)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリストフ ポーニー レザーセラム(栄養・油分補給オイル)
価格:3300円(税込、送料別) (2021/9/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タピール レーダーオイル(皮革の汚れ落とし・保革オイル)
価格:2640円(税込、送料別) (2021/9/6時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です