靴川柳・自分で選ぶ・ベストテン(完結編)

こんにちは、ばしです。

 

今回でいよいよ完結です。

2019年5月からインスタグラムで詠み始めた「靴川柳」。丸2年、一日も欠かさず読み続けその数1000句。まあ、数え間違いなどもあり正確には1000句に足りてないのですが、一応の1000句目をGW前に読み終えました。

instagram.com/freek2freek/

今回はそんな1000句の中からの自選・ベストテンの発表です。これまで100句ごとに区切って上位10句を選出してきました。合計1000句なので上位の計100句を選出済みです。

記事一覧「靴川柳・自分で選ぶ・ベストテン(その1~10)」

今回はその中からさらに10句を選出。との予定だったのですが、あらためて振りかえってみましたところ、我ながら珠玉の出来栄えのものが少なくなく、絞り切れません。なもんで、最終回は当初計画より若干の内容変更です。

 

計100句を、まずはその内容をもとに、

「ビン靴カテゴリー」(靴&メンテ関連)
「食べ物カテゴリー」(食べ物関連)
「その他カテゴリー」(それ以外の内容)

上記3カテゴリーに分類し、各カテゴリーごとにベストテンを選出。その上で、計30句の中から、最終的な【ベストオブベスト】1句を選出することにしました。

今回は、100句ごとに選出した際の順位は考慮に入れてません。実際、当時と今とで判断が異なり、順位が入れ替わっているようなものもあります。GW中、時間はたっぷりありましたので、今回あらためて、じっくりと俯瞰的に見た上で、自分なりに順位付けした次第です。

 

 

さあ、ベストオブベストの栄冠はどの句に輝くのでしょう?

ぜひ、皆さんなりに予想しながらお付き合い頂けましたら幸いです。尚、【第〇位】の後ろにある数字は、例えば、「(2-1位)」というのは、「(その2)の第1位」との意味です。登場する靴の情報は、これまで通りブランド名称部分に詳細記事へのリンクを張っております。

なお、句の内容等についての補足説明は今回は割愛させて頂きました。お手数ですが必要に応じてインスタのスクショを拡大したり、これまでの「ベストテン」の各記事の補足文を参照頂けましたら幸いです。まあ、補足なんてなくても分かるという話もあったりなかったり・・・。

 

さて、
前置きはこのくらい。
皆さん準備はOKですか?

今回も第1位から順に発表です。
まずはカテゴリーごとのベストテン。
ビン靴カテゴリーから行ってみましょう!

 

 

◆◇◆ビン靴カテゴリー◆◇◆

 

【第1位】(2-1位)

 古い靴  賭けてサイコロ  振る幾つ 

WEYENBURG
USA

【第2位】(1-2位)

ネイビーに  御化粧直し  紺バージョン 

 

REGAL EAST COAST COLLECTION
JAPAN

【第3位】(3-4位)

君の肌 素敵で剥いだ アリガトール 

 

ALLIGATOR MCHALE
CANADA

【第4位】(10-1位)

ニワニワニウラニワニワニフェイクニュース 

 

FLORSHEIM FAUX ALLIGATOR
USA

【第5位】(1-6位)

古靴や  駅のホームに  便定時 

 

STUART HOLMES CUSTOM CRAFTED
USA

【第6位】(1-1位)

決めたのさパーは出すまいビットモカ 

 

GUCCI BIT LOFERS
ITALY

【第7位】(1-3位)

一位二位  狙うメダルは  金か銀 

CHEANEY PTB
UK

【第8位】(1-4位)

コバメンテ やれと言われて 拒めんて 

 

HARTT WINGTIP
CANADA

【第9位】(9-2位)

人呼んで  スペクテーたあ  俺のこと 

 

ALLEN EDMONDS BROADSTREET
USA

【第10位】(4-3位)

白タグの  君は我が家に  ステイしい 

 

STACY ADAMS MADISON
USA

 

古い靴フリークの靴川柳、ですから、当初は「靴に関する句」ばかりを詠むつもりだったのですが、これがなかなかに難しい。そうは問屋が卸しません。結局、靴以外の句も多くなりました。以下、ほかの2カテゴリーのベストテンです。

 

 

◆◇◆食べ物カテゴリー◆◇◆

 

【第1位】(4-1位)

蟹食えば  金が無くなり  もうねーし 

COVE SHOES PTB
USA

【第2位】(10-3位)

好きだよと  素直に言えず  こんなもん 

FOOT-SO-PORT
USA

【第3位】(2-3位)

痩せるには  まず野菜から  ベジ食べる 

ALLEN EDMONDS DICKSON
USA

【第4位】(2-2位)

上げた手に  塩ひとつまみ  揚げたてに 

CHIPPEWA POSTMAN
USA

【第5位】(10-4位)

めん食いの 僕が貴女を 抱きしめん 

DR.MARTENS
UK

【第6位】(3-10位)

大盛りで  ハイありがとう 具材増す 

SPECTUSSHOECO
JAPAN

【第7位】(1-5位)

昼ごはん チーズバーガー マックにいる 

ALLEN EDMONDS MACNEIL
USA

【第8位】(4-7位)

完璧な  はずがナンあり  昼ご飯 

HENDERSON BARACCO
ITALY

【第9位】(7-2位)

ピザ食べる  坊主チョイスは  マルガリダ 

JOHNSTON & MURPHY
USA

【第10位】(7-4位)

東欧の  カレー王国  ルーマニア 

FLORSHEIM U-WING
USA

 

食べ物ネタはかなり多かったです。困ったときの食べ物ネタです。マクドナルド、ケンタッキー、カレー堂・・・。その日アップする句に合わせて昼飯を決めたりすることもしばしばでした笑。続きまして、その他カテゴリーのベストテン。

 

 

◆◇◆その他カテゴリー◆◇◆

 

【第1位】(10-2位)

切り札の ジョーカー抜きで ごじゆうに 

FLORSHEIM ADD PLAYING CARD
USA

【第2位】(5-1位)

土俵際 神事る者は 掬われる 

NETTLETON PUNCHED CAPTOE
USA

【第3位】(9-1位)

冷えますね  まあときどきね  寒たいむ 

STACY ADAMS MADISON
USA

【第4位】(7-1位)

お侍  カラオケ唄う  暇つぶし 

STUART HOLMES CUSTOM CRAFTED
USA

【第5位】(7-7位)

君となら  行ってみたいな  君と奈良 

PALADIN SUEDE LOAFERS
MEXICO

【第6位】(3-5位)

大都会  季節はめぐり  うつろ江戸 

ALLEN EDMONDS DICKSON
USA

【第7位】(3-1位)

あと僅か 今日も一枚 メクリマス 

ALLEN EDMONDS DICKSON
USA

【第8位】(10-5位)

水木と ジムでガッツリ 金に苦痛 

NETTLETON PUNCHED CAPTOE
USA

【第9位】(6-1位)

体脂肪 呪文で落とす アブラカタ 

ALDEN 930
USA

【第10位】(6-4位)

その恋に  よく効くサプリ  カレシウム 

REGAL EAST COAST COLLECTION
JAPAN

 

ベストテンには顔を出しませんでしたが、「(力士の)琴奨菊ネタ」「曜日ネタ」などには随分助けられました。あと、子供の頃からの「ダジャレ」「親父ギャグ」にも助けられました。ていうか、ほとんどそんなのばかりになってしまったのですが・・・。

 

 

以上、最終回にふさわしい上位30句でした。

100句ごとの上位10句、計100句からピックアップしたわけですが、惜しくもベストテン入りを逃した「選外の10句」にも、なかなかいいやつがあったんですよね。選外の100句の中からの敗者復活も考えたのですが、きりがないんでそちらは割愛です。

で、我ながら、よく頑張ったなと思います。自分で自分を褒めてあげたい。そんな珠玉の30句、しゅぎょく良かった。下らぬダジャレが大半となりましたが、それでも、それなりに仕上がっている句も少なくないのではと、自画自賛です笑。

 

さて、

泣いても笑ってもこれで最後です。2年で詠んだ千句の中から、そして今回の30句の中から厳選した一番の自信作、一番のお気に入りの発表です。

 

こいつっ。

 

【ベストオブベスト】

N
U
M
B
E
R

 切り札の ジョーカー抜きで ごじゆうに
(祝)

フローシャイムのトランプ。アメリカから取り寄せましたところ、なななんと、JOKERが入っておりません。「五十二枚でごじゆうに」。JOKER抜きのを買ったわけではありません。この日のために神様がそっと1枚抜いた上で私の手元に届けてくれたのでした。嗚呼、神様、ありがとうございました!

 

 

 

さてさて、皆さんの予想はあたりましたでしょうか?
ナンバーワンは、やはり、というか、最後を飾るに相応しい「米国ビンテージ靴の雄」、フローシャイムでした。靴でなくトランプだけど・・・。

 

てなことで、「靴川柳」企画、これにて終了です。

馬鹿馬鹿しい企画に長々とお付き合いを頂き誠にありがとうございました。また機会があればやってみたいと思ってますが、とりあえずしばらくは休憩頂きます。

インスタでも毎日詠むのは休憩中です。気が向けばたまに詠んだりしてますが、「毎日」はけっこうきつかったりするので、再開できるのかどうかわかりません。おんなじことやるのも新鮮味にも欠けますしね。

ですが、趣向を変た企画にいつかまた取り組んでみたいなあ。年齢を重ねるほどに、おっさんには何か新しいチャレンジが必要なのです。何にするかはじっくり考えてみます。この手の企画でまた逢う日があるかどうか、なんとも分かりませんが、そんな日が来ることを願いつつ、また逢う日まで、ごきげんよう。

 

お疲れ様でした~。

(完)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です