古着でジャケパン

こんにちは、ばしです。

 

今回の主役はジャケットです。

このところ靴とネクタイの記事ばかりです。記事書いといてなんですが、飽きません? やはり、たまには目先を変えないとあきません。そんな飽き性の私ですが、リユースショップのパトロールを初めて十年弱。おお、結構飽きずに続いてます。

当初の目当てはビン靴でしたが、その後ネクタイ、さらに対象となるアイテムは広がり、最近はカジュアル&仕事着全般にまで浸食している次第です。下手すりゃ手持ちの服の8割近くがユーズドという・・・。

特にここ数年は仕事用のジャケットも結構買ってます。恥を忍んで明かしますと、上着もネクタイも靴も、下手すりゃズボンも含め上から下まで、インナー以外は全部ユーズド、そんな出で立ちで仕事に出掛けることも少なくない私です。

 

悩むところではあります。

カジュアルは別に構わない。若い頃から古着は大好きです。ただ、いい歳した大人が「仕事でユーズド」というのは、そんなことでいいのだろうかと思わなくもない。仕事着をユーズドで買うなんて昔は想像したことすらありませんでした。

ですが、小遣いの使い道の大半を趣味である古靴に向けるようになって以降は、「値の張る新品の服」はあまりありがたくはない。ええ、こう見えて節約家な私です。で、そうしますと、選択肢は「安物の新品」か「上質なユーズド」か、となる。

 

どちらを選ぶか。

ここ数年の私の結論は「上質なユーズド」です。ユーズドとはいっても、「新品でない」というだけで、ぼろかったりダメージがあったりするわけではない。そうと言わない限りユーズドとは分かりません。新品の「上質でないもの」や「安物とすぐわかるようなもの」よりは断然良いのではないか。

それに何より、リユースショップのユーズドの服はブランド・年代が一様でなくて見てるだけでも楽しいです。最近のもの、昔のもの、知ってるブランド、見知らぬブランド。知識や見識も広がる。さらに素敵な出会いもあって、この辺の楽しみは靴もネクタイもジャケットも同じです。

 

難点をいえば、

ユーズドは基本的に「一点もの」ばかりなこと。「気に入ったモノのサイズ違い」はない。また、靴は中敷きでサイズ調整できますが服はそうはいかない。ジャストサイズなやつとの偶然の出会いを気長に待つしかない。

「そんな待てない」「すぐに必要だ」

そんなときは新品となるわけですが、特に急いでいないのであれば、時間をかけても良いのであれば、こまめにパトロールしていればそれなりの品に出会えます。実際、どんな出会いがあるのか。いい歳して恥ずかしくもあるのですが、「リユースショップでもこんなジャケットが売ってるんだ」、私を実例とした、今回はそんなお話です。

では早速。

 

 

まずは、冬物の3着。

秋口から冬場の4カ月ほどの期間、少し厚手のウールのこいつらをメインにローテーションしてます。GW中にようやくクリーニングに出しました。どれもなかなかに素敵です。

まずは真ん中のグレー。

店での状態は酷かった。税別五百円。

「洗濯カゴに突っ込まれてたのをついさっき引っぱり出してきました」、みたいな皺くちゃのままで店に並んでました。酷い有様だったわけですが、ようよう見ればダメージもないしなにやら上質そう。その上なんとジャストサイズ。拾って来てクリーニングした上で活躍してもらってます。

SHIPSさんのエクスクルーシブラインのものらしい。

柔らかな少し厚手のウール。

ポケットはフラップなしパッチポケット。
ジャストサイズで着心地も抜群。ジャケパンメインの私にはちょうどよい。グレーのフラノっぽいジャケットは1枚あるとありがたい。

ネクタイも靴もシャツも何でもありです。
守備範囲の広い優等生です。

 

グレーの次は黒いってみましょう。

ブラックスーツは仕事には不向きでしょうが、ジャケパンなら問題なし。

これはアーバンリサーチさん。
四千円くらいだったような。

シングルなんだけどピークトラペル。この組み合わせが結構好きです。最近出番ありませんが、KASHIYAMAでイージーオーダーしたスーツもこのスタイルにしました(過去記事「真空パックスーツ」参照)。

これはパッチポケットではありませんがフラップはなし。何を基準に仕様を決めるのでしょうね。こいつはかなり厚手の生地なので、フラップない方が収まりはいいのかも。

厚手の素材感のせいでフォーマル過ぎない。堅苦しさを軽減してくれます。ただ、グレーのパンツに黒靴ばっかだな。

 

で、グレー、黒とくれば、次はネイビー。

ネイビーと言えば紺ブレ。

イタル・スタイルさんからリリースされていた日本製です。これはメルカリで購入しました。送料込み6500円と私にしてはやや高め。

メタルボタンはシルバー。
ゴールドよりシルバーの方が好みです。

こいつ、サイズが合いませんでした、思ったよりデカかったんで、乾燥機で縮めた上で、短めの袖を自分で出しました(過去記事「紺ブレを縮めてみた」。やはりジャケットは試着せずに買うのは難しいですね。これ以外はジャケットは試着してから買ってます。

タイも靴もコートも、なんでもありです。
紺ブレはやはり使い勝手良いとの印象です。と言いながら、ネクタイはなぜか青系が多いな。パンツもグレーが中心。まあこのへんは好みの問題でしょうかね。

 

冬場の仕事の上着はこの3着で8割がたこなしました。

で、休日もジャケットを着ることの多い私。あれやこれやと買ってます。冬物はやはり、厚手のものが見た目にも機能面でもグッドです。

例えばこんなやつ。

コートいらずなのが嬉しい。

Scye(サイ)。三千円ちょっと。

 

で、休日もネイビーは外せない。

これも見た目以上に温いです。

MARCEL LASSANCE(マルセルラサンス)。四千円。

 

最後はやはりツイードな1枚。

こいつは袖が長い。詰めるつもりが手つかず。
結局今シーズンも出番なしでした。

LUCA VERDICCHIO(ルカベルディッキオ)。
かなり上質です。流石に安くはなかった。
といっても七千円ほど。

記念撮影です。

この3着は出番が僅かでしたので、クリーニングは来シーズンが終わってからにしよう。

 

さて、

冬物ジャケットはそんな風にオンもオフもそれなりに揃いました。春から夏までの間の仕事着はどうかといいますと、いやあ、もう、ねえ、ここまでくればやはりユーズドですな。やるなら徹底的にいかねばです。

春モノは薄手、もしくは明るめの色目が良い。

 

1着目。

ベージュのこいつ。それほど薄手ではないので、インナーを暖かくしてコートを羽織れば真冬でもなんとかOK。夏以外はいつでもOK。

これまたシップスさんです。シップスさんのジャケットはサイズ感・フィット感が私にちょうどよい。新品買うときはまずはSHIPSに足を運ぼうと決めてます。新品買うときは、ね。で、お値段いくらくらいなのでしょう。ユーズドのこいつは三千円ちょっと。

ラペルのステッチはやはりマストです。
そうでないのは基本的にスルーするー。

ポケットにはD管留め。薄い色目のモノは細かな部分も目につきやすいので、フェイクであれ何であれ、見た目だけでもきちんとしてくれてると嬉しい。

秋冬春と大活躍。
ただ、靴は茶色ばかり笑。
黒もなくはなかったのですが、
茶の靴が多いとついついそうなる。

 

2着目。

ベージュの次はネイビー。
ネイビーと言えば紺ブレですね。

こいつはアーバンリサーチさん。
五千円ちょっと。

かなり薄手です。

パッチポケット。

こいつもボタンは金ではなく銀。

薄手の春夏もの紺ブレはカジュアルに着たい。
チノパンや明るめのパンツに合わせたくなります。
休日にも着れるので活躍の場は多いですね。

 

最後の1枚。

上質なネイビージャケット。
色は先ほどの紺ブレより明るめです。

高島屋さんのオーダーの品らしい。

やや広めのラペル。

フラップなしのチェンジポケット。オーダーらしいこだわりですね。こいつ、つい先日近所のセカストで拾ってきました。春はもうすぐ終わるけれど、今シーズンの出番は僅かだけれど、お値段なんと税込み990円。で、オーダーなやつなのに、なぜだか私がオーダーしたかのようにジャストサイズなのでした。こういうやつは捨て置かない性分です。

紺ブレとさほど変わらないのでしょうが、ネイビーの色目がこちらの方が明るい、ということで、よりかっちりめが良いかなと。黒靴とチャコールのパンツに合わせれば鉄板のジャケパンスタイルですね。

この春はそんな3着で。

と思っていたのですが、

そういや、去年の秋にこんなのも拾って来てたな。

ストライプ、ピークトラペルに、

シルバーのメタルボタン。

一目で気に入り持ち帰ってきたのですが、存在そのものをすっかり忘れてまして、出番はまだ一度もありません。私好みの色柄の「紺ブレ」と呼んでいいのかどうか。けどまあこんなのも一着あればとゲットしたのですが、どんなふうに、何に合わせて着たらよいものか。

パンツは?ネクタイは?靴は何色がよいか?ですが、もうすぐネクタイのシーズンも終わる。出番は来シーズンでしょう。秋まで考える時間はたっぷりあります。シャツにネクタイにパンツなど、こいつ用に不足なモノはまた調達すればよい。

で、そんな風にしてクローゼットがどんどん狭くなっていく今日この頃です。まあ、厳密に申し述べますと、クローゼット自体は狭くはならないんですけどね。いや、ひょっとしたら、我が家のは実際に徐々に縮んでいるのかもしれない。

 

そうに違いない。

 

(おしまい)

ファッション(古着)ランキング

4件のコメント

  1. こんにちは!
    私も、殆んど、リユース品に頼っています。
    ユニクロ・無印とかもかなり値段が高いので、下手したら3Pパックの未使用の靴下とかもリユースショップで買っています。
    物価高なので、定価で買って穴が空いたとか汚れたとかのショックが少ないから、良いですね〜!
    そして、靴の話なのですが、今日のパトロールで『Alan McAfee アランマカフィー』と言うのを検挙してみました。
    Made in ENGLANDのウイングチップで、1〜2回履いたのかなって状態です。メルカリだと72000円で出品している物と同じです。
    チャーチ製でしょうかね?
    内側は手書きの文字、サイズはソールの土踏まずに E 70 みたいな感じです。
    雑多な靴コーナーで1300円(税別)でした。

    1. としさん
      こんにちは。物価高でどこもかしこも高くなりましたよね。
      それにしても、1300円でアランマカフィーを検挙(笑)とは!
      かなりミントなコンディションのようでうらやましいです。
      私も5月は未使用なペアをセカストで2足ほど検挙しました。
      まだそんなのが家庭の物置に残っているんだ。
      と同時に、なぜ今このタイミングで、なのか。
      何か理由があるのでしょうか。
      いずれにせよ、お互い、パトロール強化した方がよさそうですね笑。

  2. 2回目のコメントです。
    ビジカジが流行りになってからは、私もユーズド品メインで調達しています。ジャケットも探せばいのがありますよね。
    最近はBrooks Brothersの『ナイロン/ポリウレタン リップストップ 2Wayストレッチ ウォッシャブルジャケット』なるジャケットを¥2,900でgetしました。
    多生汚れていましたが洗えば問題視なしでした。
    少しまえには靴ですが、ベッタニン&ベントゥーリのスエードローファーを¥1,700でgetしました。製法もgoodyear flexというもので反りがかなりいいので非常に履きやすいです。

    1. HIRO様
      ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。HIROさんもその後もパトロール強化中のご様子でよかったです。
      ビジカジ向けのジャケットなど結構数もありますし、意外と皆さんユーズドも活用されてるのかもしれないですね。
      ベッタンニ~、って、調べてみたら結構いいお値段するブランドなんですね。メジャーじゃないブランドって、
      旧いものも最近のモノもアンノウン扱いでお安いことがあるので、出会えたらラッキーですね。
      安いし楽しいし、この流れは世の中的にもう止まらないかも。それはそれで嬉しいですよね笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です