マイファーストALDEN

こんにちは、ばしです。

 

ブログを始めて1年半。

「米国ビンテージ靴を中心に・・・」、などど宣(のたま)ってますが、

ずっと、片手落ちだと感じてました。

ええ、はい。

ずっと、足らないことに気づいてました。

 

ですが、

それも、昨日まで。

折しも、明日から時代は令和へ。

ようやく本日、真打の登場です。

 

平成のフィナーレを飾るに相応しい、こいつ。

 

 

ALDEN 53546

 

・SIZE:8  B/D
・オースティンベンズカーフ
・ドレスラバーソール
・モディファイラスト
・MADE in USA

 

米国靴がメインなのにオールデンを持っていなかった私。

ようやく手に入れました。

憧れのモディファイラスト。

マイファーストオールデンです。

 

品番53547が黒。で、こいつは53546で茶色。

ビンテージではない、比較的新しい6穴のプレーントゥ。

オールデンもフローシャイムや手書きのジョンマーのように年代判定が可能らしいです。恥ずかしながら知りませんでした。

 

サイズ表記に引き続く「1D08」。

 

「1」が西暦の1桁目、「D」が月を示す(A=1月、B=2月・・・)。比較的新しいモデルのようですので、恐らくこいつは2011年4月製かと思われます。

少々薄くなったインソックのロゴ。わずかにAldenと読めます。が、仮に完全に擦り切れていたとしても、誰もが見紛うことのないモディファイラスト。

オールデン。

言わずと知れた米国靴の王様です。

いわずもがなのブランドですが、一応、こんなメーカーです。

 

 

ALDEN

1884年、マサチューセッツ州でチャールズ・H・オールデン氏が創業。

足の治療や運動機能の補助を目的とした「オーソペディクシューズ」からスタートした米国を代表するシューメーカー。

第二次大戦後、マンソン博士が開発した「マンソンラスト」を改良した「モディファイラスト」が独特の履き心地で人気を博す。

他社が大量生産や海外生産に移行する中でも、ハイクオリティな靴を少量生産し続けてきたオールデン。

今では、昔通りの製法で米国内で製造しているメーカーはオールデンとアレンエドモンズだけになってしまったようです。企業規模ではアレンがはるかに勝るものの、日本ではアレンを上回る圧倒的な知名度のオールデン。

振り返ってみますと、私がその存在を知ったのは、昭和が終わり平成へと時代が切り替わったまさにその年でした。

 

 

私とオールデン

学生だった1988年か89年頃、雑誌「POPEYE」で見かけたVチップがオールデンとの初めての出会いでした。

ですが、その記事ではオールデンではなく「エミスフェールのヤコブソンモデル」の靴として紹介されていたと記憶してます。ワンサイズかツーサイズ上を紐をキュッと絞って履くとかわいい云々、と紹介されてました。

「ALDEN」というメーカー名を知ったのは、雑誌「BRUTUS」の1989年11月号。

今も大事に、手元にあります。

 

まさに平成元年です。私にとって平成のスタートは、本格靴の世界への興味の扉が開かれた年でもありました。

しかし、当時のメインは英国靴。オールデンは「英国以外の靴のカテゴリー」で、114ページ目とおまけの扱いです。で、紹介されていたのはコードバンのタッセルローファー。

 

なんと5万3000円。今の半値以下です。

ですが、お気に入りは当時も今もアルゴンキン。

授業を終えた帰り道。毎日のように途中下車しては立ち寄ったアメリカ村のBEAMSで、実物を穴が開くほど眺めてました。が、当時大学生の私には到底手の届くものではありません。

 

そして、眺めるまま時は流れ、社会人に。

1992年。新人時代に面倒を見てくれた先輩の足元にオールデン。

スーツはブルックスブラザーズ、ネクタイはマイケルJドレイク、そして足元はチャーチかオールデン、というこの先輩・川口さんのおかげで、眺めるものから履くものへと認識が変わったオールデン。ですが、20代前半の若者に7万弱の靴はさすがに手が出ませんでした。

 

その後、思えば、唯一の機会が結婚の年、1997年。

結納返しの品に何をお願いするか。

 

当初は時計、との話でした。が、どうせならこの機会にオールデン(コードバンVチップ)との選択肢もあったのですが、散々悩んだ挙句、傷むことなく長持ちする時計をチョイス。

レビュートーメン・ランドマーク。

パリダカールラリーの優勝チームのドライバーの腕にあったというこいつ。

蘊蓄に弱い私。今も時を刻んでます。

 

その後、あれよあれよと価格が高騰したオールデン。

とてもじゃないけど新品には手が出ない。出したら、確実に嫁にどやされます。

中古でも相も変わらず手が出しづらい。5万出すなら3万のビン靴のほうがいい。

 

嗚呼、オールデンよ。

君とは縁のないままに令和の時代を迎えるのか、と、あきらめていた矢先、つにこのペアに巡り合いました。

毎度のごとく、近所のリユースショップ。4月に入ってから突然オールデンコーナーに現れたこいつ。で、なぜかこいつだけお手軽な値札がついてます。

これはきっと、30年越しの運命的な出会い。

迷わず、即決です。

持ち帰って早速手入れです。

 

 

マイファーストオールデンをメンテナンス

いつも通り、まずは左から。

ステインリムーバーで汚れ落とし。

デリケートクリームで保湿。

コロニルで仕上げ。

右も同様に仕上げてメンテ完了。ビフォーアフター。

 

 

1万円代半ばのこいつ。なぜ安いのかと思ってましたが、どうやらこのせいのようです。

ひび割れ。です。そんな古い靴でもないのに、なぜ?でメンテしたらこんな感じになりました。

多少はましになりました。どうやら、茶色のワックスが厚めに塗り込まれていたせいで、ひび割れ感が強かったようです。

ダメージは見た目ほどひどくはなく、ひび割れのように見える部分は単に色が抜けてるだけです。

元来柔らかな革です。茶系のクリームを塗り込んでやれば目立つこともないのでしょうが、厚化粧を落としたばかりですので、当面はすっぴんのままでいきましょう。

あらためて、全景。

とりあえず靴紐はそのままです。交換せねば。

初オールデンはこれ、と、決めていたモディファイラスト。

履き心地は聞いていた通り、絞り込まれたウエストは適度にタイトで、爪先はゆとりがあって足指の締め付けが皆無です。

 

マイ・ファースト・オールデン。

ただのプレーントゥ。

なのに、独特の雰囲気で一目瞭然のモディファイラスト。

マイサイズの8インチ。けっこうゆとりがあります。

7ハーフでも履けそう。

ですが、こいつは追加の中敷きはなしでいきましょう。

 

何はともあれ、

ウエルカム、オールデン。

 

平成の終りに、

一生離さないやつがまた1足増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です