Talor Made by E.E.Taylor

こんにちは、ばしです。

 

この週末は、外出自粛要請を受け、街中は閑散としているようですね。
まあ、東京は季節はずれの大雪で、そもそも外出どころではない様子。
自宅で靴の手入れをされてる方も多いようで、インスタなどでも綺麗に磨かれた靴を沢山拝見してます。

ご多分に漏れず、私も昨日から、買ったまま放置していた靴をまとめてメンテ中です。

茶靴ばっかり5足。
あれれ、黒、最近買ってませんね。買わねば。
あ、違うか笑。
で、今回は昨日手入れした、左手前のやつです。

こいつ。

 

Talor Made by E.E.Taylor

テーラーメイドの靴です。
テーラーメイドといえばゴルフ、ゴルフといえばサドルシューズ。
ですが、今のテーラーメイドのビンテージ、ではないらしい。

 

E.E.Taylor

アメリカのビン靴愛好家DAVIDさんのvcleat.comさんの記事「VINTAGE MADE IN USA BRANDS」によりますと、

E.E. Taylor Corp – Freeport Maine. Closed in 1975.

短く、この一文だけ。なかなかに情報少ないですが、メイン州フリーポートのシューメイカーで1975年にはなくなった模様。で、テーラーメイドはどんなかと見てみますと、

Taylor Made – EE Taylor Corp brand. Unrelated to the current Taylor Made golf company (not 100%).

テーラーメイドは、もともとはEEテーラーのブランドであったが、今のゴルフメーカーである「テーラーメイド」と「EEテイラー」は無関係、とのこと。

うーん、ようわからん、ということで、困ったときのSUPER8SHOESさん。ホームページで検索してみたら、流石、2足ほど扱いがありました。

曰く(引用元記事こちら)、

モカシンなどの生産でお馴染みのアメリカ、メイン州でレザークラフトカンパニーとして創業した【E.E.Taylor Corp】その後は、【Taylor Made Shoe】として、靴を生産しており、57年には、【COLE HAAN】に買収されておりますので、その頃の【COLE HAAN】は、このメーカー生産かもしれません。メーカー自体はいつまで存続していたか詳細は不明ですが、おおよそ80年代ころまでは存続していたようです。

なんと、コールハーンの傘下になっていたんですね。「75年」と「80年代ころ」と、時期は多少異なりますが、どうなんでしょう。傘下に入ったのが57年ではなく75年で、80年代まで続いた?

多少情報錯綜してますが、まあ、似たようなもんでしょう。
製造年代の特定はできませんが、ざっくり、1970-80s頃のペアのようです。

ほとんど消えてますが、楕円形の線がロゴの痕跡です。

2列の印字、こちらはまだ何とか判読できます。

「80 A/C」とありますので、サイズは8.0のCウイズ。やや細身です。
「80」の横は「7913022」、その横は「7703-1」。

どれかが製造年代を表すのでしょうか?

だとすれば79年?いや、77年3月、のほうが可能性ありそうですが、よく分かりません。まあ、いずれにせよ1970-80s頃のペアであることは間違いなさそうです。

 

よし、早速手入れです。

いつもどおり、まずは左から。

 

ステインリムーバー

思いのほか水分を吸い込みます。

 

LEXOL

パーフォレーション部分、穴の中の黒ずみは、綿棒など使ったもののとれませんで、あきらめました。

 

デリケートクリームもどき

パーフォレーション部分の色目が変わってしまいました。まあ、乾けば元に戻ります。DAISOのヒト用クリーム、5個ほどまとめ買いしたもんで、なかなかになくなりません。あとまだ3個あります。なくなったら次はリッチデリケートクリームに戻してみよう。あんまり変わらない様な気もしますが。。。

 

TAPIR レダーオイル

トゥ部分のシボ感が強く浮き出てきました。

 

 

コロニル1909

仕上げです。色目、ずいぶん変わりました。メルカリで購入したこのペア、セラーさんの足には小さくて、観賞用として愛でておられたそうなので、それなりに乾いていたのかもしれません。まあ、おかげでコンディションはベリーグッドです。

右も同様にメンテして終了。

ビフォーアフター。

 

【BEFORE】

【AFTER】

だいぶ色目濃くなりました。当初の薄めのタンカラーも気に入ってたんですけどね。まあ、時間が経てば乾いてもう少し薄くなるかも。

ソールもピカピカに磨いてみました。

踵。S8Sさんのペアを見る限り、オリジナルはすべて釘か、もしくはvcleat仕様だったようです。

角張っておらず、カーブを描くダブルソール。ヘタリも皆無です。いい買い物しました。

パーフォーレーション部分が濃くなってましたが、1日置いて、だいぶおさまりました。

あらためて全景。

うん、かっこいいです。このトゥのスタイルに一目ぼれしてしまいました。

サドルシューズはコンビのものが多いですが、手持ちのサドルシューズはなぜかすべて単色ばかりです。

左はシャークソール、右はコードバン、どちらもFOOT-JOYです。

ありゃ、黒がない。

次は黒のサドルか。

あんまり見たことないですが、探してみよう。

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です