レザーセラムで英国靴をメンテ

こんにちは、ばしです。

 

前回記事のCOPEGをメンテした翌日。盆休み最終日であった8月16日(月)のことです。注文していた新しいメンテグッズが届きました。

こいつ。

 

CHRISTOPHE POURNY/LETHER SERUM

先日買った「レザークリーム」に続く第二弾、「レザーセラム」。透明のボトルにスポイト。おしゃれな雰囲気のラベル。もともとこちらを買うつもりが売り切れ。で、再入荷と同時にゲットしました。

アンティーク家具のレストア職人自ら作り出したレザーケアグッズ、それがクリストフポーニー。「セラム(皮膚の細胞再生をうながす美容液)」という名のこのグッズ、見た目にも効き目凄そうです。

思いますに、使用される環境という点では、靴と同じくらい過酷なのはソファーくらいしかないのかもしれません。たぶん、どっちもどっち笑。で、ソファーで効果あるなら、きっと靴でも効果あるかも。

まあ、逆に言えば、靴のメンテグッズのいいやつはソファに使っても効果が見込める、ということなのかも。

さておき、レザーセラム。
こいつらに試してみることにしました。

英国靴4足。左上から時計回りに、こんなやつらです。

 

Foster&Son

 

EG製PEAL&CO

 

Kshoes

 

Church’s(三都市)

見てお分かりの通り、PEAL以外はアッパーに軽くクラックのあるやつばかりです。クラックは元には戻りようがないでしょうが、これ以上酷くなってほしくないし、どれも茶靴ですから色目の変化の有無なんかも分かりやすそうです。で、どれもそんな履いてないし、クリームだけでワックスも入れてません。実験台には持って来いです。

 

てなことで、4足個別に、変化と仕上がりの状況をレポートします。
以下、とりとめなく写真豊富に時系列となります。

 

まずは記念撮影。
この4足に順次塗布していきます。
クリス塗布ポーニー。

なんちゃって。

気になる部分のみに使用する場合はスポイトで直接。全体に塗布する場合は布にとって、とのことのようです。

最近素直な私。布に取ってみました。

順次、いきなり投入していきます。スタートです。
左上から時計回りに。まずはフォスター。

買った時からこの状態です。多分2度くらいしか履いてない笑。

色目がぐっと濃くなりました。ぐっどな予感。

ピールに投入。

フォスターとは異なる変化が見えます。あ、めずらしく右から投入中です。

おーっ。・・・って、まだよくわかりません。
フォスター、ピールの2足、左右ともに投入した時点で布はこんなです。

多少汚れも落ちている? TAPIRレダーオイルと同じような効能効果なのかもしれません。あとは程度の比較、ということでしょうか。

Kshoes。
ビフォー。

アフター。

ひび割れが目立たなくなりました。

旧チャーチ。左右とも投入。

オイリーですね。まあ、当たり前です。
主成分はアボカド油、ラベンダー油、クルミ油だそう。

4足すべてに投入しました。

おお、前半(上段)の2足、ギラギラな艶感がなくなり、マットな雰囲気に変化してます。TAPIRレダーオイルと同じ展開ですかね。このあと、下段の2足も同じようにマット調に変化しました。このまま一晩乾かします。

翌日。

落ち着いてます。

個別に見ておきましょう。

まあ、普通な感じですね。

順次仕上げていきます。今回はこんな感じでやってみました。4足とも、コロニルシュプリームクリームデラックスのみです。

フォスター:ダークブラウン&ニュートラル
ピール:ミディアムブラウン&ニュートラル
Kシューズ:ニュートラルのみ
旧チャーチ:ダークブラウンのみ

全部同じ条件でも良かったのですが、補色もしておきたくて、上記の通りとしました。

ビフォアフター。

【BEFORE】

【AFTER】

ビフォーも、特段手入れ不行き届き、というわけでもなかったのですが、それなりに効果があるみたいです。個別に見ていきましょう。

フォスター。

【BEFORE】

【AFTER】

補色効果&艶感UPが顕著です。

 

ピール。

【BEFORE】

【AFTER】

大人な雰囲気になりました。で、見た目のまんま、もっちりです。

 

Kシューズ。

【BEFORE】

【AFTER】

クラックが当初ほどには目立たなくなりました。

旧チャーチ。

【BEFORE】

【AFTER】

げっ、こいつの変化が一番凄いです。
まあ、補色はしましたが、いつもなら濃茶のあとにニュートラル入れてようやく今くらいの艶感です。補色を差し引いても、従来プラスアルファの効果は間違いなさそうです。

見た目はそんな感じで、個別に差はあるものの、かなり効果・変化が見受けられます。見た目には、ね。

 

使用感はどうなのか。
早速履いてみて検証です。

メンテ翌日の月曜日、と、その二日後の昨日木曜日、旧チャーチを中二日で二度履いてみました。変化の有無など、写真で見ていきましょう。

 

【月曜の朝】

【木曜の朝】

内側からにじみ出るようなオイリーな艶感がすごいです。思わず、「ゴキブリ」とのニックネームを付けてしまいました。木曜は出掛けにブラッシングだけ施しました。甲のあたり、月曜よりも少し色が薄くなったような。ギラギラ感も少し落ち着いて、馴染んできたようにも思えます。甲の波打ち加減も木曜の方が穏やかになったように思えるのですが、どうでしょうかね。

丸1日履いて帰宅。玄関にて。

 

【月曜夜】

【木曜夜】

とりあえずシューツリー入れてみました。ブラッシングなどは一切してません。写真を入れ替えても気づかないくらい、状態は似てるかな。

 

【月曜夜アップ】

【木曜夜アップ】

似たような感じ。ですが、甲の皺はむしろ木曜日の方が程度がましなようにも思えます。別の角度からも見てみましょう。

 

【月曜夕方アップ】

【木曜夕方アップ】

職場にて足を入れた状態で撮影。履き心地はそんなに変わりませんが、以前よりしなやかになったような気がします。まあ、気がするだけかも笑。ただ、クラックを手で触った感触は、あきらかにささくれ感が減ってとてもしなやかになっています。

で、見た目には木曜の方が、皺の程度も軽くなったような。ちなみに、月曜も木曜も同じくらい外を出歩きましたので、使用面での環境はほぼ同じです。クラックの程度は両日ともに変化ありませんが、その上下の皺は木曜日の方が軽微になっているように思えます。

 

再度、朝の別角度から。

【月曜朝】

【木曜朝】

おお!ズボンの色まで変化してます!あ、別のズボンを履きました。
おお!地面の緑と灰が反転してます!あ、撮影時の向きが逆でした。
で、あらためて、木曜日の方が優しい雰囲気に変化しているように思うのですが、いかがでしょう?まあ、日当たりが逆なんですけど。まあ、想像してみてくださいね。もしくは、自分で試すっ。

 

 

 

 

総括

と、いうには、1足履いただけですし、メンテ後そんな日も経ってませんので、そうそうにえらそうなことは言えません。ですが、ここまでの感想としては、まあ、かなり良さそうな気はします。

このグッズ、ウエブショップのおススメコメントによりますと、

「ひび割れや乾燥の進んだ革に油分を与えて風合いを整えるためのスペシャルケア用品」

と紹介されてはいるのですが、クラックなどの酷い傷みは当然元には戻りません。そりゃ無理です。タイム風呂敷が必要です。ですが、ダメージのそれ以上の進行と程度の軽減は可能かも。

で、何よりも、そうなる前に、皺が酷くなってクラックがとなる前に、年に1度でも全体に塗布しておけば予防効果がすごい、かも。予防との点からかなり有用なのではないか。家具での使用時の想定とは異なりますが、「ひび割れや感想が進」む前にこそ、との印象を持ちました。

あとはコストパフォーマンスがどうか。3300円のボトル一本で何足メンテできるのか。比較対象はやはりTAPIRレダーオイル、ですかね。

今回の4足使用後の減り具合、こんなです。

いや、減り具合云々、というよりも、スポイトから時折垂れるしずくが・・・。そのせいで、折角のラベルが泣き顔状態です。スポイト、なくていいからその分容量増やしてもらった方がありがたいかな。。。

 

ともあれ、レザーセラム。
期待できそうです。今後、手持ちの靴に順次試していく予定です。効能効果&コストパフォーマンス、継続的にレポートします。決して、家具屋の回し者ではありませんのでご安心を。

 

できることなら回し者になりたいですが。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリストフ ポーニー レザーセラム(栄養・油分補給オイル)
価格:3300円(税込、送料別) (2021/8/29時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です