リビングでロングウイング

こんにちは、ばしです。

 

土曜日は雨。
日曜日も雨。

土曜日は寒さはそれほどでもなく。
日曜日は寒さがすこし戻ってきた。

そんな大阪の先週末。
近所のスーパーで膝掛けを買いました。
寒いんで、外での靴メンテの際に使う、のではありません。
寒いんで、たまにはリビングで作業しよう。
何か大きい敷物が必要です。
てなことで、割と大きめの膝掛けをゲットしました。

同じやつの紺色を1枚持ってます。
コロナの所為で職場は換気中。足元がスースーするので昨年調達しました。今回は色違いを購入。写真も撮りますので、靴が映えるようオフホワイトにしてみました。

かっこいい「ラグ」を考えていたのですが、割と高い。さらに、不要不急の外出は控えて、とのことであんまりウロチョロもできず。で、いつものスーパーでちょうどセールになっていたのを見つけ、1000円でお釣りなら文句はないと、こいつに決めました。

なんの話やねん。

さておき、
リビングでロングウイング。
履くのではない。
メンテです。

広い毛布の海に、ぽつんと真ん中のやつ。

 

アンノウン・ロングウイング

インソックにハウス型のユニオンスタンプ。ナンバーを確認したくて、メルカリでゲットしたやつ(過去記事)。残念ながら、ちょうど番号の部分が擦り切れていて上手く読めません。

まあ、こいつが何者かはおいおい時間をかけて調べてみます。

折角なんで早く履き下したい。
メンテです。いつも通り、まずは左から。

 

ステインリムーバー

トゥがピカピカしてましたので、ワックスがべったり、と想像していたのですが。

思っていたほどではありませんでした。で、無風だし、寒くもないし、屋内での作業はいい感じです。

 

LEXOL

アッパーとコバ周りと。いつも通りハブラシでブラッシングです。

シボの隙間の汚れもそれほどではありませんでした。踵周りはリペアだらけではありますが、きちんとメンテして履かれていたと思われます。

 

リッチデリケートクリーム

100均の「もどき」ではないほうで。

塗り込んで、乾拭きをしっかりと。

これだけでトゥが結構光ります。

 

 

TAPIR LEDER OIL

油分補給&保革。

少しマットな雰囲気になりました。まあ、いつもどおり。熱くなってきたんで、この時点でTシャツ1枚で作業してます笑。

 

コロニル1909シュプリームクリームデラックス

仕上げ。

甲からタンにかけて、シボ感が若干ですが強まったように感じます。

 

ソールにソールトニック

レザーソールなんで。まあ、いつも通り。
なのですが、敷物敷いてるとはいえ、室内作業だと若干気を使いますね。

 

てなことで、左、完了です。
同様の手順で右も。

メンテ完了です。

ビフォーアフターだとこんな感じ。

【BEFORE】

【AFTER】

トゥの光り方が左右で若干異なります。右は左よりも、ステインリムーバーでしっかり何度も拭きました。

ワックスはそれほどでもないとの印象でしたが、やはり、落ち切ってはいなかったのかも。しかし、レノマットを投入するほどでもないし、その必要もなさそうです。
左右の差異はしょうがない、しばらくはこのままでいきましょう。

部屋の明かりに近づけてみました。

おお、陰影が濃くなって、シボもはっきり写ってますね。ただ、綺麗に写り過ぎ、かも。壁際でムーミンとチェブラーシカもそう申しております。

で、これ、昼間の2時過ぎなんですけどね。時間帯が全く分からないですね。
屋内での作業は、昼も夜も選ばないのはメリットですが、やはり自然光の下の方がしっくりきますね。

 

ただ、、、。

照明の下だと陰影がより色濃く出る分だけ、ハウスマークも読みやすいかも。
あらためて撮影してみました。3桁目が「0」、2桁目が「2」か「3」のように思えます。が、ここから先はなんともかんとも。

羽根の下あたり、ライナーの形状などを手掛かりに、こいつが何者なのか、こつこつと探ってみましょう。

見た目にはグッドな古いロングウイングです。

踵で巻き上がる1960sスタイル。ヒールトップはキャッツポウ。
あとは、履いてみてどうか、ですね。

履いてみました。

うん、写真はやっぱり屋外がいいですね。

猫もそう申しております。
いや、そんなことはどうでもよい。
問題はサイズ感です。

長さはジャスト、OKです。ただ、フットプリントの感触は私の足より少し小さい。7.5くらいの方が履いていたような印象です。

で、やはり、Cウイズですね。履き心地は問題ないのですが、外羽根が閉じません。内羽根も外羽根も、間が空いたのは嫌いです。とはいえ、紐もギリギリな長さです。これ以上締めあげようがないし、歩いているうちにどんどん緩んできます。

そうそう、すぐこんなです。見ての通りのサイズ感。前はちょうど、甲はきつめ、踵回りはやや大きい。アメリカンな足の形ですね、はは。サイズ感、なかなかに微妙です。改善できるかどうかわかりませんが・・・。

長めの平紐に交換しました!

こんなこともあろうかと、今朝出がけにジャケットのポケットに靴紐忍ばせてきたのでした。75センチと85センチの2種を持ってきたのですが、デフォルトのは70センチ弱くらいのよう。75センチに交換してみました。

ぎゅっとタイト目に締め上げても踵回りに余裕が残ったままです。私、踵は特に小さめなんですよね。ですが、履いて歩いて、違和感を感じるほどではありません。許容範囲かな。

 

ていうか、仕事中に出先で何しとんねん、と思われるかもしれませんが、違います。前のアポイントが思いのほか早く終わったせいで、30分ほど時間の余裕ができたのでした。折しも場所は北堀江。ということで、靴紐交換した上で徒5分、シューシャインギルドさんへ。

高いところから失礼します。3度目の訪問です。高いところの椅子に座って磨いてもらうスタイルのお店です。過去2回は大岡氏に磨いていただきました。今回彼は不在で、苫小牧出身の若者に磨いてもらいました(名前聞き忘れた)。

うん、いい感じです。「始めて2か月の見習いです」、などと仰ってましたが、なかなかいい仕上がりです。手さばきにぎこちなさが残りつつも、作業は非常に丁寧でよかった。で、私が磨くより綺麗に光っていて少し悔しい。

モウブレイのリッチデリケートクリームのあとに投入された、「ブートブラックのリッチモイスチャーなんちゃら」、てのが気になりました。とろっとした感じがなんだか良さそうで興味津々です。今度買ってみよう。

てなことで、一通り仕事をこなし、忙しい1日が終わりました。

夕方、職場にて。

そうそう、この青いのが最初に買った膝掛です。
今週は割とあったかかったので、座布団替わりに使ってます。
あ、どうでもいいですね。

などと言ってる場合ではないんです。
月末だからという訳ではないのですが、今週は、特にこの日は朝から夕方まで息つけぬほど忙しい(靴磨いてもらったけど)。
その上、履いてきた靴のサイズは微妙にいけてない。

ああ、なんということでしょう。
ああ、この靴どうしましょう。
ああ、めちゃ疲れました。

 

あと1営業日残ってはいますが、今月も頑張りました。
ああ神様、ご褒美に、この週末は晴天を所望です。

やはり靴メンテは寒くとも屋外がいい。
たっぷりのホットコーヒーがあればへっちゃらです。
加えて、あったかいオフホワイトの膝掛けもゲットしたしね。

 

ま、そんな感じ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です